2018/07/06 10:00
Dailyサンキュ!最終日の本日は「今後の見通し」についてです。

これから3年間の計画について書かせていただきます。



この春に息子が小学校に上がり、Dailyサンキュ!の3日目に書いた家計とはまた少し変わりました。

大きく変わったのは、息子の「保育料」がかからなくなったことです。

そして先月からですが、夫のお給料が2万円上がりました。

さらに私の収入がなくなったのが反映されて、住民税や健康保険料も値下がり♪

そこで、6月にまた夫と「最新家計表づくりの話し合い」を決行!

夫婦ともに一致しているのは

「ゆとりができる分は、できるだけ貯金に回そう」

という考えです。

以下は3日目の記事に載せた家計表と、変更点を青字で加筆したものです↓

収入 21万5000円
→24万2600円
子ども手当2万5000円含む)

支出

住居費 4万円
(住宅ローン・固定資産税)

水道・光熱費 1万5000円
1万6000円

貯蓄型の保険 3万4000円
→4万8300円

医療保険 6300円
→7000円

バイク維持費(ガソリン代込み) 1万円
→9000円

通信費 5000円

NHK代 約1200円

保育料 2万8000円
→6000円(給食+学校集金の平均)

医療・予備1万円

食費・日用品・妻小遣い合算 3万7000円

夫小遣い 1万円

レジャー費 0円
→5000円

夫婦趣味代 0円

雑費 1万円

義実家に車を借りるときのガソリン代 2000円

合計20万6500円

余り 8500円
→3万6100円

になりました。


以下は変更点についてです。

貯蓄型の保険 3万4000円
→4万8300円

ですが、娘の子ども手当をつかい、夫の貯蓄型生命保険にはいりました。

「保険のビュッフェ」というところで相談したところ、「学資保険」と似たような内容でもっと還元率がいい生命保険に加入することに。

娘が18歳になるころ166万4000円になるので、娘の学費に充てる予定です。

その他にも老後の資金のための貯蓄型保険に加入したので

1万4300円アップしました。


水道・光熱費 1万5000円
1万6000円

こちらは前年の平均値をもとに1000円アップ・・・

詳しくはDailyサンキュ!4日目の記事と、こちらをご覧ください↓

水道光熱費総まとめ2017☆前年との増減は


医療保険 6300円
→7000円

という記事で書きましたが、私が住んでいる市は子どもの医療費がかからないので

息子の「こども保険」を解約し、夫と私の医療保険を充実させました。

そのため700円アップです。


バイク維持費(ガソリン代込み) 1万円
→9000円

今年は自賠責がかからないのと、夫がバイクを1台手放して税金が安くなったので

マイナス1000円♪

まあ

1台手放しても 

まだ 

バイク6台

もあるのですが・・・・\(◎o◎)/!


保育料 2万8000円
6000円(給食+学校集金 の平均)

保育園から小学校へあがったことにより 

マイナス2万2000円!!

ありがたや〜

ありがたや〜!


レジャー費 0円
→5000円

ここだけ給料アップの恩恵にあずかろうという話になりまして、レジャー費を再び設けました。

以前は8000円取っていましたが、少し抑えて

5000円のアップ!


義実家に車を借りるときのガソリン代 2000円

我が家は車を持っていません。

「車は3台あって必ず1台は余るから、いつでも使ってね〜

ときどき動かしたほうが、車のためにもいいし」

とお義父さん、お義母さんが言ってくれるので

お言葉に甘えてお借りしています(^^ゞ

雑費予算を2万3000円取っていた頃は、ガソリン代もまとめて雑費にしても平気だったのですが

今は別で予算どりした方が家計が回しやすいので、新たに項目を作ることにしました。

というわけで2000円アップ!


以上が変更点ですが、アップもマイナスもあったものの

全体の支出としては変更がなく、2万7600円増えた「余りのお金」は、そのまま貯金に回すことにしました。

貯蓄型の保険 4万8300円

も貯金としてカウントさせてもらえれば、そちらは

年間57万9600円

なので

現金の貯金3万6100円×12=43万3200円

と合わせると

年間101万2800円

は毎年どうにか殖やしていくことが出来る計算です。

ただしあくまで計算上の話で

「家電の買い換え」や「高額の冠婚葬祭費」などへの予算どりはしていないし

ときどき旅行だって行きたいし

この通りきっちり毎年、現金43万3200円ずつ増やすのはなかなか難しいかな・・・とも思っています。

でもこうして家計を洗い出して使えるお金を把握し

予算を立ててその中で暮らそうと努力することで

破たんしない家計を維持していければと考えています。

やりくりは何のため?」という記事で以前書いたのですが

私にとってやりくりとは

「家族が路頭に迷わないよう、いざというときのための安心材料をつくること」

です。

その話を友人にしたら

「路頭に迷わない」というのがキャッチーじゃない(人に受けない)と言って

『やりくりは 家族のため』

と、私のためにキャッチコピーをつくってくれたことがありました・・・(゜o゜)

もちろん「家族のため」ではあるのですが

「家族が路頭に迷わないように、家計を切り盛りする」

というほうが、やはり私にはしっくりきます。

専業主婦になるにあたり月収が18万5000円減って、それまでの予算のまま暮らすと

年間で60万3600円の赤字になる

と分かったとき

ピーンチ!\(◎o◎)/!

