2019/02/04 10:00
190204.jpg

英語がほぼ通じない温陽温泉の「日帰り温泉」!


ソウルから 高速鉄道を使って 1時間かけてやってきました。
温陽温泉は韓国語のみ!英語はほとんど通じない!銭
湯の習慣も日本と少し違うよ!
銭湯で 旦那・長男くんと共に 男湯に入った次男くん。
まず どんな場所か 把握したかったらしく 銭湯内を 端から端まで 練り歩きます。

ると
のしのし!と身体中入れ墨がある中年男性が やってきました。

彼は一般客に気を使ったのか、施設の一番奥の奥の洗い場へ。
体に模様がある人を 初めて見た次男くんは
無邪気に近づいていきます……!
一気に青ざめる旦那!

一方そのころ そらんぽりん。も青ざめていました。
「パスポートもクレジットカードも全部あのバックの中だったのに・・・!どうしよう・・・!」
さあどうなる!?
どうなるの!?


どうも、はじめまして〜!
サンパチマイクに走り込んでくる芸人みたいな入りですが (((^^;)
そらんぽりん。と申します。
1歳年上の旦那と
9歳の長男、6歳の次男の4人家族で
福岡県で のんびり 暮らしています


普段のブログはこちらです

ぽかぽか、てくてく、手づくり小道
(^o^)丿


まあまあ立ち話もなんですから、己紹介を・・・
そらんぽりん。
昭和生まれの2児の母!
長男「ママが小学生だった昭和の頃ってさ〜何があった?テレビって白黒?」
ママ「なんでもあったし!何だったら現代人に不足しがちなバイタリティなんて あふれるほどあったわ!」
ここで リゲインのCMソングを熱唱。
性格は、陽気でおおざっぱ。
結婚して旦那の性格がうつって(←) 
やや理性的になったものの
かなりの やらかし屋。
24時間戦えません。

旦那
牧羊犬に守られた羊のような 穏やかな性格。
スーパー保守派。クレジットカードが苦手で現金が好き。
漫画は3巻まで買ったら 見捨てられず 新刊出るごとに買っちゃう派。
妻がワーママの頃、熾烈な家族会議が繰り返された結果、
現在 家事は 洗濯(回して干すまで) ゴミ捨て(集めて出す) 布団上げ(重たい)を担当中。
妻には内緒で大人用の仮面ライダーカブトのベルトを買った。
24時間 マイペース。

長男くん(9歳・小3)
最近、歯列矯正を始めたが、7万円の矯正器具をしれっと無くして
真っ青になった両親と 家中大捜索を展開した。
小1から1番好きな女子はずっと同じ子なのに 2位以下は週1で入れ替わる。
好きな男子に至っては2位が3人いる 不思議さよ。
刺身 と 牡蠣 と カービィが 24時間好き。
矯正器具は 見つからず、7万で新しい器具を注文する羽目になった。

次男くん(6歳小1)
発達障害児。重い自閉症、おしゃべりできず。精神、心理的な年齢は 2歳ぐらい。
運動系は 年齢相応で、身辺自立は 見守りが必要。
性格は とても穏やかで 我慢強いが、集団の雰囲気に流されがち。
言語方面が凹んでいる分、記憶力が良く 模倣行動が得意 
状況判断などは 過去の記憶を手掛かりに動くことが多い。
行ったことがない場所は少し緊張するが 知ってる人や家族と一緒なら大丈夫。
どっか パンダに似ているとってもかわいい 24時間家族のアイドル。
20190122-1.png

自分の為に 子育てをしていた 過去

多少乱暴な言い方になりますが
私は当時 自分の見栄のためにしか 子育てをしていなかった過去があります。
お恥ずかしい話です。
実家や義実家に自慢できる子どもではない次男くんを 
どこか軽んじていました。
診察や知能テストでは3歳の次男君は精神年齢が1歳半ということでした。
次男君の発達を一般的な子どもと比べて 足りないところを並べて
なんでわたしばっかりこんな目にあうの・・・?
駅前で漂う焼き鳥屋の香ばしい香りのような 
かくしきれない濃度の不幸感を漂わせているのに
外面的には見栄を気にして「ウチは大丈夫!」と張りつめて笑う。
うはーー。全然大丈夫じゃないね。
控えめに言って。やばい。



