2013/01/11 09:00
こんにちは!
今週のDailyサンキュ!を担当させていただいています、
ブロガーのゆみっぺと申します。

私が体験した、収納の『プチ困った』解消法をご紹介しています。


第5回クローゼット編
私が体験した衣類収納の『困った』は、
●ハンガーがバラバラで見た目がストレス
●きっちりたたむのが面倒
●色・柄別など美しく並べても戻すのが面倒
の3つでした。

解消法は、
@ハンガーを統一する
A無理してたたまない
Bよく着る服は左(右)へ
の3つです。

我が家には造りつけのクローゼットはありませんので
衣類の収納についてご紹介していきます。

@ハンガーを統一する
以前は、クリーニング店の針金やプラスチックのモノ、
衣料品店の前で「ご自由にお持ちください」
と書かれたリサイクル品などを利用していましたが
どうも統一感がなく、厚みもバラバラでごちゃついていました。
現在は、無印良品のアルミハンガー(お得なまとめ買いを無印週間に購入)と
子供用はニトリのミニハンガーで統一しています。

ゆみっぺ5.jpg
洗濯も収納もこのハンガーです。
夫のスーツは木製のモノ。
ハンガーが揃うだけで、ストレスもかなり軽減されました。

居間の押入に設置した夫と子供の衣類収納です。
0106−3.jpg
収納上手な方からは沢山のツッコミを入れられそうですが(大汗)、
恥を承知で勇気を出してアップしました。開き直り(笑)。
夫の服がとても多いので、季節外のスーツや
私の服(インナー、部屋着以外)は別の場所です。

着替えるときに利用する制汗剤は衣装ケースの上に常備。
押入下段の衣装ケースの上には
ショップの袋を10枚ほど収納していて、
ここに入りきれない分は処分します。

ハンガーを掛けている場所のアップ。
0106-5.jpg
押入の梁を利用して、突っ張り棒を渡し
ハンガーを掛けるポール代わりに利用しています。
掛けすぎないように注意。
ハンガーを統一してとても良かったです。

この収納にして、夫も子供も自分でハンガーにかけてくれるようになりました。

A無理してたたまない
収納本には、「たたむ方が沢山収納できる」とあります。
確かにそうですね。
しかし、私にとって、たたむことは面倒な作業です。
出来ればたたまずに済ませたいのが本音。
西松屋、しまむらは殆どハンガーに掛けられています。
これはたたむよりハンガーの方が効率が良いからでは?!
と思い開き直りました。
衣装持ちの夫の服は、かけるスペースには入りきらないので
しぶしぶたたんでいますが
私の服は、たたまないと型くずれしてしまう服と、
いい加減にたたんでもシワが気にならない
部屋着やインナーのみをたたむことにしました。

0106−2.jpg
台所と玄関に近い部屋に置いているパイプハンガー。
普段はカバーをかけています。
写真で見るとかなりごちゃごちゃしていますね(苦笑)。
良く使うバッグは左、出番の少ないバッグは右です。
左端にかかっている無印のシューズラックにニットなどを
たたんで収納しています。
ワイシャツラックでは、場所を取りすぎてしまうので
シューズラックを購入しました。
細くたためば問題ありません。
マフラーなどはくるくると巻いて突っ込んでいます。

0106−6.jpg
オレンジで囲んでいるのは、ワンピースなど丈の長い服です。
その他、カットソーやパンツなどもハンガーに掛けています。

たたまなくて得られる効果は
シワが出来にくいことと、探しやすいこと、手間が省けることです。
洗濯して、干して、乾いたらそのまま掛ければOK。

オフシーズンの服はたたみますが、
オンシーズンの服はなるべくハンガーに掛けて収納しています。
ちなみに、ここのハンガーも統一してます。
010607.jpg


B良く着る服は左(右)へ
色をグラデーションにして並べると美しいとか
右肩上がりのクローゼット収納とかありますが
私には1週間も続きませんでした。
私の行動パターンは、
先にかかっている服をガーっと右に寄せて、
空いた左側に洗濯から戻った服を引っかける。
外出から帰ってきたときに、1度着ただけででは
洗濯しない服も左側へ引っかける。
と言った具合です。
実に豪快で大雑把。
この「片寄せ収納」を続けているうち、
良く着る服は左側に集まり、
あまり着ていない服は右側に集まるようになりました。
結果、持っている服を見直しやすくなり
「肥やし」になる前に手放しやすくなりました。
これは、面倒くさがりには嬉しい「おまけ」となりました。

