2017/04/06 10:00
みなさんこんにちは!

今週のDailyサンキュ!を担当させていただくことになりました、堀江麻衣です(*^_^*)

普段のブログはこちらです。

堀江麻衣☆がむしゃらDays

4日目の本日は、プロから学んだ収納について書かせていただきます。

2016年の5月と6月に、「お片付け完全マスター」というお片付けセミナーを2回受講してきました。

講師は安東英子先生。
5000軒以上もの片付かないお家を再生してきたお片付けのプロで、テレビ番組にも数多く出演。
一般社団法人「日本美しい暮らしの空間プロデュース協会」の理事長であり、株式会社IN.THE.HOUSEの代表取締役でいらっしゃいます。
お片付けのみならず、新築やリフォームプランのアドバイスもされています。
現在はお片付けのアドバイザーも育てていらっしゃる、「美しい暮らしの空間プロデューサー」です(*^_^*)

170403_4.jpg
*掲載許可は取ってあります。

私が安東英子先生を初めて知ったのは、テレビ東京の「ソロモン流」がきっかけでした。
「お片付けのプロ」として、安東先生が2軒の片付かないお家を再生する様子や、お片付けの順番が紹介された番組でした。
何の気なしに見始めたテレビ番組でしたが、ぐいぐいひきつけられ、目が離せなくなってしまいました。


紹介された2軒のうち初めの1軒目は、新築の真新しいお家に引っ越したものの、どうにも片付かないお宅。
そのテレビで初めて知った「安東流」のお片付けの順番は、私にとっては驚くことばかりでした。
なんと、「外の物置」から整理し始めたのです。


私は「外の物置」というものは、日々の暮らしにあまり関わりの無いもの入れておく場所なので、一番最後に片付ける場所だと思っていたのです。
でも、「安東流」では、外の物置の整理整頓がお片付けの要だというのです。
外物置には使われていない、処分してもいいものがある可能性が非常に高く、処分してスペースが空けば家の中のものをそちらに移動できるようになるとのこと。

外物置の次に大切なのは「納戸(マルチルーム)や物入れ」、次に「和室の押し入れ」という流れでした。

さらに家族全員の部屋決めをし、個人のものは個人の場所で管理すること、下着も洗面所には置かずに個人で管理するということが紹介されていました。
その順番どおりにお片付けを進めていったら、引っ越してから長い間片付かなかったというそのお家が、みるみるきれいになっていきました。
すっきり片付くと、モデルルームのような美しいお家でした。


紹介された2軒目のお家は旦那様を3年前に亡くされ、それ以来悲しみにくれ、また日々の生活に追われ、お片付けやお掃除が出来なくなってしまったお家でした。
家中にものが溢れ、旦那様を亡くしてから3年間まともにお掃除をしていないというそのお宅は、テレビ画面で見ても荒れ果てた様子をしていました。
それが、安東先生の愛のこもった叱咤激励を受けながら必死にお片付けに取り組み、こちらもお家がみるみる美しく再生していったのです。
そこに暮らしているご家族の様子も本当に劇的に変わり、家が片付くとともに明るく快活になっていきました。
このビフォアーアフターが本当に衝撃で、すぐにインターネットで「安東英子」と検索し、ブログにたどり着きました。
このソロモン流のことも、安東英子先生のブログで詳しくご紹介されています。


安東先生がテレビ番組でもおっしゃっていて、またブログにもよく書かれていて、すごく印象的な言葉があります。

「家はすごい力を持っていて、人を幸せにもするし、人生を悪い方向に変えてしまうこともあると思う。
とくに、子どもの成長に大きく関わってくると思うの。
美しく整ったお家と、片付かないおうちでは、子どもの健やかな成長に与える影響が全然違う。


これを聞いて、息子のためにも整ったお家にしたいと思いました。
ソロモン流を見た頃は団地に住んでいて「外物置」や屋内の「物入れ」がなかったので、押し入れの整理からとりかかりました。

「押し入れは、一番使用頻度の少ない『天袋』の整理から始めること」

とテレビでおっしゃっていたので、まずは脚立に乗って天袋のものをすべて出してみました。
すると・・・出てくる・・・出てくる・・・
「あ、こんなのあったな〜」というものや、買った記憶すらないもの達が・・・(゜o゜)
それらを処分すると、天袋にだいぶ余裕ができました。
そのあと押し入れの中身をすべて出して見直し、移動できるものは天袋に移動しました。
押し入れの中に空間ができたことで、出しっぱなしにしていたものを押し入れにしまうことが出来ました。