あの先生がいいらしい 

あの先生がいいらしいとうわさを聞けば
大阪の大きな病院から福岡の小さな病院まで

幼い次男くんの手を引いて どこでも出かけていきました。

ご多聞に漏れず 権威主義の私は 
立派な先生に頼めば この子はいわゆる「普通」のカテゴリに入れる
と。そう思っていたのです。
その病院行脚中
いろんな子どもを見て・それぞれの家族を
目の当たりにしました。
そして その価値観はどんどん揺さぶられていき。
私は次男くんの ほんとの姿に
ゆっくり気が付いていったのです。


こだまでしょうか?いいえ次男の叫びです
3年ほど前 仕事でくたくたに疲れた私

夕食を一から作る気力も根こそぎ枯渇して
6時頃子供たちと一緒にめったに行かない遠方のスーパーで買い物をしていました。
当時3歳の次男くんも機嫌が悪かったので お菓子売り場に連れて行ったのですが
そこで、火が付いたように次男くんが奇声を上げはじめました。

周囲の目が針のように突き刺さり 次男くんの涙声はどんどん大きくなります。
いつもだったら なんでお菓子コーナーでこんなに騒ぐの?
とイライラしてしまうところですが
次男君の切迫した悲鳴が妙にひっかかりました。
そう・・・

初めて
初めて立場を 変えて考えてみました。



殴られたような衝撃で


このスーパーは遠方で 病院の採血などの診察前 次男くんを励ますお菓子を買う用事で
寄ることが多かったのです。

あ!次男くんはこのお菓子売り場に来たらその後病院で採血されると思っているんだ!
採血時は 安全の為 バスタオルでぐるぐる巻きにされて 看護師さん4人に押さえられるから
それがめちゃくちゃ怖かったんだ。

ああ 今から病院にいって注射されると思って泣いたんだ!

初めて気が付きました・・・!
殴られたような気がしました。
まさか 1歳半にそんなこと連想できるの?
おそるおそる
「び・病院には行かない。お買いもの終わったら お家に帰ろう。」
と繰り返し伝えます。
泣き腫らして真っ赤になった目、汗で額に張り付いた髪の毛。
長い睫には涙がいっぱいたまっています。
私の人差し指を握りこむ 紅葉のような 小さな指。
何度も小さな背中とお腹をなでていると。
次男くんの小さな心臓が どくどくと早鐘を打っていたのが
少しずつ落ち着いてくるのが 分かります。

・・・・!
その様子に
完全じゃないだろうけど、なんとなく言ってることを理解してるのが分かりました。
再度衝撃・・・!
え?1歳半じゃなかったの?

この子はワガママでも悪い子でもない。 

この子は 受け取る 私の器がなかっただで。
長いことずっと 何度も何度も 私に必死に何かを伝えようとしていたんじゃないか? 


なんでわたしばっかり・・・と自己憐憫の殻に閉じこもって涙を流す私の背中を
次男君はその小さな手でずっと一生懸命 たたきつづけていたんだ・・・!
唇をかみ切る勢いで かみしめました。
ふいに周囲の風景は歪み
床に水が ぽたぽた落ちていくのが 見えました。

産まれた時からずっと貰っていた 次男君の無垢な献身に 突然気が付き。
次男くんの 今までの必死な自己表現の道程を思うと
3年間の独りよがりの自分を 
いまから織田裕二と石黒賢のW主演で 殴りに行きたい気持ちでいっぱいです・・・!
もう、やりきれなくて 

次男くんへの 労りと愛しさが ぐちゃぐちゃになった涙が止まらなくなりました。

知能テストで測れるのは
テスト項目の数値だけ。
私は この子の親なのだから 違う目線を 持たないとダメだ。
病院の先生へ 求める役割も なんか違うな。
下駄を預けるようなことは 私は するべきじゃない。