とは思いましたが、逆に

メラメラ 燃え上がりもしました(笑)

今がきっとその 「いざというとき」 ってやつだなと(゚Д゚)

10か月ほど経過した現在、大きく貯蓄が下がることもなく

なんとか暮らせています。

今後、いつかまた私は働き出すとは思うのですが

娘が確実に幼稚園か保育園に入園する3年後までは、支出を増やすことなく

この家計を維持していきたいです。



10年ほど勤めた学習塾を退職し、「ワーキングマザー」から「専業主婦」になってみての感想は

「どちらも大変で 

どちらもやりがいがあるな・・・(゜o゜)」

というものです。

働いていたときは授業に穴をあけられないので

子どもが熱を出すと、真っ先に頭に浮かぶのが

「病児保育の空きがあるかどうか」

だという自分に罪悪感を覚えたり(´・ω・`)

「土曜日まで仕事なの?

あら〜

お子さん、かわいそう」

という周囲の言葉に

(夫が土曜日に働いていたら
 
「偉いわね」って褒めるじゃないかー!(*`Д´*))

と傷つきながら、心の中で言い返したりしていました。

でも仕事自体は楽しかったし

働いていることでお金もある程度融通がきいたり、自分に自信が持てたりという良い面もありました。

専業主婦になってからは逆に

お金があまり自由にならなくなったり、「仕事を持っていない」ことに引け目を感じたりすることもあります。

でもこどもと、どっぷり一緒にいられるのはいいところ。

めちゃくちゃ エネルギーは

吸い取られますが・・・((゚Д゚;)

現在は、私が日中いつも家にいるので、息子の友人が突然家にやってきて

「油断して敷きっぱなしのふとんを、目撃されることがある」

というのが、以前と変わったことかもしれません。

今まで平日に 

突撃訪問されることなんて 

無かったもんだから・・・・!(;一_一)




収入が減っても、日常生活は大きく変わった感じはしていなくて

相変わらず家族でペンキ塗りをして

180706.JPG

古くて味のある椅子を

CIMG2446~2.JPG

新しい色に変えてみたり

CIMG3242~2.JPG

近所の「冒険遊び場」という火を焚いていい公園に行って

P_20180520_123832.jpg

持参したホットサンドメーカーで

P_20180520_123823.jpg

ホットサンドを焼いたり

P_20180520_124206.jpg

シュウマイを焼いたり

P_20180520_124624.jpg

少し余裕のある朝は「ホームベーカリー&ワッフルメーカー」を使ってワッフルを焼いたり

P_20180515_084633-46a4c.jpg

義実家の車を借りて

自宅から2時間ほどのところにある、山梨県の山中湖へ遊びに行って

CIMG3180~2-f6370.JPG

親子で釣りを楽しんだりしています。

CIMG3241-31a01.JPG

このときは、友人からもらった3リットル入るポットに、麦茶をいっぱいに詰めて出発!

CIMG3204~2-ad4f8.JPG

アイスコーヒーも持って、お昼やおやつも持参して、のんびり過ごしました。

釣りやスワンボート代、帰り道の夕食は夫のおこづかいから。
(オークションの売り上げ バンザーイ ヽ(^o^)丿)

CIMG3215-9ffb2.JPG

私と娘はのんびり日光浴・・・

働いていた頃とそんなに変わらず、休日を楽しんでいます。
 
兼業主婦も専業主婦もそれぞれ大変なところと、いいところがあるけれど

無理せず 気負わず

しかし がむしゃらに(B'z) 

やりくりや日々の生活に向き合っていこうと思いますヽ(^o^)丿



数字だらけの読みにくい記事に

5日間お付き合いくださいまして

ありがとうございました!

普段のブログ

堀江麻衣☆がむしゃらDays

の方も、覗きに来ていただけたら幸いです♪

明日は土曜日

みなさま、良い週末をお迎えください(*^_^*)/~~~

CIMG3172-93366.JPG

堀江麻衣


サンキュ!ボタン押して下さったら、飛び上がって喜びます♪
Dailyサンキュ!さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2018/07/05 10:00
Dailyサンキュ!4日目の本日のテーマは「予算を守るために」です。

夫と一緒に組み立てた新たな予算案の中で暮らすために行っている、具体的なやりくりについて書きたいと思います。

まずは

食費・日用品・妻小遣い合算 3万7000円

について。

我が家はまとめ買い派です。

徒歩圏内のスーパーは小さめで品揃えが少なく、値段もちょっと高い・・・

そのため晴れた日に自転車で9か月の娘をおんぶして、ちょっと遠くの安いスーパーに買い出しに行くのですが

遠くまで しょっちゅう買い出しに行く 

(のが面倒くさい) 

