2019/03/15 10:00
みなさんこんにちは、公式ブロガーのいちごめぐみるくです。

↓いつものブログはこちら↓
https://39.benesse.ne.jp/blog/2239/

このたびDailyサンキュ!を担当させていただくこととなりました。
5日目の今日はマイホームこんな時どうする?です。
20190302_233929.jpg
念願のマイホームを持ち、充実した毎日を送られている方も多いでしょう。

でも、ある日突然!
転勤を命じられたら?
夫が家で事業をすると言い始めたら?

えー!この家どうなるの?

と慌てないために少しだけ知って貰えたら嬉しいです。

まず
◯転勤◯
転居を伴うのでしたら、マイホームを空のまま遊ばせておく人はいないでしょう。
大概、賃貸に出すのではないでしょうか?
信頼のおける不動産業者を見つけて、住んでくれる人に貸して、家賃を貰う。
貰った家賃は無事にローンの返済に充てられ一件落着!

でも、そこで忘れてはいけないのが税金のこと。

賃貸の広告を出して募集をし
めでたく賃貸契約が結ばれ家賃を貰う

これで立派な不動産貸付業という個人事業主になるんですよ。

みなさんたった一室なのに?
と驚かれる方が多いですが
一室でも一棟でも駐車場一台でも
個人事業主なのです。

家賃をまだ貰えてなくても、広告を出した時点で開業となりますので、最寄りの税務署へ出向き所得税の開業届を出しましょう。
さらに節税効果を高めるなら、開業から2ヶ月以内に所得税の青色承認申請書を出して青色申告することもオススメします。
青色申告には様々な特典がありますので、税務署でぜひお話を聞いてみて下さい。

そして必ず確定申告が必要になります!
忘れないようにしましょう。

気になる住宅ローン控除ですが、転勤の間は受けられませんが、また住むようになって控除期間が残っていれば再び受けられます。


◯家で事業をする◯
夫がサラリーマンを辞めて個人事業主になった
自身が家で仕事をするようになったというサンキュ!読者の方も多いですよね。

上でも述べたように、まずは税務署で開業届を出して、必要あれば青色承認申請書を開業から2ヶ月以内に出しましょう。

マイホームで仕事をする場合、建物と建物に関係するものが経費として認められます。

◯建物は減価償却をして経費にします。(さらに事業専有割合で按分して経費に計上)
◯ローンの利息、固定資産税、火災保険、管理費、修繕積立金などは事業専有割合のみ経費に計上できます。

そこで問題となるのが、住宅ローン控除です。
住宅ローン控除は税額控除といって、昨日お話しした算出方法で求めた控除額を税額より控除できるという大変ありがたい制度です。
なので事業の必要経費よりも住宅ローン控除を優先させた方がいいです。

住宅ローン控除を全部受けても、10%ならば建物に関係する経費を計上してもいいという特例もありますので、ぜひ一度、税理士さんや税務署、記帳を教えてくれる機関に尋ねてみましょう!

5日間に渡りお話ししてきました、税を知ろう。
少しでもサンキュ!読者のみなさんのお役に立てましたでしょうか?
私自身、仕事に関係することをこんなにも伝えるという動作にしたのは初めてです。
書き始めたら、あれもこれも伝えたい!と収拾つかない記事になってしまい、慌てて見直すこともありました。

改めて税というものに向き合い、とても勉強になり(笑)
Dailyサンキュ!のチャンスを下さった編集部に感謝です。
そしてここまで読んで下さったみなさま、本当にお付き合いいただきありがとうございました!
190315.jpg
これらはすべて個人の見解です。
詳細やお尋ねは最寄りの税務署へご相談下さいね。
Dailyサンキュ!さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)