2012/08/24 17:58
こんにちは。
サンキュ!編集部 H田です。



さて、今月号から連載がスタートした「主婦キュン小説」、
次回のあらすじをこっそり教えちゃいます!!!



その前に、
まだ読んでない人のために、
1話のダイジェストを、、、



「セカンド・ラッシュ」
第1話 甘い香りの男




夫と6歳の息子と平凡に暮らす主婦、佐藤柚。
来年、息子が小学校に上がるので、
家計のためと「ママ」だけでない自分を取り戻すために、
好きな花にかかわる仕事を始めようと決意。
夫を説得して花屋のパートを探すが、どこも断られてしまう。
最後に飛び込んだあこがれの花屋で2人の男に出会い、
柚の「普通の」日常がちょっとずつ変わり始める――。



という状況からスタートします。



憧れの花屋に飛び込みで「パートさせてください!」と入った柚。
店番をしていた、茶髪の美少年には冷たくあしらわれますが、
ずっと前から大好きだったアーティスト、木継(きつぎ)は、
柚が持っていったスクラップブックを見て、
彼女に花の才能を感じて採用します。



店から出ると、木継が追いかけてきて、
「待ってるから」と柚の頭をぽんぽん、と!
専業主婦で、幼稚園の先生くらいしか男性と話してなかった柚は、
心臓がひっくり返りそうになるくらい、ドッキドキ(笑)




そのとき、
長身黒髪で、黒曜石のような漆黒の瞳を持つ、
エキゾチックな美形が柚にぶつかり、
押された柚は木継の胸の中へ飛び込む形に!



たくましい体に抱きとめられ、
ほのかに香る、彼のチョコレートコスモスの甘い香りに、
「女子」的な出来事が久々の柚は沸騰寸前!




そんな柚に、黒曜石の瞳の男は、
「人が足りないから明日から自分のアシスタントをしろ」
と傍若無人に命令し、
勝手に決めて去ってしまいます。



そんな彼の態度に憤りを覚えつつも、
憧れの花屋で働ける嬉しさをかみしめ、
電車で帰路につく柚。



ふと見上げた電車の中刷りには、
『イケメン華道家・神岳粒気、熱愛発覚』と
写真付きで週刊誌の記事が。
その顔は、さっきの、無礼な態度の、
黒曜石の瞳の男だった―――



と、ここまでが1話です。



えっ、明日からアシスタントをする男が、
マスコミをにぎわすイケメン華道家!!?
ちょっとちょっと、どうなっちゃうの〜〜〜〜????





というところで。
第2話、「不意のニアミス」は
その夜、柚の家庭でのシーンからスタートします。


このシーンは、気になる柚の夫が登場!
柚の家庭環境が垣間見えるシーンになっています。




そして、メインはやっぱり黒曜石の瞳の男、
神岳と柚の関係。




神岳のアシスタントとして現場に入るのですが、
彼はずっと怒鳴りっぱなし。
もとから無礼な彼ですが、あまりの傍若無人ぶりに、
柚は思わず「お母さん」の血が騒いで、
彼に意見してしまうんです。



さて、その言葉は、彼に届くのか!??



そのあと、
ちょっとしたアクシデントで、
神岳と柚は急接近!!
ほのかに香る彼の香りは、意外な香りで、
彼の内面を象徴しているよう……




心がどんどん近づいていく柚と神岳。
それをおもしろく思わない人もいて・・・!!?





もちろん胸キュンもいっぱいちりばめてある
第2話、「不意のニアミス」。
9月1日発売の、
「サンキュ!」10月号でお楽しみくださいラブ
39blogさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