2015/10/13 09:00
おはようございます。

今週Daily サンキュ!を担当させていただいている

梶ヶ谷陽子と申します。


整理収納アドバイザー

という資格に出会い、

すぐに講座を受講することにした私。

まず初めに受講した講座は

「整理収納アドバイザー2級認定講座」

でした。

そこで私はとてもとても素敵な先生に出会いました。

現在もご活躍されている

丸山としこ先生です。


先生との出会いがなければ

今の私はいません。

なぜなら、

私は先生の講座で

「整理収納の素晴らしさ」

を学ぶことが出来ましたし、

「先生のように整理収納の
素晴らしさを伝える講師になりたい!」

という明確な夢が出来たからです。

講師になるには、

まず整理収納アドバイザー1級の

認定講座を2日間連続で受け、

その後実技と筆記試験を受け、

合格する必要がありました。

そしてその後さらに

認定講師になる為の講座を受講し、

実技と筆記試験に合格する必要がありました。

当時認定講師資格の合格率は20%と言われ、

中途半端な気持ちでは絶対に合格することは不可能でした。

「認定講師になる」

という夢が明確になった私の

最初のハードルは

「育児・家事・仕事・勉強
をどんなふうにこなしていくか」

でした。

当時私はフルタイムで働いて

仕事は早朝からでした。

娘はその時3歳で、

まだまだ手のかかる歳でした。

私がまずはじめにしたことは

「自分がどれだけ本気で夢を叶えたいかを
家族に話すこと」

でした。

そうすることで

主人の協力を得ることが出来ました。

私が勉強出来る時間は本当に限られていて、

娘が寝た後から夜中まで、

あとは早朝の出勤前。

そして職場での休憩時間でした。

主人は

「自分で出来るから勉強して良いよ」

と家事を引き受けてくれました。

休みの日も

「勉強してきて良いよ」

と全面的に協力してくれました。

当時3歳だった娘も、

お守りを沢山作って応援してくれました。

正直、

試験の勉強をしていた時期は

睡眠時間が3時間程でした。

育児・家事・仕事をしつつの勉強は

きついものがありました。

ですが、

楽しかったんです。

物凄く。

自分の夢に向かって頑張ることが

とてもとても楽しかったです。

家族の協力を得て認定講師の試験を受けた私。

2012年6月

夢だった講師になる事が出来ました。


ですが、

資格を取得してからが本当のスタートでした。
Dailyサンキュ!さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)