駐車場への足取りは 行きと違って 颯爽としていました。
私に手を引かれる次男君は 相変わらず 無表情でしたが
その表情には落ち着きが戻っていました。

こうして私は 人生で大切な気づきを 
良く知らないスーパーのお菓子売り場で学んだのです。


子育てはタイヘンな幸せです
次男君の育児が大変か大変じゃないかで 言ったら
そりゃあ しろしかときもあるたい。
喋れんってことは 次男君が言いたいことを何とかして こっちに伝えて
こっちが それば汲み取るという作業が延々続くという事やけんねぇ。
こげんか博多弁が 突然読者を襲うこともあるたい。

でもそれを上回るものを貰ってる と感じてます。
(*^_^*)
それこそ 星の王子さまの キツネが言うような
「目には見えない 大切なこと」

それは今回の旅行でも 
静かにまたたく夜空の星のように
たくさん見つけることができました。


想像してほしい あなたが 言葉も通じず 文化も習慣も違う国に来て
たった一人で日常生活を送るとしたら・・・?
控えめに言って とても疲れるし めっちゃ大変でしょう。
でも、それが6年前からの 次男君の日常。
だから君は 当時あまり笑わなかったのかな。
ずっと気を張っていたんだね。

旅行のテーマは
「家族みんなで次男くんになろう!」
観光も 買い物もろくに出てきません。
言葉も習慣も違う国に行って、家族で次男君の生きる世界を味わってみよう!
これが 我が家の年末年始の ソウル旅行のテーマなのです!

この記事は・・・
海外旅行は特に行かなくても 十分幸せに生きていけますが
発達障害だから、どうしよう 
と、ためらっていらっしゃる方の 背中を押せたらな〜
という心意気の成分で構成されており
旅先での家族のわちゃわちゃ成分がほとんどを占めます。

「テーマは分かった。で 風呂場の次男くんはどうなったの?」
「それもだけど え?パスポート無くしたの?マズイじゃん!」

どうなるの!?
さあどうなるの!?

続きは あ☆し☆た☆



ここまで読んでいただき ありがとうございました!
読んだよ!
の印にサンキュ!ボタン押していただけたら
嬉しくて TWICE のWHAT is Love?のサビでワッツラーブ!と叫びながら
アイロン掛けが頑張れます!

Dailyサンキュ!さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(2)
みい太さん☆
コメントありがとうございます!
ふふふふ!モチロンみい太さんのことは
存じ上げておりますよ〜!
みい太さんのパワフルなブログに、
度々 撃ち抜かれ。
読むたびに元気をチャージさせていただいてます!\(^o^)/

ホントにね。『海外旅行』って言ってるのに
海外旅行エピソードは明日からと言う……!
(;▽;)
もう、書いてて一反もめんみたいに
長くなりすぎてですね。
申し訳ないです〜!

>転機って、必ずあるんですよね。
ありますね。
しかも私の場合 何度も有るんですよ〜!
大きいのやら小さいのやら。
子育ては
価値観を、ゆさぶされ続け
さらに鍛えられてるな〜!と感じます。
Σ(゜Д゜;)
私は次男くんが5歳の時に療育園の先生から
『酷なこと、と思われるかもしれませんが
18歳になった時のことを見据えて
進路を決めるんです。』
と言われて スゲェ世界に来たな!と
福祉の世界のしっぽを踏んだ気分でした……!

あと4回読んでいただけるなんて……!
ありがとうございます!
めっっちゃ嬉しいです〜

もう、一生懸命書いたので
コメントで反応いただけたのが
素直に嬉しくて
ホントに ありがとうございます〜!( ;∀;)
by そらんぽりん。 2019/02/04
そらんぽりんさん☆こんにちは!
ブロガーのみい太です(^▽^)

不肖のブログをそらんぽりんさんが見てくださってることに気づいたとき、とってもうれしかったです♪
ありがとうございます〜☆

そんなそらんぽりんさんの今回のデイリー!

まずテーマでビビッと来ました!
…正直、外出っていうだけで気が重いのが、発達障害児の親ってヤツじゃないですか…
それがまさかの海外旅行!?
ぜひ参考にさせていただきたいっ!

…と思ってワクワクして見てたら

スーパーのお菓子売り場のエピソードでドキューンと胸を打ちぬかれました…

転機って、必ずあるんですよね。
私はずいぶんと遅くなってしまい、親子でドロドロの時期が長く続きましたが…

あと4回のデイリーも楽しみに読ませていただきますね!
by みい太 2019/02/04