Aに載せている、パイプハンガー全景の画像でも
私の服のスペースは、良く着る服は左、出番が少ない服は右に
寄っています。

たたむ服でも言えるのですが
好きな服は良く着るので、たたんだら手前へ。
するとあまり着ていない服は奧へと移動。
本当に着たいのなら奥から引っ張り出してでも
着ますが、不要品ならそのまま。
結果、処分の対象になります。

余談ですが、ベルトの収納はくるくる巻く事すら面倒だと思ってしまいます。
パイプに下げても、金具の重みで落ちてしまうこともしょっちゅう起こっていました。
現在では、夫が利用していた
『ネクタイハンガー』に金具部分を引っかけて収納するスタイルで落ち着いています。
一つのバーに一本だけにすると
使うときにもパッと手に取れます。

0106-4.jpg


衣類の収納は一番の悩みの種です。
お洋服が大好きなので、
季節の始まりには新しい服が欲しくなります。
どうにかして、自分のスペースからはみ出さないように
『入る範囲』でお買い物を楽しんでいます。
結果として、収納スペースは増えず(増やせず)、
お洋服の回転は早い(笑)。
その時期に着たい服を楽しみたい場合、
デザインが古くなる前に
もらい手がいるうちに手放すのも重要になってくると思います。
私はプチプラ服メインなので
もらい手がなくても諦めがつきます。


おわりに
以上、5日間に渡ってご紹介してきました、
私が体験した収納の『プチ困った』解消法でした。
自分自身まだまだ未熟で改良が必要ですが
お付き合いいただきありがとうございました。
『こんな収納法もあるのね〜。』
くらいの気持ちで捉えていただけたら嬉しいです。

生活は日々変化し、その時々でベストな収納も変化します。
これからも、家族の生活スタイルに合った収納法を模索していきたいと思います。

最後になりましたが、Dailyサンキュ!に参加させていただき、貴重な体験ができました。
ありがとうございます♪


ブロガーゆみっぺでした。
Dailyサンキュ!さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2013/01/10 09:00
こんにちは!
今週のDailyサンキュ!を担当させていただいています、
ブロガーのゆみっぺです。

私が体験し、実践している
収納の『プチ困った』の解決法をご紹介しています。


第4回 リビング編

リビングは家族みんなが集まる、家の中心部。
私が体験した『プチ困った』は
ボタン付けなどのちょっとした繕い物をするのにも
大きな裁縫箱を出さないといけなかったり
鍋のねじを締めるだけなのに
工具箱からドライバーを出すのが大変だったり
配線のコードに引っかかって転んだり
子供のおもちゃがカラフルでイライラしたり・・・。

こちらを解決した方法として
@ドライバーや裁縫道具は小さいサイズを用意
A配線は目隠しする
Bおもちゃはカゴに放り込む
の3つです。

1.ドライバーや裁縫道具は小さいサイズを用意
我が家のリビングはほぼ、ダイニングとその隣の和室・子供部屋と兼用です。
ソファなどのある和室への通り道に棚を置き、
リビングで使う細々したモノを収納しています。
ゆみっぺ4.jpg

娘の学習デスクを購入した際、セットになっていた棚を転用しました。

1229−12.jpg
@メモ帖AテープカッターBペンスタンドCクリップボードD文房具を入れた引き出しEミニ裁縫セットFスピーカーGモデム(箱で配線を目隠し)H辞書Iテープ類予備J夫グッズK工具セット

