2015/10/16 09:00

おはようございます。

今週Daily サンキュ!を担当させていただいている

梶ヶ谷陽子と申します。

今週は私の夢だった「整理収納アドバイザー」になるまでのことについて

書かせていただいています。





本を出版させて頂いてから、

本当に沢山のお仕事を頂くようになりました。

講座や講演

トークショーやテレビ出演。

本当に本当に有り難いことです。

ですが、

全部の仕事を100%受けることはまだ出来ません。

というのも、

私の中で

「子育てを優先しながら仕事がしたい」

という想いが強いからです。

息子を出産し退職した時、

「整理収納アドバイザーとして本格的に活動しよう」

と思いました。

ですが、

自分の中で

「子育ては優先する」

という想いもありました。

その部分だけはブレずに持ち続けている想いです。

現在、

私の仕事は自宅での仕事がほとんどです。

息子を抱きかかえながら原稿を書いたり


取材撮影の時は常に子どもがいたりという感じです。


子どもが起きている時間は

なかなか仕事が進まず、

子どもが寝た後から

朝方まで仕事ということもしょっちゅうです。

講座や打ち合わせは

主人がお休みで子どもと一緒にいてくれる日に

動くように

スケジュールを組んでいます。

この働き方は自分自身が決めたことです。

子どもがもう少し大きくなるまでは、

今できる範囲の仕事を精一杯

こなしていきたいと思っています。

今、

私には夢があります。

それは

「“整理収納”
という笑顔の種を沢山の方々に届けること」

です。

直接お会い出来なくても、

私のブログや本、

そして掲載された雑誌や出演したテレビ番組で

「整理収納してみようかな」

「なんかいいことありそうだな」

と思って頂けたら最高に嬉しいです!

これからも、

周りの方々への感謝の気持ちや、

常に学び続けることを忘れず

夢を叶えていければと思います。

夢への扉は、

自分自身でしか開けることは出来ません。

もし、

本気で叶えたいという夢があるのなら

是非一歩を踏み出してみて下さい。

辛いこと

大変なこと

沢山あるかもしれませんが、

必ず違った自分に出会うことが出来ると思います。

5日間お付き合い下さり

本当にありがとうございました!


Dailyサンキュ!さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2015/10/15 09:00
おはようございます。

今週Daily サンキュ!を担当させていただいている

梶ヶ谷陽子と申します。

今週は私の夢だった「整理収納アドバイザー」になるまでのことについて

書かせていただいています。



「今自分に出来ることを精一杯やろう!」

と決めてから、

ブログでは

「整理収納」

についてのことを沢山書くようになりました。

育児・家事・仕事をしていても、

ブログであれば続けることが出来ました。

そんな私に、

転機が訪れました。

それはテレビ出演です。

某番組に

「収納名人」

として出演させて頂くことになりました。

その時のスタッフの方に

「なぜ私が選ばれたのでしょうか?」

と聞いた所、

「ブログが面白かったんです!」

と言われました。

その出演後、

本当に沢山の方にブログを見て頂けるようになったり、

雑誌などメディアで取り上げて頂けることが増えました。

とは言っても、

その時私は二人目を妊娠中で、

まだまだ本格的に動くことは出来ない日々が続きました。

そんな中でも、

ブログだけは続けていました。

2013年8月

私は長男を出産しました。


そしてそれを機に

米軍基地を退社しました。

「整理収納アドバイザーとして本格的に活動しよう」

と決めた瞬間でもありました。

そんな時、

私の中にある想いが生まれました。

それは

「収納本を出版したい」

という想いでした。

ですが、

どうすれば出版出来るのかなんて全く分かりませんでした。

ただ、

とにかく精一杯

「今出来ること」

をしようという想いだけは忘れずにいました。

自宅にいながら

自分が挑戦出来ることには挑戦していましたし、

整理収納に関わる勉強も

ずっと続けました。

何の保証もない中で

「いつかきっと沢山の方に整理収納の素晴らしさを
お伝えするんだ!」

という気持ちだけは持ち続けていました。

私は、

「収納本を出したい」

という夢をずっと祖母に話していました。

祖母はいつでも

「陽子ちゃんなら絶対出来るから頑張りなさい」

と言ってくれていました。

そんな祖母が亡くなった

2014年の春、

「出版しませんか?」

というお話を頂きました。

祖母が亡くなった時、

私は何も手に付かなくなってしまいました。

続けて書き続けていたブログも

一生懸命続けていた勉強も。

ですが出版のお話を頂いた時に

「おばあちゃんが頑張りなさいと言っているんだ」

と思いました。

そこからは、

とにかく出版に向けての原稿書きに没頭しました。

そして

2014年11月

初の収納本を出版することになりました。

Dailyサンキュ!さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2015/10/14 09:00
おはようございます。

今週Daily サンキュ!を担当させていただいている

梶ヶ谷陽子と申します。

今週は私の夢だった「整理収納アドバイザー」になるまでのことについて

書かせていただいています。


夢だった講師資格を取得した私。

とてもとても嬉しくて泣きました。

家族もとても喜んでくれました。

ですが、

資格取得後には色々な壁や葛藤がありました。

まず、

講師資格を取得したからといって

すぐに講座が開ける訳ではありませんでした。

場所の確保や集客、

講座開催日のスケジューリングなど

様々な壁がありました。

資格を取得したものの

全く動けていない私。

自分自身が嫌になりました。

「何の為にあんなに頑張ったの?」

「私何やっているだろう・・・」

とマイナスなことばかりを考える日々が続きました。

そんな中、

同期で講師になった方々は

講座を順調に開始され、

焦る気持ちばかりが芽生えてしまいました。

自分にイライラし過ぎて

一人で泣いたこともあります。

「そんな資格をとっても、
やっぱり仕事には出来ないんじゃない?」

と言われたこともあります。

「やっぱりこれ以上は無理なのかも・・」

と弱気になったことも。

ですが、

そんな時に娘に言われました。

「お母さんはすごいね!