手間を省く

ためにまとめ買いをしているのです。

いや いや

面倒くさいだなんてこと ありませんよ・・・

「買い物が面倒くさい」だなんて

そんな

主婦として

あるまじきこと

思うわけ

ないじゃないですか・・・・(@_@;)

たぶん・・・

きっと・・・

思わないんじゃ

ないかな・・・(~_~;)

ということで

よく行く「OKストア」という格安スーパーで

お肉や

P_20171201_163922.jpg

魚介類をまとめ買い。

P_20171201_163116.jpg

3番目の姉にコストコへ連れて行ってもらえるときはコストコで

P_20180531_133927-5a418.jpg

お肉類をまとめ買いしています。

まとめ買い後はほとんど冷凍して

だいたい1か月で食べきってから、次のまとめ買いへ向かいます。

食材を無駄にしないよう、出来る限り冷凍庫と冷蔵庫を空っぽにしてからスーパーへGO!

P_20180531_133017-be5a9.jpg

こちらコストコで購入した

カナダ産三元豚 ロース 100gあたり 68円 (税込)

で作った豚ハム。

P_20180607_144403-377c6.jpg

節約していても、食卓にお肉やお魚が無いのは寂しいので、ここはあまり削っていません。

ただ 牛肉は めったに買わないので

コストコで買ってきた牛ステーキを たま〜に 出したりすると

「なに なに?

なにかあったの!?(゜o゜)」

って必ず夫に驚かれます・・・(笑)

月に1回のまとめ買いでは賄いきれない、牛乳や納豆・卵・野菜・果物を徒歩圏内のスーパーで週に1〜2度くらい買い足しています。

まとめ買いのいいところは、「買い出しの手間が省ける」以外にも

「『嗜好品に誘惑される回数』を減らせる」という点もあると思います。

私の場合は

ついつい

甘い菓子パンや シュークリームや レジ横のお菓子に手が伸びてしまうので

だから やせない・・・・・(;一_一) 

行く回数が少なければ、その分「誘惑される頻度」も減ります〜(^^ゞ

食品の分類別に平均額を出してみると

肉類7000円
魚介類2000円
ハム・ウインナー類1000円
牛乳 4000円
米 2000円
調味料 2000円
卵・納豆・豆腐など 3000円
乾物・缶詰・粉類4000円
野菜・果物4000円
嗜好品 1000円

くらいです。

全て合わせると3万円。

ざっくりした平均なので、調味料をほぼ買わない月もありますし、逆に保存食系を買い過ぎて余る月もあります。

今回平均額を出してみましたが普段は細かい内訳は気にせず

3万7000円に収まればOKという、ゆるい管理です。

ちなみに、我が家はビールはおこづかいから・・・

買い置きがあると、ある分全て飲んでしまうので

飲みたいときにおこづかいで買ってきてもらっています。
(おこづかい万能説・・・(^_^)v)

野菜・果物類が4000円と安めですが

家族や親族がそれぞれ畑で野菜を育てているので

ありがたいことに野菜をいただけることが良くあるのです。

もらえるのは旬の野菜なので、同じ種類がかぶることも多く

1度に大根6本とか、りんご50個とかが我が家に集結したりするのですが

調理してから冷凍保存して、無駄にしないように心がけています。

大根の葉っぱも、お肉と炒めて冷凍!

P_20180601_223516-d5976.jpg

柚子をいただいたときも

P_20171219_093137-7d03a.jpg

ゆず味噌を作ってふろふき大根にのせたり

P_20171219_124648-03d8e.jpg

種をしょう油漬けにしたりして

P_20171219_100008-24c83.jpg

余さず利用♪

「おんぶに抱っこ農園」・・・始動!!

という記事で書いたのですが、最近市民農園もスタートしました。

IMG_20180614_163129_068-6b8f3.jpg

こちらは節約のためというよりは、レジャー目的で始め

私の父にほとんど世話をしてもらっている状態なので

「おんぶに抱っこ農園」というネーミングなのです・・・(^^ゞ

息子と一緒に収穫して、料理を作って楽しんでいます。

IMG_20180614_162755_971-867d8.jpg

「おんぶに抱っこ農園」への初期投資は1万5000円ほどかかりましたが

スーパーの前に寄るとこんなに採れて

180705.JPG

野菜を買わなくて済むことも多いので、将来的には節約にもつながりそうな感じです。

日用品の平均額は、9か月の娘の紙おむつやおしりふき代も込みで3000〜5000円ですが

ドラッグストアで「楽天ポイント」で支払うことで、出費を抑えています。

P_20180522_142016-5c518.jpg

楽天市場で買い物したり、楽天カード(クレジットカード)を利用したり、アンケートに答えたりすることで楽天ポイントを貯めています。

クレジットカードなどについたポイントは、各自自由に使うことにしているので

ポイントもおこづかいの一部・・・

月によって変動がありますが、600〜3000ポイントほど各月ゲットしています。

私のおこづかいは食費と日用品の余りなので、現金では2000〜4000円くらいですが

モニターやアンケートの謝礼、フリマアプリの売り上げもおこづかいにしています(*^_^*)