1229−13.jpg
我が家では、パソコンや読書、ミシンかけ、簡単なDIY等もダイニングテーブルで済ませます。
制服のボタン付けなどに大きな裁縫道具を出すのは面倒なので、
セリアで購入した小さな裁縫セットを、
すぐ手に取れる場所に置きました。
また、よく使うドライバーはペンスタンドに立てています。
消しゴムは小さいと奥に入ってしまい
探さないといけなくなるので、
ペンサイズのノック式の消しゴムを利用。
カッターナイフと間違わないように、『消しゴム』とラベルを貼りました。
引き出しの中にはクリップや画鋲、のりなどを入れています。

ヘッド交換式のドライバーを一本、ペンスタンドに置くようになってからおもちゃの修理や部品の取り付け、簡単なDIYなど、
以前は「そのうちやろう」と思っていたことをすぐに行動に移せるようになりました。

2.配線は目隠しする
我が家は構造上、電話線とコンセントが離れた場所に配置してあり、とても不便です。
遠い位置から延長コードで繋いでいるので、ごちゃつくのと躓くのを防ぐために、『木目調モール』を利用して、配線を目隠ししています。
1229-14.jpg
壁にぴたっとくっつければ、躓くことも防げますし、存在も気になりません。
ホームセンターで購入しました。
収納棚の画像にもありますが、モデムは木箱で覆い、配線を隠しています。
ホコリも防ぐことができます。

3.おもちゃはカゴに放り込む
子供のおもちゃは、プラスチック製品が多く、カラフルで刺激的です。
目に付きすぎるとイライラの原因なので、使わないときにはポンポンとカゴに投げ込むようにしています。
おもちゃ収納の王道ですね♪
ダイニングの隣、和室がリビング兼子供部屋です。
1229-15.jpg
ソファの向かいが息子スペースです。
1229-16.jpg
その時々で夢中になっているおもちゃだけを限定して持ち込み
使ったらカゴの中に放り込み収納しています。
おもちゃは沢山持っていますが、全てをリビングに置くと
散らかったときが激しすぎて、収拾がつかなくなってしまいます。
私は片付けが苦手なので、息子と一緒に片付けられる量だけを
リビングに持ち込んで良いことにしています。
プラレールなど広い場所を使うおもちゃは、
寝るときに絶対に片付けないと布団が敷けない事を逆手に取り
寝室で遊ばせる事にしています。
寝る時間になると、自分たちで片付けてくれます。


以上、私が体験し、実践しているリビングの『プチ困った』解決法でした。
次回はクローゼット編をご紹介しようと思います。

最後までお付き合いいただきありがとうございました!
感謝します♪

ゆみっぺでした☆
Dailyサンキュ!さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2013/01/09 00:00

こんにちは。


今週のDailyサンキュ!を担当させていただいています、
ブロガーのゆみっぺです。
収納の『プチ困った』解消法をご紹介しています。


第3回キッチン編
キッチンは、食品や調理道具、食器など多くのモノが集まり
とってもごちゃごちゃしやすい場所です。
火や刃物などを扱う、危険な場所でもあります。


私の経験した『困った』は、
●使いたい道具がすぐに出てこない。
●掃除が面倒。
●調理スペースが確保できない。
といった事でした。
これらを解消した収納法は、以下の3つです。


@モノの量を見直す
Aよく使うモノは手に取りやすいよう出しておく。
B扉の中は取り出しやすく配置する
の3つです。



1.モノの量を見直す
これは、キッチンに限ったことではありませんが、
ごちゃごちゃの一番の原因はモノが多いからです。
モノが少ないと使いたいモノがすぐに見つかり
調理効率も上がります。

