2018/11/06 21:54
こんにちは。
あやをです。


「奥さんの機嫌が悪いときに家にいるのが辛いです」
そんな悩みの解決方法を、とある本で読みました。



プロフィールにも書いているのですが、
私の趣味は、「読書」です。


「通勤電車の中」
「昼休み」
「夕飯を作り終えてから、
かばをが帰ってくるまでの数時間」

が、「わたし時間」


「わたし時間」はもっぱら読書に当てていて、
だいたい月に6〜7冊、
年間80冊程度の本を読みます。


これまで、幾度となく
心を動かされる文章に出会いました。


小説、エッセイがメインですが、
たまにビジネス書を読んだり、
納や料理などの暮らし本を読んだり。


少し前に読んだのはこちら。


87FA0D0D-25FC-4504-81C8-31113606AEC2.jpeg

「村上さんのところ」村上春樹

世界中の読者から届いた3万7465通のメールに対し、
村上春樹が回答した中から、笑って泣いて考えさせられる
「名問答」をまとめた書籍。


「奥さんの機嫌が悪いときに家にいるのが辛いです」
という相談に対しての答えはこうです。


「それは世界中の夫の92%が同時進行的にひしひしと
経験していることです (中略) そうですね、
これはただの気象現象なのだと思われてはいかがでしょう
これは竜巻なんだ、これは突風なんだ、
これはフェーン現象なんだ。
そう思うと気持ちが(比較的)ラクになります。
誰も天気に文句は言えませんらね。」



この本の中では、悩める若者にはあたたかい
言葉を返し
甘ったれた大人からの質問には「そんなの僕に
聞かれても知りませんよ、自分で考えてください」
と突き放す場面も。



クスッと笑えたり、ふうむと考えさせられるやりとりが
盛りだくさんで、人生のいろんなシーンで
読み返したくなるような本でした。



ちょっと熱く語り過ぎたでしょうか。



前に、私が「趣味が欲しい…」とぼやいていたら、
かばをから「え、読書は趣味じゃないの?」
と言われたことがありました。


私の中で読書は、それまで、
あまり趣味という感覚ではなかったんです。


そうしたら、「そのことについて、30分以上語れたら、
それは趣味と言っていいんじゃないの」と。


私、放っておくとずっと本の話してるので。
それに付き合わされるかばを(本全然読まない)=被害者


ああそうか、じゃぁ趣味だなと思って。
以来趣味は読書ですと言うようになりました。



これからも、時々こうやって
素敵な本の紹介をしていきたいなと思います。


私の琴線に触れた文章に、
共感してくれる人がいたら嬉しいです。



ところで。
奥さんの機嫌が悪いときの対処法の話をかばをにしたら


「じゃぁ今度から君が怒った時は、
気象現象だと思うようにする」
とのこと。



うーん。。
それはそれで、なんか癪。



*******************


最後までお読みいただきありがとうございます。
良かったらサンキュ!ボタンを押していただけると嬉しいです。

インスタグラム→ @04mmkichi01

トップページ→インスタグラムボタンからも見れます。

あやをさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