こちらは当時住んでいた団地の写真です。

P_20150612_115258~2.jpg

「安東流」に出会ったおかげで、32uという狭小住宅でも、スペースを広く使うことができるように変わっていきました。

それからブログを熟読し、先生の著書を参考に家の片づけをすすめてきました。

P_20170403_122407.jpg

ただ、だんだんと

「もっとしっかり勉強したい。直接お会いして基礎から学びたい。」

という思いが強くなり、お片付けセミナーを受講することにしたのです。

著書を参考に、自分なりにしっかり片付けてはいるつもりではいたのですが、まだまだたくさん学ぶことがありました。

セミナーで学んだことを実践すべく、100円ショップでカゴの買い出し。

P_20160601_135301.jpg

写真のように垂直で、余分な持ち手などがついていないケースをつかい、引き出し内部の整理をしていきました。

セミナ―受講前はカトラリー類の引き出しはこのようになっていました。

P_20160601_135318.jpg

重なっている部分が取り出しづらく、後ろ側にデッドスペースがあります。

こちらは100円ショップのレース柄のケースを使い

P_20160601_135139.jpg

このように入れ替えました。

P_20160608_114213.jpg

重なって見えない部分がなくなり、使い勝手が格段に上がりました。

衣類ケースにもカゴをいれ、たたんでしまい直しました。

まい1.PNG

2日目のセミナーに上の写真を持っていくと、おおかた褒められたものの…

まい2.PNG

矢印の部分のたたみ方が、あと一歩・・・と安東先生\(◎o◎)/!

家に帰ってから、あわててたたみ直しました(笑)

引き出しやり直し.PNG

セミナー受講後お片付けを進めているときに、夫の伯父さんから突然もらった大型おもちゃは

P_20160526_110932.jpg

「夫ゾーン」の押し入れの天袋を分けてもらって

P_20160603_143744-6b065.jpg

クローゼットの中身を移動し

押し入れ.PNG

息子でも取り出せるように、クローゼットの中へ。

おもちゃ.PNG

クローゼットの、右下部分に収納しています。

昨日「持たない暮らしに憧れる」とか書いたばかりですが、おもちゃの量はわ〜んさかありまして・・・

クローゼットの引き出しには息子のおもちゃが沢山入っています。

P_20170403_130051.jpg

剣類だけで6本!

こちらは車類

P_20170403_130125.jpg

ぬいぐるみに

P_20170403_125828.jpg

レゴブロック

P_20170403_130206.jpg

一番下は左がプラレール、右が細かいおもちゃの引き出しです。

P_20160603_150559.jpg

細かいおもちゃ類の引き出しがぐちゃぐちゃでまずいかな・・・と思って相談すると

「出しっぱなしにしないことが重要だから、おもちゃの分類はそこまで気にしなくても大丈夫」と安東先生。

ほっ・・・(^^ゞ

引き出しだけではなくて、クローゼットの枕棚にも、今は使っていないおもちゃがあります(^_^;)

1階の食器棚の下にも、息子の絵本類と少量のおもちゃ。

P_20160904_003447-44d7a.jpg

外のケースには、外遊び用のおもちゃ・・・(゜o゜)

ミ・・・・ミニマリストには・・・程遠い・・・(@_@;)

我が家に来た友人たちに驚かれるくらいおもちゃがあるのですが、狭小住宅の我が家、出しておくと生活スペースが無くなってしまうので、すべてしまうようにしています。

おもちゃの収納について書いた記事は、サンキュ!ニュースに取り上げていただきました。


Screenshot_2016-08-31-12-01-15~2.jpg


安東流お片付け こどものおもちゃ収納と夫ゾーン

セミナー受講後、変化した場所はほかにもあります。

こちら冷蔵庫のキッチン側の側面なのですが

IMG_0557.JPG

以前は白く大きな、資源ゴミ箱を置いていました。

P_20160610_121458.jpg

引き出し式でゴミ袋がひっかけられる造りのものです。

この資源ゴミ箱の存在がちょっと気になっていたので、セミナーのときに相談させていただくと

「堀江さんのお家のインテリアに合わないし、居住スペースも狭くなるから、資源ゴミ箱は屋外に置いた方がいいわね」

とのことだったので、移動することにしました。

大きなゴミ箱が無くなってスッキリ。

ごみばこ1.PNG

白いゴミ箱はきれいに洗い、階段下収納で引き出しとして使うことに。

資源ゴミ用の新しいゴミ箱は、ふた付きのケースにしました。

CIMG0363.JPG

フィッツケースで有名な、天馬という会社の商品です。

このように、キッチンの真横のガラス窓の外に置いています。

CIMG0372.JPG

資源ゴミ箱の下はイナバ物置です♪

この外物置の中には「ニトリのインボックス」という収納ケースを入れて

CIMG0343.JPG

家の中から簡単に取り出せるよう、整理整頓しました。

CIMG0345.JPG

中央のケースを取り出してから、端のものを取り出しています。

CIMG0350.JPG

2日間のセミナーはとにかく実践的で、学ぶことが本当に多かったです。

「安東流お片付け」に出会ったおかげで、55uの狭小住宅の我が家でも、すっきり快適に暮らすことができています。

明日は「掃除がすぐに終わる家づくり」について書かせていただきます(*^_^*)

また覗きに来てくださったら嬉しいです♪

***********************************

今週の自身のブログでは、我が家に降りかかったシロアリ被害について書いています。

普段のブログはこちらです。

堀江麻衣☆がむしゃらDays

セルフリフォームがきっかけで被害を発見したのですが、すんなり保険工事適用とはいきませんでした。

保険工事を適用してもらうために行った業者とのやり取りを、一例として皆様にお伝えできたらと思っています。

そちらも読んでいただけたら、とっても嬉しいです。

*シロアリの写真は掲載しませんので、ご安心ください(^^ゞ

サンキュ!ボタン押してくださったら、とっても嬉しいです☆

Dailyサンキュ!さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)