ゆみっぺ3.jpg
我が家のキッチン全景です。
おしゃれな空間にはほど遠いですが、
モノの量を見直したことにより、狭いながらも使いやすくなりました。
1227-116.jpg
流し横の赤で囲ったところが唯一の調理スペースです。
ここに、以前は水切りかごを置いていました。
しかし、かごがあることによりまな板がはみ出てしまい、
毎回包丁を使うのが危険でした。
よく考えた結果、吊り戸棚下の水切りラックに
洗った後の食器を並べれば良いのではと思い
調理台に置いていた水切りかごを撤去しました。
とたんに作業スペースが広がり、作業がはかどるようになったのは言うまでもありません。
1227-117.jpg
恥ずかしながら、勇気を出して流しの写真もアップします。
よくある『三角コーナー』も撤去しました。
生ゴミがどんどん溜まってしまい匂いも発生、洗うのも面倒だったからです。
撤去してからは、生ゴミはその都度新聞紙にくるんで、ビニール袋に入れ口をぎゅっと縛れば処理は完了。
匂いの発生もありません。
面倒な掃除・除菌からも解放されました。
何より、流しのスペースが広がりました。

大きなモノは、ひとつなくなるだけで
とても広いスペースが確保できます。
ただでさえ、ごちゃつくキッチン。
存在が邪魔だと思ったら、本当に必要かどうか、
収納グッズなら、中に入っているモノも
本当に使っているモノなのか、
それともただ保存してあって
実は必要ないモノではないのかと
疑いの目を持ってモノと向き合いました


場合によっては、収納も中身も
全て不要で撤去可能なこともあります。
空間のゆとりは、心のゆとりにつながりました。



2.よく使うモノは出しておく

お玉やフライ返し、しゃもじ、菜箸、キッチンばさみなどは
使いたいときにすぐに手に取れるかどうかで
料理の出来にも大きく関わってきます。
それらのモノは、毎日使うモノが殆どなので、
出しっぱなしのゼロアクションで収納しています。
よく使うのでホコリや油汚れが付くヒマもありません。

ただ、色の氾濫を防ぐため、白・黒・茶・シルバー、差し色は黄色
と決めています。
1210-3.jpg
(使い回し画像ですみません。)
よく使うお玉や菜箸、しゃもじ、フライ返しは2つまで、その他のツールは1つだけと決めています。
計量スプーンは、1つで大さじ・小さじ両方計れるもの利用しています。
調理をしながら動かなくて済む位置に配置しました。
炊飯器の後ろにツールスタンドがあります。
良く使う調味料も近くに配置。
1227-18.jpg
ワンタッチで開くボトルにつめかえています。

どれもこれも詰め替えて、ずらりと並べたくなりますが、
詰め替えるには容器とスペースが必要です。
私の場合、使い切れなかったり、
使い切っても新たに買い足さなかったり
気分や家族の好みなどに大きく左右されることが多いので
塩、胡椒、しょうゆ、うまみ調味料、砂糖、コーヒー、麦茶など
超定番品のみ詰め替えています。


3.扉の中は取り出しやすく配置する
収納で重要なことは
取り出しやすく、しまいやすいことです。
扉を閉めたら中は見えないので、ごちゃついても大丈夫、
と、ただポンポンと突っ込んでいては、
次に使いたいときにごちゃごちゃになって
取り出しにくくなってしまいます。

慌ただしく過ごすキッチンの収納は、
取り出しやすさがポイントになってきます。
勇気を出して、我が家のキッチンの扉を
全て開けてアップしてみました。
1227-122.jpg
吊り戸棚の中です。
一番左は、料理本、お盆、卓上IHヒーター。
お盆もヒーターもあまり使わないのでこの位置でOKです。
右側の上段はレジャー用の大きなお弁当箱などと
夫のジャグボトル(滅多に使いません)
下段は手が届くので、乾物、使いかけ(詰め替え待ち)の調味料、粉モノなど。
夫にもわかるようにラベリングして、プラカゴに入れています。


1227-119.jpg
シンク下です。
左から、シーズン中でよく使う土鍋、カセットコンロ、
ホームベーカリー、掃除用具やゴミ袋など。
場所を取る土鍋も、箱に入れると自立し省スペースになります。