新しい予算では、それまで月8000円取っていたレジャー費もおこづかいに押し込んだので

「メルカリ」というフリマアプリの売り上げ5000円ちょっとを

年パスを持っている動物園に行く「交通費とおやつ代」にしたり

P_20180414_095322.jpg

多摩美術大学の恩師の奥様のアート展示

"House on the sea" (ハウス オン ザ シー)を見に行く交通費にしたりしました。

P_20180507_121400_HDR.jpg

格安レジャーが出来るところは周りに結構あって

神奈川県の横浜にある「はまぎん こども宇宙科学館」は、

P_20180528_120746-4117b.jpg

入館料

大人 400円
小・中学生 200円
未就学児 無料


ですが

毎週土曜日は小・中・高校生の入館料が無料

です。

家族で行くなら土曜日がお得です〜ヽ(^o^)丿

このときは「横浜銀行」という地方銀行に、子どものお年玉を預けた際にいただいた無料チケットで行ったのですが

P_20180528_135442-7e644.jpg

息子は「惑星ジム」やさまざまな展示物に熱中して、一日中楽しむことができました♪

他にも、家の近くには入場料無料の市営動物園があって

P_20180624_161734.jpg

乗馬はなんと100円!

P_20180624_162414.jpg

簡単なお弁当と、お茶とコーヒーの水筒を持っていけば、家族で楽しい時間を過ごすことができます。


この3万7000円内でのやりくりができるようになったのはここ4か月間のことで

スタートから半年間は予算に慣れなくて

オーバー

オーバー

予算オーバー!\(゜ロ\)(/ロ゜)/

の繰り返しでした。

よ〜うやく 慣れてきたところ という感じです。



水道・光熱費 2万0800円
→ 1万5000円

と目標額を設定した後、どうなったかというと

ここ1年間の平均額は

1万6000円

になりました。

電気・ガス・水道代の内訳など、詳しくはこちらの記事に書いてあります↓

水道光熱費総まとめ2017☆前年との増減は

目標まで1000円届かず・・・ですが

約5000円平均額を下げられたので、いいことにします〜(*^_^*)

具体的には

プロパンガスから都市ガスへ変更工事をしたので、ガス代がガツンと下がったのが効いています。

電気代は東京電力から東京ガスへ変更して

さらに40アンペアから30アンペアへ下げ

東京ガスの少人数世帯向けの安いプランに変更。

水道代は、食器洗いのときやシャワーのときに、出し過ぎないよう気を付けています。

ただ

我が家に遊びにくる息子のお友達に

「トイレ、明かりついているよ〜」

と電気のつけっぱなしを指摘されたり

やはり息子のお友達に

「てるくん(息子)、

そんなにお水を無駄に使っちゃいけないよ。

お水はお金で買っているんだよ」

と私の代わりに息子へ指導していただいたり

家族全体で

まだまだ

エコじゃない堀江家一同でございます・・・(+o+)

もうちょっと頑張らなきゃー!!\(~o~)/

次回は最終日、「息子が小学校に上がって変わった最新の家計簿と今後の見通し」について書きますので、覗きにきていただけたらありがたいです♪

そして普段のブログ

堀江麻衣☆がむしゃらDays

の方も、覗きに来ていただけたら幸いです♪

サンキュボタン押して下さったら、飛び上がって喜びます☆
Dailyサンキュ!さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2018/07/04 10:00
Dailyサンキュ!3日目の本日は、「夫とのおこづかい減額交渉&家計の共有」についてです。

私が専業主婦になったことに伴い、18万5000円も収入が減った我が家。

レジャー費も趣味代も削除しましたが、それでも赤字は必至・・・(~_~;)

残るはおこづかいを減額するしか手立ては無い・・・

ということで、夫と「おこづかい減額交渉」をすることにしました。

これまでも何度も家計について夫と話し合いはしてきていますが

結婚当初は話し合いのたびにケンカになっていました。

「お金のことを話される」=「お給料が少ないと責められている」

という風に感じるそうで

「男にはつまらないプライドがあるんだよ〜。

その小さなプライドが傷つくんだよね」

と以前本人が話していました。

私としてはもちろん責める気なんて全くなくて

「家計の共有」が出来れば、ベクトルを揃えられるという

前向きな気持ちでの話し合いのつもりだったのですが

まぁ 

そんなに明るく楽しく話し合いは出来ていませんでした。

「デリケートな話題である」ということを肝に銘じ

言葉にも気を配りつつ

雑誌サンキュ!の他の家計の実例を見せつつ

話し合いを繰り返してきたら

ここ数年はケンカになることなく、スムーズな話し合いができるようになってきました。

夫の方も話し合いの際、私にいろいろ気を遣ってくれている模様・・・

でも

今回は

「おこづかい減額交渉」

という未知の領域・・・・(゜o゜)

ミッション遂行のために、慎重に動かなくては・・・・

と話し合いを切り出す数時間前からそわそわしていました(笑)