忙しいのに沢山勉強して先生になるなんて!」

と。


その言葉でハッと我に返りました。

自分が勉強していたときの気持ち、

家族が応援してくれていたこと、

全部全部思い出しました。

そして私は決意しました。

「今、自分が出来ることを精一杯やろう」

と。

そこで私が始めたのが

ブログで「整理収納」のことを

発信するということでした。


講座開催は難しくても、

「ブログを通して
整理収納の素晴らしさを伝えることは出来る!」

そう思ったんです。

そうすることで、

私の夢がまた広がり、

少しづつ

また夢への道が動き始めました。
Dailyサンキュ!さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2015/10/13 09:00
おはようございます。

今週Daily サンキュ!を担当させていただいている

梶ヶ谷陽子と申します。


整理収納アドバイザー

という資格に出会い、

すぐに講座を受講することにした私。

まず初めに受講した講座は

「整理収納アドバイザー2級認定講座」

でした。

そこで私はとてもとても素敵な先生に出会いました。

現在もご活躍されている

丸山としこ先生です。


先生との出会いがなければ

今の私はいません。

なぜなら、

私は先生の講座で

「整理収納の素晴らしさ」

を学ぶことが出来ましたし、

「先生のように整理収納の
素晴らしさを伝える講師になりたい!」

という明確な夢が出来たからです。

講師になるには、

まず整理収納アドバイザー1級の

認定講座を2日間連続で受け、

その後実技と筆記試験を受け、

合格する必要がありました。

そしてその後さらに

認定講師になる為の講座を受講し、

実技と筆記試験に合格する必要がありました。

当時認定講師資格の合格率は20%と言われ、

中途半端な気持ちでは絶対に合格することは不可能でした。

「認定講師になる」

という夢が明確になった私の

最初のハードルは

「育児・家事・仕事・勉強
をどんなふうにこなしていくか」

でした。

当時私はフルタイムで働いて

仕事は早朝からでした。

娘はその時3歳で、

まだまだ手のかかる歳でした。

私がまずはじめにしたことは

「自分がどれだけ本気で夢を叶えたいかを
家族に話すこと」

でした。

そうすることで

主人の協力を得ることが出来ました。

私が勉強出来る時間は本当に限られていて、

娘が寝た後から夜中まで、

あとは早朝の出勤前。

そして職場での休憩時間でした。

主人は

「自分で出来るから勉強して良いよ」

と家事を引き受けてくれました。

休みの日も

「勉強してきて良いよ」

と全面的に協力してくれました。

当時3歳だった娘も、

お守りを沢山作って応援してくれました。

正直、

試験の勉強をしていた時期は

睡眠時間が3時間程でした。

育児・家事・仕事をしつつの勉強は

きついものがありました。

ですが、

楽しかったんです。

物凄く。

自分の夢に向かって頑張ることが

とてもとても楽しかったです。

家族の協力を得て認定講師の試験を受けた私。

2012年6月

夢だった講師になる事が出来ました。


ですが、

資格を取得してからが本当のスタートでした。
Dailyサンキュ!さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2015/10/12 09:00
おはようございます。

今週Daily サンキュ!を担当させて頂く

梶ヶ谷陽子と申します。

私はサンキュ!フレンド10期生として

2010年から

サンキュ!に関わらせて頂いています。


そんな私が今週書かせて頂くのは

「夢を実現するまでのこと」

です。

私は19歳の頃から米軍基地内の正社員として

16年程働いていました。

職場はとても楽しく

大好きな仕事でした。

ですが、

いつからか

「子育てと両立出来る仕事がしたい」

「“梶ヶ谷さんだから頼みたい”
と言われる仕事がしたい」

そう思うようになりました。

そんな時に出会ったのが

「整理収納アドバイザー」

という資格でした。

昔から

掃除・整理・収納

が大好きだった私は、

すぐにインターネットでその資格を調べました。

そして、

迷うこと無く講座受講の申し込みをしました。

それが、

私の夢への第一歩でした。

“夢は夢のまま終わらすのではなく、

夢は叶えるもの”

だと私は思っています。

ですが、

大人になるにつれ

「夢を追いかけること」

から離れてしまいますよね。

「仕事をしているし」

「子育て中だし」

と諦めてしまったり。

私も、今まではそうでした。

ですが今思えば、

きっとそこまで本気ではなかったから

諦めてしまっていたのだと思います。

「本気になれる夢」

に出会うって、

人生の中でなかなかないですよね。

だからこそ、

本当に強く叶えたいと思った夢には全力で挑みたいと

私は思いました。

本気の夢への扉は

自分自身でしか開けることが出来ません。

勇気を出してまず一歩を踏み出すこと。

それがとても大切なのかなと思います。

夢への第一歩を踏み出した私。

そう簡単には夢を掴むことは出来ませんでした。

色々な葛藤がありつつの道。

そんなお話を次回はさせて頂きます。

写真は昨年の書籍販売での写真です。

1つの夢が叶った瞬間でした。

Dailyサンキュ!さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