1227-120.jpg
流し台、調理スペースの下です。
小さめサイズのコの字ラックを重ね、
蓋を一緒にして圧力鍋、片手鍋、ボウル・ザルを入れています。
その横にはフライパンのフタを引っかけ、
まな板と油切りを立てています。
コンロにも流しにも近い特等席ですので、一番使うモノを。
ザルは漉し器兼用です。


1227-121.jpg
ガスコンロの下です。
扉が向こう側に開いて取り出しやすい右側にはやかん、
扉がこちら側に開いて取り出しにくい左側には
時々使うハンドミキサーとフードプロセッサーを。
ワイヤーラックの上にはたまに使うたこ焼き器、
コーヒーミル、シーズンオフのかき氷器。
ここは比較的取り出しにくい場所なので、
見える範囲のみに収納しています。
見え辛い奧に入れてしまうと、
死蔵品になってしまう恐れがあるので、
あえて奧は開けています。

かき氷器と土鍋・カセットコンロは
季節により入れ替わります。

1227-123.jpg
調理台下の、引き出しの中です。
パン作りに使うはかりや缶切り、スプレー缶の穴開け器
スライサー、ハンディシーラーなど
細長くてちょっと危険なモノなどを入れています。
スカスカなのでパッと手に取ることができます。

1227−114.jpg
食器棚の中です。
以前はもっと多くの食器や、その他のモノがありましたが、
取り出しやすく、管理できる量にまでモノを減らしました。
違う種類を前後に配置する場合は、
手が奥まで入るように上部の空間を広めに確保しています。

調理中は開けっ放しにして、ぱっと手に取れるようにしています。
子供の食器は子供の手が届く位置にあるので(画像右下)
子供自身で用意することができます。
引き戸を閉めてしまえば色もうるさくありません。

引き出しの中にはカトラリー、もう片方にはフキンやエプロン、
薬(画像加工してます)を収納。
見渡せるので取り出しも楽です。

詰め込みすぎず、ゆとりを持たせた収納を心がけています。



このように、日々悪戦苦闘しながら、
自分なりの使いやすいキッチンを目指して、
モノを減らしたり配置したり。

今あるモノを見直し、配置を工夫するだけで、
狭くても使いやすくなり
『プチ困った』もかなり解消されました。
以前よりも作業効率もアップした分、自分の時間もアップ♪


まずは、ごちゃつくモノの見直しからスタートすることをおすすめします☆


次回はリビングについてご紹介します。

長文になりましたが、おつきあいいただきありがとうございました!
ゆみっぺでした。

Dailyサンキュ!さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2013/01/08 09:00
みなさん、こんにちは!

昨日からDaily サンキュ!を担当させていただいています
ブロガーのゆみっぺです!

私が実践している、収納の
プチ『困った!』の解決法をご紹介しています。

プチ『困った』解決収納法

第2回 洗面・脱衣所編

洗面所、脱衣所周辺は、狭く湿気も多いので
油断していたらすぐにカビが発生したり
湿気を持ったホコリがたまって
掃除が大変になったりしやすい場所です。
洗面所ではスキンケアや歯磨きグッズなど
家族のモノが集まってごちゃごちゃに・・・。

そんなプチ『困った』、を解決した収納法は・・・

1.極力モノを置かない。
2.ストックを持たない
3.細かいモノは置き場所を決める。
の3つです。

1.極力モノを置かない。
我が家の脱衣所は畳一畳くらいしかないので、
ごちゃごちゃを避けるために
極力モノを置かないようにしています。
ゆみっぺ2.jpg
脱衣所全景です。
とても狭い空間で
洗濯機を置いたら他には何も置けないのでは!?
と思うほど狭小です。

以前は洗濯機上を利用する2段式のラックを使っていましたが
照明のすぐ下まで高さがあるので暗くなってしまうのと
高いところのモノは取りにくいこと
そして、湿気により置いたモノが傷んでしまう恐れがありました。

収納しているモノについて良く考えてみて
この場所になくても良さそうなモノは
処分したり、別の場所に移動させたりしました。
前回の記事で記載した、
温泉セットを玄関に収納することも
外出時にしか使わないからだけでなく
上記の理由からでもあります。