「あとで でいいんだけど

今後の家計表を書きなおしてみたから

相談にのってもらえないかな〜」

と夕食後のリラックスタイムに夫に持ちかけました。

「おこづかい」という言葉は伏せて「家計の相談に乗ってほしい」という切り口です。

いや うすうす 気づかれていたのかも しれないけれど・・・(^^ゞ

家計表を記入したノートを夫に見せながら

暮らしにかかるお金の説明を始めました。

夫婦趣味代 1万円(各5000円)

レジャー費 8000円

を削除しようと思っていると話したら、すんなり同意。

ひとまず ほっ!(*^_^*)

ただし

趣味・レジャー費の合計1万8000円を減らしても

収入から必要経費を引いた残りは

6万5500円

残る項目

食費・日用品・妻小遣い合算 4万3000円
夫小遣い 2万6000円
雑費 2万3000円

を足すと9万2000円・・・

2万6500円足りないので

このままでは

まったく貯金ができないどころか、毎月赤字を避けられない

ということを話しました。

すると

「俺、おこづかい1万円でいいよ」

と夫からあっさり

おこづかい減額OKの言葉が・・・(゜o゜)

ほ・ほんとー!?\(◎o◎)/!

ほんとにー!?

もしかしたら 「2万6000円→1万5000円」くらいまで減額してくれるかもしれないと

内心期待はしていましたが

夫みずから「1万円に」と申し出てくれるとは・・・!

ありがたや!!!\(゜ロ\)(/ロ゜)/

予想外にあっけなく

ミッション・・・・クリアー!!(゜o゜)

その後夫と話し合いをする中で

「麻衣ちゃんの方の

食費・日用品・妻小遣い合算 4万3000円

ってけっこうキツキツだと思うから、下げなくていいんだよ」

と言われましたが、夫にだけおこづかいを下げさせるのは申し訳ないので

私の方も6000円減額して

食費・日用品・妻小遣い合算 3万7000円

にしました。

赤ちゃんのおむつ代もかかるようになるので、やれるかどうかは分からないけれど

とりあえすチャレンジ!

やってみて無理だったら、予算を上げようという話になりました。

そしてこれまでは

雑費 2万3000円

とゆとりを持って設定してきましたが、こちらも1万3000円減らして

雑費 1万円

に減額。

この「雑費」というのは、以前家計相談に乗ってもらったファイナンシャル・プランナーの方のアドバイスで設けたのですが

きっちりした袋分けをせず、家計簿もつけていない我が家にとっては必須の項目です。

冠婚葬祭費(少額のもの)
誕生日プレゼント代
自治会や子供会の集金
夫の職場用作業服と、作業靴代
セルフリフォーム代
美容室代
洋服代
コーヒー豆代
フライパン等の買い換え代
義実家に車を借りるときのガソリン代 

などなど などなど・・・・

み〜んな 

雑費!

です。

子供服はサイズアウトして徐々に着られなくなるし、下着は定期的に新調したい。

フライパンは劣化するので時どき買い換えが必要だけれど「日用品費」で賄うのはキツイ・・・(-"-)

あちこち自分たちで直しながら暮らしているので、セルフリフォーム代もかかるし

夫の仕事用の作業靴は安全第一で、定期的に買い換えが必要・・・

どうしても暮らしにかかってしまうもろもろを、「雑費」としてまとめています。

ただ

美容室代はもっと削れるし

自分の新しい服はおこづかいからへと変えました。

プレゼント代も、見栄をはらずに我々の今の暮らしに見合った額のものを贈ることに。

こうして夫と予算を決めて組み立てた「専業主婦になってからの新しい家計」は

(年払いのものは月割りにして、端数は四捨五入)

収入 21万5000円

支出

住居費 4万円
(住宅ローン・固定資産税)

水道・光熱費 1万5000円

貯蓄型の保険 3万4000円

医療保険 6300円

バイク維持費(ガソリン代込み) 1万円

通信費 5000円

NHK代 約1200円

保育料 2万8000円

医療・予備1万円

食費・日用品・妻小遣い合算 3万7000円

夫小遣い 1万円

レジャー費 0円

夫婦趣味代 0円

雑費 1万円

合計20万6500円

余り 8500円

になりました。

なんとか収まった・・・・!!!

この予算をきっちり守れれば

月々8500円は貯金できるはずです。

年間にしてもたったの10万2000円ですが

プラスの方向に向かっていることには変わりないはず。

貯蓄型の保険 3万4000円

も貯金としてカウントさせてもらえれば、そちらは年間40万8000円なので

合わせて年間51万円はどうにか殖やしていくことが出来る計算です。

でも まぁ

予算をオーバーして、8500円が貯金できない月も当然あるだろうね・・・という話に。

「貯金ができなくとも、赤字は出さない」

ということだけを目標にして、取り組んでみることにしました。

夫の方は

「おこづかいと趣味代合わせて3万1000円」から「1万円」へと自由にできるお金が減って

果たして間に合っているのかというと・・・

なんとか上手いこと回っているようです。

夫のおこづかいはこれまで、基本的にはバイクの部品に消えて行っていたのですが

180704.JPG

現在は溜め込んだ部品をオークションで売って、新たなバイク部品の資金にしているようです。

バイクが好きすぎて

家の中にまでバイクを持ち込んでいた夫・・・  (・_・;)

IMG_20170311_213358_478-55397.jpg

おこづかいが減った今でも趣味をやめることはなく、工夫しながら楽しんでいます。

そればかりかオークションの売り上げで、私たちをよく外食に連れて行ってくれます。

「自分だけお金を自由に使うと、なんだか申し訳ない」

んだそうな・・・(゜o゜)

ありがとう!!

