2018/05/14 10:00
こんにちは。


今週のDailyサンキュ!を担当させていただきます
ふわふわパンと申します。

(Instagramはこちらです♪)


簡単に自己紹介させていただきますね。

現在35歳、夫と息子2人の4人家族です。

転勤族ですが、夫とは同郷なので、いつか地元にマイホームを持つのが夢です。

趣味のパンやお菓子を続けながら、小さいころからの夢だったイラストのお仕事を始めるべく準備中です。

180514.JPG

IMG_20180509_161453.jpg


さて、タイトルにありますように、今回私の趣味であります「パンのある暮らし」の楽しさについてお伝えできたらと思っております。

お付き合いいただけましたら嬉しいです。


まず今日は、私がパンやお菓子を作り始めたきっかけについてお話しさせていただきますね。


私が本格的にパンを焼きだしたのは、次男が生まれてからでした。今から3年半くらい前になります。

実はホームベーカリーは夫の希望で5年前くらいに購入していたのですが、たま〜に週末に全自動でパンを焼いてみるくらいで、あまりパン作り自体には興味を持っていませんでした。

しかし次男が生まれてからは、夜泣きがひどくお布団でなかなか寝てくれない次男を毎晩おんぶして部屋をうろうろする日々が続き

どうせ起きているならなにかしようかと


夜中にこねて(はじめのころはホームベーカリーに任せていました)、家族が起きてくる前に焼きあがる。

朝食に焼きたてのパンが出せる。

その楽しさがわたしがパンにはまるきっかけでした。



でも、朝食にパンを出すには夜中にこねないといけないの??

そんなことありません!!

たまたま当時私が夜眠れない状態だっただけで、今は夜泣きもなくなりましたし、ちゃんと生活時間内でのパン作りのお話をさせていただきますので、ご安心くださいね。


さて、パンを作ってみたいけど、まず何を用意すればいいの??

ということについても少し書かせていただきますね。


まずはパンの材料から

・強力粉
・砂糖、塩
・バター
・乳製品(牛乳や豆乳、スキムミルクなど)
・水
・ドライイースト

ここにパンによっては卵を加えたり、粉の一部を全粒粉にしたりと調整していくことでいろんなパンが焼けます。

もっというとバターなどの油脂や乳製品をはぶいてもパンは焼けます。そのお話も別の記事で書かせていただきますね。


そして最低限必要な道具

・ボウル
・ゴムベラ
・スケッパー
・オーブンシート
・パンクーラー(焼けたものをさますための網)
・オーブン

IMG_4223.JPG

そのほかラップやポリ袋があると便利です。

作業スペースについてですが、私は最初はしばらくまな板をつかっていました。

狭いのであまり粉量が多いと難しいですが、200gくらいまでなら結構いけます。

現在はシリコン素材のマット(上の写真に写っている茶色のマットです)を使っていますが、ご自身でそういったものが必要と感じるまでは、まな板で全然OKだと思います。

なので基本的にはだいたいおうちにあるもので足りると思うのです。

道具や材料は、はまりだしてからはあれこれ欲しくなります。

でも、逆に言えば、はまる前からあれこれそろえなくてもいいというわけです。

特別な材料や道具がなくてもパンは焼けちゃいます。気負わずまずは焼いてみちゃいましょう!!

というわけで次回は「パンを焼いてみよう」というお話を書かせていただきますね。

読んでくださってありがとうございました♪
Dailyサンキュ!さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(1)
私の役に立たない記事がさらし者となる恐怖の1週間から解放され(笑)、トップページを覗いてみたら大好きなふわパンさんの連載が始まっていて幸せなdanngoです☆

癒しだ…癒し以外の何物でもない…。

しかし、家にあるものでできると聞いて喜んでいたら、ここにある材料や道具、半分くらいしか我が家に存在しませんw

終わっているな、主婦として(^^;

でも、この記事が癒しであることは変わりないので、全部の連載読みに参ります♪