洗濯機の上には
突っ張り棒を渡し
その上にワイヤーネットをのせて
そこに風呂上がりに使うタオルを置いています。
出しっぱなしでも、数を少なくしているので回転が速く
ホコリが溜まることはありません。
人数×3枚程度です。
小さいお子さんがいらっしゃるご家庭はこの限りではないと思いますが
我が家では子供が歩き始めた頃から
バスタオルはプールの時にしか使っていません。
1226−14.jpg
1226−11.jpg
洗剤類は、柔軟剤を1本だけ出していて、
コンパクトなアタックネオのボトルに詰め替えています。

洗濯機を買い換えたら、
液体洗剤のタンクが組み込まれていて
自動投入する機能が付いていたので
洗剤のボトルは不要になりました。
いずれ柔軟剤入りの洗剤に替えて、
柔軟剤のボトルも撤去するつもりです。

足ふきマットは、毎日取り替えたいけど洗うのが面倒、
場所を取る、という理由から撤去しました。
風呂上がりのきれいな足を拭くのですから、
体を拭くタオルで間に合っています。
どこまでもズボラ、開き直ってます(笑)。

下着類などはこちらにあると便利ですが
とっても狭く、湿気がすぐにこもってしまうので
入浴前に持ってきます。
間取り自体が狭いのであまり面倒とは思いません。

2.ストックを持たない。
シャンプーやボディソープなどのストックは
一切ありません。
置く場所がないので
中身がほぼカラになってから買ってきます。
すぐに詰め替えるので場所がなくても大丈夫です。
もし使い切ってしまっても、薄めたりして(笑)
どうにかしのげるものです。

お子さんが小さかったり、お店が遠かったりすると
買っておかないと不安というご家庭もあるかと思います。
そう言った場合でも、ストックは1つあれば充分だと思います。
安いから、買っておかないと不安だからと何本も買ってしまうと
かえって場所を取り、煩わしくなります。

中身の劣化も気になりますし、
新商品を使ってみたくても
在庫があるから試せない、または在庫があるのに買ってしまい
よけい消費できずにたまってしまうという悪循環に陥ってしまいます。
ストックは1つまで、と決めると
場所も心もゆとりが持てます。

床には洗濯かごや子供の水浴び用として使っている
柔らかいバケツのみ置いています。
1226−12.jpg
面倒くさがりで細かい収納が苦手なので
洗濯ネットはこの中に放り込んであり、
使うときは引っ張り出しています。
使うときに迷わず直感で選べるように
大きいサイズは水色、小さいサイズは白と言う風に
サイズに合わせて色を分けました。

最近は、100円ショップでも
サイズが豊富でカラフルな洗濯ネットが
沢山販売されていますね。
柄物のネットは中身が見えないので
コインランドリーでも役に立ちそうですね♪

3.細かいモノは置き場所を決める
ここからは洗面所です。
洗面所は脱衣所の斜め向かいにあります。
システム洗面台ではないので
入居したときは収納ゼロでした。
複雑な形状を利用し、DIYで棚を設置しました。

家族みんなが朝の身支度をパパッと済ませられるよう
アイテムごとに置き場所を決めました。
1226−15.jpg
@夫の眼鏡
A私の眼鏡
B夫の身支度品
Cカメラ・ケータイ等の充電用品
Dドライヤー、コテ
Eタオル、綿棒、時計
Fコンタクト用品、ヘアスプレー
G散髪セット、ヘアケア用品
Hメイク・スキンケアグッズ
Iコロコロ・ミニほうきちりとり

家では眼鏡→コンタクトに替えて外出→帰宅後は眼鏡
なので眼鏡もこの場所です。

画像には写っていませんが、コップは白で統一しています。

狭いので壁面も利用しています。
1226−17.jpg
@普段使いのアクセサリー類
A娘と私のヘアアクセサリー
Bほうき、クイックルワイパー

帰宅時や入浴時に取り外すアクセサリー類は
ここを指定席にしてからなくさなくなりました。
小さく軽いので、プッシュピンに引っかけています。

ここのに置いてあるモノは、ほぼ全て『ゼロアクション収納』です。
毎日使うモノが殆どですので、素早く手に取れるよう
目隠しなども一切していません。
ただ、色が氾濫しすぎないよう、見える範囲に置くモノは
白・黒・茶・シルバーを購入するよう気をつけています。
(夫がたまに青いモノを買ってきますが・・・。)