ありがとう 夫!

部品、売れるといいね ! (^_-)-☆

私の方は

最近ようやく

食費・日用品・妻小遣い合算 3万7000円

の予算に慣れてきました。

初めの半年は予算オーバーが続いていましたが、ここ4か月間は予算を守れています。

この予算には私のおこづかいも含まれているので

大好きなB'zのCDを買うには、やりくりを頑張らなくてはならないという・・・

IMG_20180625_130219_968.jpg

B'z 家族の健康 のためなら

出来るだけお惣菜に頼らないで

がんばっておかずを作りますよ!!(^_-)-☆

(ときどき 買うけどね・・・・!)

次回「予算を守るための具体的なやりくり」に続きます。

普段のブログ

堀江麻衣☆がむしゃらDays

の方も、覗きに来ていただけたら幸いです♪

サンキュ!ボタン押して下さったら、飛び上がって喜びます☆
Dailyサンキュ!さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2018/07/03 10:00
Dailyサンキュ!2日目の本日は、専業主婦になった直後の家計と、「まず初めにやったこと」についてです。

第2子妊娠・出産をきっかけに10年以上勤めた学習塾を退職したのですが、それに伴い家計が大きく変化しました。

私が週4日、契約社員として働いていたころの収入は

夫 21万円
私 18万円
子ども手当 1万円

で、手取りで約40万円でした。

それとは別に、私の会社から寸志で年に1度、13万円ほど出ていました。

夫が加入しているのは国民健康保険と国民年金なので、「扶養」というものがなく

私の退職後は夫婦2人分の年金と、家族4人分の国民健康保険料を払うこととなり

私の給与が無くなっただけではなく、夫の給与の手取り額も減りました。

私が専業主婦になった当初の手取り額は

夫 約19万円
私 0円
子ども手当 2万5000円
(娘の分増額)

で、合計21万5000円になりました。

ボーナスや寸志はなく、月々18万5000円の減収です。

もともと18万5000円も毎月貯められていたわけではないので、これまで通りの暮らしをしていたら確実に赤字です(゚Д゚)

まずい・・・

このままだったら

貯金がどんどん減っていってしまう・・・ヽ(゚Д゚)ノ

う〜む

何か手を打たねば・・・(゚ロ゚)

そこで

本日のタイトルの

「まず初めにやったこと」

ですが、それは

「家計の洗い出し」

です。

暮らしにかかっている費用と、削れるところはないかの

チェック チェ〜ック!(☆。☆)

IMG_20180111_071252_282.jpg

そのときの家計を書いてみますと

(年払いのものは月割りにして、端数は四捨五入)

住居費 4万円
(住宅ローン・固定資産税)

水道・光熱費 2万0800円

貯蓄型の保険 3万4000円

医療保険 6300円

バイク維持費(ガソリン代込み) 1万円

通信費 5000円

NHK代 約1200円

保育料 2万8000円

医療・予備1万円

食費・日用品・妻小遣い合算 4万3000円

夫小遣い 2万6000円

レジャー費8000円

夫婦趣味代 1万円(各5000円)

雑費 2万3000円


合計26万5300円なので、このままでは

毎月5万0300円の赤字です。

年間にすると、なんと60万3600円の赤字

こいつは 

いか〜ん!(ノД`)

項目別に、支出を減らせないか見ていきました。

上記の中で減らすのが難しいのは

住居費4万円
NHK1200円
保育料2万8000円
医療・予備1万円

です。

保育料は息子が当時年長だったため、小学校に上がる7ヶ月後には2万円以上減る予定でした。

医療費は、夫が副鼻腔炎の治療を受けているため、毎月一定額がかかります。

次に、できるならば続けたいのは

貯蓄型の保険 3万4000円
医療保険 6300円


です。

こちらは念のため見直しをしましたが、内容を変更したものの、月額は減らしませんでした。

P_20180611_140845.jpg

以前ファイナンシャル・プランナーの方から

「貯蓄型保険の強みは『強制力』です。

家計が本当に厳しい状態になるまでは、どうにか続けたほうがいいと思います。」

とアドバイスを受けたことがあります。

現金で貯金するのが一番ピンチに強いとは思うのですが、現金で貯め続ける難しさも実感しています。

この貯蓄型保険の中には、息子の子ども手当を使って学資保険代わりに掛けている私の生命保険もあり、あと2年で100万円が満期になります。

息子が18歳になるまでおいておけば115万5000円に殖えるというもので、学費に充てる予定です。

将来への備えと子どもの教育費、入院したときのためにも、これらの保険は続けたいところ・・・(´・ω・`)

