2018/10/09 13:00
こんにちは。

文学部日本文学科卒、
数学とは無縁の生活を送ってきたあやをです。


さて今回は、そんな私が取得した
ファイナンシャル・プランナー
の資格について、少しご紹介したいと思います。


なぜ私がFPの資格を取ろうと思ったかについては、
前回記事で書きましたので宜しければご覧ください→

今回は、

「で、FPってどんな勉強をするの?」

という点をご紹介したいと思います。


まず、ファイナンシャル・プランナー(FP)とは。

「家計にかかわる金融、税制、不動産、住宅ローン、保険教育資金年金制度など幅広い知識を備え、相談者の夢や目標がかなうように一緒に考え、サポートする専門家」です。(日本FP協会HPから一部抜粋)



そして私が取得したのが、そのFPの国家検定である
「ファイナンシャル・プランニング技能検定」
(3級合格、2級合格発表待ち…ドキドキ)


IMG_8622.jpg


FP技能検定の試験範囲は大きく分けて以下6つ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1ライフプランニングと資金計画
ライフプランニングの手法、社会保険、年金など

2リスク管理
保険制度全般(生命保険、損害保険、第三分野の保険)など

3金融資産運用
預貯金、投資信託、債券、株式、
外貨建商品、ポートフォリオ運用など

4タックスプランニング
税制、所得税の仕組み、所得控除、税額控除など

5不動産
不動産の見方、取引、税金、賃貸など

6相続・事業承継
相続財産の評価、税金、対策など

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ご覧の通り、どれも実際の生活に関わるものばかり。


「ライフプランってこうやって立てるのか〜」
「税金ってこういう仕組みだったんだ!」
「節税対策ってこうやってやるんだ〜!」
「資産運用してみたいかも!」


などなど、自分の家計に置き換えて勉強ができたので、
結構楽しんで取り組むことができました。


そして私は、FPのの資格取得をきっかけに、
以下のことに取り組み始めました。


・我が家の資金状況の確認
・今後のライフプラン設計
・保険の見直し
・ローンの見直し
・資産運用(つみたてNISA,DC)


私は、現時点ではFPという職業に就きたいとまでは
考えていません。

でも、日々生活する上で役立つ知識を得ることができ、
また今後の生活にも十分生かしていけると感じたので、
勉強して良かったなと思っています。


ただ、社会保障や税制などは年々変化していくので、
今後も新しい知識を身につけ続けるという意味では、
次のステップ(AFP資格など)に挑戦してみても
いいかも…?

などと考え中です。

ここまで語っておいて、もし
2級落ちてたら笑ってください。

*******************

最後までお読みいただきありがとうございます。
良かったらサンキュ!ボタンを押していただけると嬉しいです。

インスタグラム→@04mmkichi01
トップページ→インスタグラムボタンからも見れます。

自己紹介記事はコチラ




あやをさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)