今でこそ、そこそこモノが少なく片付いているように見えますが
5年ほど前までは本当にごちゃごちゃして使いづらい場所でした。
夫が独身時代から溜め込んでいた
大量のタオルやいただき物の入浴剤、固まった洗剤など
かなりのモノを心を痛めながら処分しました。
モノの多さにうんざりしながら、自分の片付け能力に見合った量になるまで
必死でモノを減らし、持ち方を見直し、現在に至ります。

使う場所、場面を想像しながら、
散らかる場所に指定席を設けるとうまく回り始めました。
片付けるためだけでなく、次に使うときのための収納です。
ごちゃごちゃしがちな洗面・脱衣所、
まずは持ち物を総点検し、モノの存在を再考してみるとが
『プチ困った』を解消する近道だと思います。



次回はキッチンについてご紹介しようと思います

お付き合いいただきありがとうございました!
ゆみっぺでした☆
Dailyサンキュ!さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2013/01/07 09:00

こんにちは!

このたびデイリーサンキュ!を担当させていただくことになりました、
ブロガーの
ゆみっぺと申します。


1週間、どうぞよろしくお願いします!


5年ほど前から収納や捨てることに目覚め、
昨年、整理収納アドバイザー2級の講座を受講しました。


まだまだ片付けに関しては未熟者ですが
楽で続く整理収納を目指して
日々あーでもない、こーでもないと
試しては失敗を繰り返しています。


達人の皆様の足下にも及びませんが
私なりに考えた収納にお付き合いくださいませ。




私はとてもそそっかしく、そのレベルはサザエさん以上。
忘れっぽく、せっかち、面倒くさがり、そして大雑把。

こんなズボラな私が私が実践している
収納の「プチ困った!」解消法をご紹介しようと思います。




プチ困った解消法 


第1回:玄関先


先述したとおりの私の性格。
外出時に大事なモノを家の奥に忘れて取りに戻る、
なんてことはしょっちゅうです。


そこで実践していることは

@外でしか使わないものは玄関より中には持ち込まない
A小銭やハンコを用意しておく
Bペンを置いておく


の3つです。これからそれを具体的にご紹介していきます。




1.外でしか使わないモノは玄関より中に持ち込まない


これは、帽子や反射たすき、手袋、鍵、レジャーシート、名札、
小学校の保護者ネーム、名札、ポケットティッシュ、ハンカチなどです。



外でしか使わないモノを家の奥に持ち込み、
次に使うときに忘れて、
せっかっくはいた編み上げブーツを脱いで、
また家の中へ戻り取ってくる、
などという手間をかけずにすみます。

ゆみっぺ1.jpg

玄関全景です。

築24年、3DKのアパートです。
近頃流行のシュークロークなどありません。

靴も沢山入る訳ではないので、
増やしすぎないよう注意しています。


帰宅後すぐにモノを投げ出し、
次に使うまでそままほったらかしに
されてしまいがちなモノが沢山あります。

そのようなモノを片付けるため
靴箱の横にカラーボックスを設置し、
個人の外で使うモノを収納しました。
1225−10.jpg
主に、靴箱の『こまごましたモノ』と書いているところに
靴以外のモノを収納をしています。
1225−9.jpg
@反射たすき、夫の細かいモノなど。
Aシャボン玉グッズ
B娘のレインコート
Cレジャーシート
D授業参観用スリッパ
E温泉グッズ(シャンプー、リンスなど)


カラーボックスの上に置いている箱とトレー。
1225−11.jpg
@ポケットティッシュ
A娘のタオルハンカチ
B小学校用ネーム
C夫の携帯置き場
D娘、息子、私の名札
E多色ボールペン
F油性ペン