それから、夫の通勤に必須なのが

バイク維持費(ガソリン代込み) 1万円

交通費は別で支給されないので、電車+バスよりもバイクの方が安く済みます。

続きまして

通信費 5000円

ですが、これまでも見直しを続けてきました。

もっとも〜っと切り詰めれば、夫婦合計で3000円くらいまで落とせるのですが

使い勝手を考えると、今のプランが我が家には合っています。

と、ここまでが減らすのが難しいところ。

減らす余地があるのは、以下の通りです。

水道・光熱費 2万0800円

は年間を通しての平均額なのですが、この値段は我が家にはちょっと高すぎる・・・(´・ω・`)

このころプロパンガスから都市ガスへ変更工事を終えたところだったので、ガス代は下がる見込みでした。

しかし

電気水道代は、そのままでは下がる予定もなく・・・ヽ(゚Д゚)ノ

節水・節電をまったく意識していなかった自分ですが

結婚8年目になって初めて、ようやく水道・光熱費の節約に取りかかることにσ(^_^;

水道・光熱費の目標額を、 1万5000円に設定しました。

お次は、泣く泣く削除した項目・・・(ToT)

夫婦趣味代 1万円(各5000円)

です。

これはおこづかいとは別で、趣味にかかる費用を予算取りしていたものです。

夫の趣味はバイクいじり。

P_20160225_120628.jpg

以前バイク店に勤務していた夫は

「中古のバイクを買って、部品を付け替えたり塗装したりして、自分好みに変える」

という趣味を持っています。

普段はおこづかいの範囲でやっているのですが、高めの部品を買いたいときに

家計を崩さなくて済むよう、月々5000円を専用通帳に入金していました。

この趣味代をカットして、おこづかいの中だけでやってもらうことに。 

私の方の趣味代は、陶芸教室の費用です。

美術大学時代は陶芸を専攻していて、卒業後は近所の陶芸教室で作品を作り

自宅から2時間くらいの場所にある、親の陶芸窯で焼かせてもらっています。

IMG_20170508_134541_633-32113.jpg

窯詰めの様子

180703.JPG

こちらもおこづかいとは別で予算をとっていたのですが

「全前置胎盤」という異常妊娠による安静指示で、昨年は陶芸ができなかったのと

産後は赤ちゃんのお世話で難しくなるだろうという予想で、私の趣味代もカ〜ット!( ̄0 ̄)

再開するなら、こちらもおこづかいの中で支払うことに。

さらに

レジャー費 8000円

も カット カ〜ット!(゚ロ゚)

こちらも

おこづかいの中からってことでー!

と趣味代もレジャー費もおこづかいに押し込みましたが

肝心のおこづかい額も減らさないことには

どうにもならない様子・・・

暮らしにかかるお金はこの時点で

14万9500円 (._.)φ 

収入は21万5000円なので

残っているお金は6万5500円です。

残る項目

食費・日用品・妻小遣い合算 4万3000円
夫小遣い 2万6000円
雑費 2万3000円

を足すと9万2000円・・・

う〜む

あと

2万6500円

足りない・・・!

このままでは

まったく貯金ができないどころか

毎月赤字を

避けられマセン・・・ヽ(゚Д゚)ノ

これは

どうにか支出を減らさなくては・・・・(゚Д゚)

ということで、夫に相談にいきました。

減額出来そうなところを洗い出し、今日の記事1枚目の写真の、ノートに記入。

保険や通信費など減らすのが難しいところは、他のプランも調べて、なぜ減らせないのか理由も明確にしました。

そのノートを持って夫のところへ・・・(゚∀゚)………ススス

次回、「夫とのおこづかいの減額交渉」に続きます。

普段のブログ

堀江麻衣☆がむしゃらDays

の方も、覗きに来ていただけたら幸いです♪

サンキュ!ボタン押してくださったら、とっても嬉しいです(o^^o)
Dailyサンキュ!さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2018/07/02 10:00
今週のDailyサンキュ!を担当させていただきます、堀江麻衣と申します。

こんにちは!(*^_^*)

2016年3月からサンキュ!公式ブロガーに、2017年3月からトップブロガーにしていただきました。

Dailyサンキュ!で書かせていただくのは、今回で3回目になります。



1回目のDailyサンキュ!(下線部をクリックすると、初日に飛びます)

このときは、飲み会代の平均額が月々10万円(!)をゆうに超えていた浪費家夫婦だった私たちが

長男出産とともに家計に危機感を覚えて始めた、やりくりについて書きました。

ちなみに出産前は月々10万円の飲み会代は「浪費」だとは考えていなくて

「必要経費」だと思っていました・・・(^^ゞ

でも子どもが生まれ育児休暇に入ると私の収入が減り

育児にかかるお金がボンボン出ていく中で、さすがに何とかせねばと気が付いたのです。

いろいろ見直しをして格安スマホに変え、月々2万円かかっていた通信費も5000円弱に。

IMG_0577.JPG

今書いているブログも、格安スマホのデザリング機能を使っています。




2回目のDailyサンキュ!(下線部をクリックすると、初日に飛びます)


