2018/06/11 10:00


 はじめましての方、こんにちは。
 いつもお世話になっている皆さん、こんにちは。
 三田とりのと申します。
 普段は、インスタ映えしない地味で楽しい生活をプチプチと書き綴っています。
 給料が下がったり、子供と喧嘩したり、カレーが続いたり、そんな日々のブログです。
 こちらで読めますので、よろしくお願いします。
 https://39.benesse.ne.jp/blog/2744/



 そんな私がデイリーサンキュ! を書かせていただくことになりました。
 非常に光栄ながら、役に立つ話は無いかもしれません。

 しかし、給料が下がって、子供と喧嘩して、カレーが続いても幸せに暮らしていますので、誰かの心の救いになれば幸いです。
IMG_20180429_180458-cde93.jpg




 さて、1日目の今日ですが、さっそく輝く主婦っぽい話題から入ります。

 夫の給料が10万円程下がりました。

 私は専業主婦で、子供が2人います。
 1人は繊細かつ慎重な割にすぐ調子に乗る年長の息子で、卵と乳とハウスダストとダニのアレルギー持ち。

 もう1人は、ずり這いからつかまり立ちを始めて、コードを噛み、紙を食い千切り、兄を踏み、父をメロメロにし、悪事の限りを尽くす0歳児の娘。

 からの、収入10万円減。
 ちなみに東京に住んでおりまして、家賃(賃貸で団地住まいです)が10万円。
 4月の給料が28万円程でした。

 数字で見るとパンチがありますね!
 悲観的になるといくらでも悲観できる状況です。

 息子は神経質な所があって、場に馴染むのに非常に非常に時間がかかるタイプ。
 家賃を安くするためには引っ越せばよいのですが、お友達がいない幼稚園に変わって元気に登園できるタイプではありません。
 娘を預けて働くというのも、保育園激戦区で実家も遠い私としてはちょっと難しい。
 ちなみに夫は帰宅が遅いので、息子が生まれてからずっと、平日はワンオペ育児。 

 これは働いた方がお金がかかるパターンです。
 ジリ貧。ジリ貧です。

 
 でも、あんまり焦りもしなかったし悲観もしませんでした。
 これサンキュ! で見たやつだ〜
 何とかできるでしょ〜☆
 で、やる気が湧いたくらいです。
 無いなら無いなりに暮らせば良いし、何とかならなくても何とかするのが母ちゃんの仕事でしょ!
 と、腕まくり仁王立ち。
 輝く主婦というか、腕っぷしの強い主婦ですね。
 娘を抱っこ、息子をおんぶで疾走する事もある私。強い。
 母親が弱気になっていると、家族の物事が良い方に進まない。
 カラ元気でも元気だと、だんだん楽しくなってくる。
 なので、収入減を楽しむ生活にしました。
 なんと言っても三田家は
 持ち家無い!
 車も無い!
 財産無いけど負債も無い!
 (ぜひ吉幾三さんの名曲のリズムでお読みください)
 何とかなる予感しかありません。



 で、まずやったのは『夫とのピンチ感の共有』です。
 平気で大きな買い物をするので、ここは釘を刺す必要がありました。
「ヤバイね!」
 と。
 軽い。
 でも、男の人って気持ちが折れると頑張れない所がありませんか?
 ある。うちの男子達にはある。

 という事で、釘はこれで終了。
 頑張って稼ぐから、とのありがたいお言葉を頂きました。

 毎日頑張ってます、夫。

 

 私は早寝早起きを始めました。
 健康でいる事が1番の節約なので、体調不良にならないように生活する事にしたんです。
 自分時間もできて、心軽やかです。
 本が読める、ブログも書ける。建設的な気持ちに!
 部屋が汚いと心が荒むので、片付けもやりました。
 『お金が無い家には物が溢れている』
 これは本当です。実体験から。
 花も飾っちゃいます。
IMG_20180510_110242-43883.jpg
「キレイなバラ買ってきたよー!」と、息子。
「やだもうー、これはカーネーションだよー」と笑う私。
「俺がバラって言っちゃったからさぁ。これカーネーションなんだね〜」と夫。
 夫よ……お前だったのか……!
 いかに花に縁の無い家族だったかが判りますね。
 ちなみに息子、先日選んだ花は菊でした。
 渋い!




 お金が無いなら身体を使え、を合言葉に
 不安になったらとりあえず動く!
 シンクの水垢をこすり、見ないふりをしていた風呂のカビを取り、染まってきたタオルの漂白をする。
 休日はお弁当と水筒とおやつを持って、ベビーカーに敷物をくくり付け、公園で遊ぶ。180611.JPG

 図書館で借りた本で読み聞かせ。
 そもそも子供の存在がエンターテイメントなので、その辺で遊ぶだけでも楽しいのです。
 年がら年中わーぎゃー兄妹ランド。




 とはいえ、子供の進学もあるし、習い事とか色々お金がかかるし……
 と、心を後ろに引きずろうとする現実もあります。
 通帳の金額は容赦ないのです。
 しかし、しかしです。
 長い目で見て、ここ数年収入が低くても、私が働ければ上がる訳です。
 元気な大人が2人もいるのだから、お金はどうとでもなるのです。
 贅沢せずとも楽しい我が家。
 だから、せっかくの今この時を暗く過ごしたらもったいない!
 無駄遣いはしない。でも、悩む必要はない。
 できる事をちゃんとやっていれば、いずれ上向くのが我が人生。
 という訳で三田家は今日も、財布の紐は固め、脳みそは柔らかめです。






 次回
「お母さんとお父さんってケンカするの?」
「仲が良くてもケンカはするのよ、息子や」 
  というわけで夫と喧嘩した時に三田がどうしているのか、結婚10年で辿り着いた答えを綴ろうと思います。
 
Dailyサンキュ!さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)