トレーはニトリ、フタ付きの箱はダイソーのものです。


また、子供の登校用帽子や、幼稚園グッズなどは
家の中で使うことはありません。


小学生なら宿題があるのでランドセルは
自室やリビングなどに持ち込みますが、
幼稚園児に宿題があるところは滅多にありません。


子供達は玄関先に放り投げて家の中に入るので、
その散らかる場所に収納を設置すると、
帰宅してすぐにお弁当箱と水筒、プリントを出して、
鞄は片付けることができます。


カラーボックスの中身です。
1225-9.jpg

上段が夫・私の帽子や手袋、タオルハンカチなど。
中段が娘のバッグや帽子など。
下段が息子の通園カバンや換えのお手ふきタオルなどです。


外出時に必要となる名札やハンカチ、ポケットティッシュ、
エコバッグなども
玄関を指定席にすることで、忘れっぽい私でも
さっと手に取り出かけることができます。
1225-1.jpg
カゴを置いて、その中にカメラやエコバッグを入れています。
靴を履いてから思い出してもすぐ手に取ることができます。



2.人を待たせないために、はんこや小銭は用意しておく
宅配便や町内会費の徴収などで、
はんこや小銭が必要となるときがあります。

インク充填式(シャチハタタイプ)のはんこがあると、
宅配の受け取りや回覧板にポンと押すだけですむので便利です。
100円ショップなどでも販売されていますね♪


我が家の場合、私のフルネームのはんこを作り利用しています。
キャップがいらないタイプで、楽天で1000程度だったと思います。
1225-5.jpg
ストラップが取り付け可能なので、カギの横に下げておけます。


また、小銭を用意することについて。

着払いの宅配は、到着日時の予定や
料金がある程度わかるので準備しておくことが可能ですが
突然の会費の徴収などでは、バタバタと財布を取りに部屋に戻り、
少しの金額なのに小銭がないため、
一万円札を渡して困った顔をされてしまう・・・、
と言うことも起こります。


実際に町内会の当番をしていたときに、
告げた金額をパッと出してくださるご家庭は
とても少なかったのを良く覚えています。


宅配の方や集金の人を待たせないためでなく、
自分の大事な時間をロスしてしまわないためにも、
玄関、あるいは玄関から近い部屋に
小銭を用意しておくことはとても有意義なことだと思います。


幼稚園に通う息子が集金の封筒を持ってきたときも、
小さな金額ならその場で入金し、通園鞄に用意できます。
1225-4.jpg
我が家では、玄関先の、訪問者から死角になる場所に
こちらのコインケースに小銭と千円札数枚を用意しています。


業務用のコインチェッカーは大きく、場所を取りますが、
こちらは家庭向けに作られているのか、小さめで、場所も取りません。
二段式になっていて、上段には小銭
下段にはお札や切手などが入る作りになっています。
セリアで購入しました。

小さなポーチに小銭を入れておくのもいいかと思います。



ただ、防犯上、訪問者からよく見える位置には置かないように注意しましょう。




3.ペンを置いておく
出欠確認だけのプリントや、
必要事項を記入して返送するだけの郵便物なども、
家の奥に持ち込んでは、提出するのを忘れてしまう元になります。


こういう書類はなるべく早く提出・返送したいので、
玄関先ですぐに記入できるように、多色ボールペンを置いています。
(トレイの画像をご覧ください。)

細字の油性ペンも一緒に置くことで、子供の持ち物の
名前が薄くなっている場合でも、すぐに記名できます。

文具を収納している場所が遠い場合、
はさみやカッターナイフもあると便利かと思います。








このように、自分が楽するために考えた、
収納のプチ困った解決法。
少しでも皆様のヒントになれば、とてもうれしく思います。


次回は洗面所・脱衣所についてご紹介したいと思います。




最後までお付き合いいただきありがとうございました。
ゆみっぺでした♪

Dailyサンキュ!さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