このときは55uという、一軒家としては狭小住宅の我が家で、いかにスペースを有効活用して暮らすかについて書きました。

IMG_20170519_125203_045~2-cb652.jpg

築21年の中古2階建て、1200万円で購入した小さな我が家ですが、自分たちで壁や塀をとっぱらい、セルフリフォームをしながら暮らしています。

IMG_20171213_171301_654-252cb.jpg

私自身のブログはこちらです↓

堀江麻衣☆がむしゃらDays

普段のブログの方も、覗きに来ていただけたら幸いです♪

*************

Dailyサンキュ!初日の本日は、まず自己紹介を(^○^)

我が家は神奈川県在住で

私 36歳
夫 36歳
息子 6歳(小学1年生)
娘 0歳(9か月)

の4人家族、結婚9年目です。

180702.JPG

夫と私は小学校・中学校の同級生で

この春、我々夫婦の母校に息子は入学しました(^O^)

IMG_20180409_215140_784-f4336.jpg

私は東京都の八王子にある多摩美術大学という美大の「陶コース」出身です。

こちら卒業制作

CIMG0548.JPG

美大入試のころに描いた鉛筆デッサン

P_20170202_094059.jpg

小学生のころからB'zの大ファンで

IMG_20170618_211635_697~2.jpg

私のブログの名前もB'zの曲にインスピレーションを受けて(パクって・・・)付けたものです(゚∀゚)

B’zのMOVEという曲の

「がむしゃらな日々は報われる」

という歌詞と、BAD COMMUNICATIONという曲の

順風満帆days

という歌詞を合体!して「がむしゃらDays」となりました(゚◇゚)

「最近ブログ書いてる?」

と言う代わりに

「どう?がむしゃらってる?」

と夫は聞いてきます。

本当は2日に1度くらい書きたいところなのですが

書きだすとたいてい長くなって、2〜3時間かかってしまうため

だいたい月に10回前後がむしゃらってます(更新してます)。



本日のタイトルは「専業主婦になったわけ」ですが、10年以上勤めていた学習塾を退職し、10か月ほど前に専業主婦になりました。

私の仕事は学習塾で小・中学生に英語と国語を教えることだったのですが

勤務時間は15:30〜22:00なので、帰宅時間は22:30頃でした。

遅いときは家に着くのが、23:00を超えることもありました。

息子は朝9時までに保育園へ行き、夜に私が帰宅するともう眠りの中・・・。

私は週4日間の勤務でしたが、仕事の日は息子と話す時間がほぼ無い状態でした。

息子が4歳になったころから、だんだんと私の不在を寂しがるようになり、勤務時間をどうにかしたいと思うように。

ちょうどそのころ、やってみたい「片付けアドバイザー」の仕事に出会ったこともあり

週4日から週2日に勤務形態変更のお願いを会社(学習塾)へしました。

そのタイミングでの第2子妊娠発覚。

学習塾での仕事を減らしたところだったので

育休を取得するには勤務日数が足りませんでした。

産後2か月ですぐ復帰をするならば産休の取得は可能だったのですが、夫と相談し、退職することとなったのでした。

これが「専業主婦になったわけ」です。


「第2子妊娠」が専業主婦になったきっかけでしたが、娘の出産は自分の想定以上にハードなものでした。

退職後1か月経たずに、私は緊急入院することとなりました。

胎盤が子宮の出口(子宮口)を覆ってしまう「全前置胎盤」との診断を受け、安静のための管理入院です。

そして入院から10日後に出血し、緊急帝王切開での出産となりました。

その際、子宮と胎盤の癒着が見つかり、大量出血を避けるため子宮を全摘出することに。

緊急帝王切開は無事終了しましたが、

娘は9か月(34週と2日)の早産で生まれ、NICU(新生児集中治療室)に1か月半の間、入院していました。

産後1か月ほどは強い貧血でまともに立っていられない状態でしたが、娘に会いに毎日NICUに通っていました。

出産当日のことや入院していた時期のことを書いた記事はこちら。

子宮全摘出:全前置胎盤での出産当日

妊娠・出産についてのカテゴリー

輸血や帝王切開の技術のない時代や、医療の普及していない国に生まれていたら、私も娘も確実に命を落としていました。

現代の日本の医療に救ってもらった命だと思っています。

明日からは私が退職したことにより「手取りが18万円も減収した」ことをメインに、ちょっと数字やら計算やらが多い記事を書いていきますが

「命があるのだから、減収なんて大したことではない」

という思いが、暮らしの核にあります。

18万円減ったところで

家族は元気!ヽ(^o^)丿

ごはんもおいしい!

(妊娠で増加した体重も戻らない・・・)

明日は私が専業主婦になった直後の、赤字必至の家計について書きますので、のぞきに来てくださったら嬉しいです(^^ゞ

サンキュ!ボタン押して下さったら、飛び上がって喜びます☆
Dailyサンキュ!さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