2018/09/14 10:00
☆ご訪問いただきありがとうございます☆

今週の「Dailyサンキュ!」を担当させていただいています。
サンキュブロガー*美晴*です

5日目(最終回)の今日は、「普通の家庭でも☆3000万貯まるコツ」C〜何のために貯めるのか目標を明確にする〜について書こうと思います。
…………………………
さてさて。
学生時代「何のために勉強なんてしなくちゃいけないんだ」と思ったことはないでしょうか?
目標がないとやる気もダウン。。
それは、家計のやりくりについてもあてはまると思います。

逆に言えば、「目標があれば頑張れる!」

IMG_20171023_075322.jpg

貯まり出すとお金を貯めることが目的になってしまったりしますが・・・
心豊かな暮らしのためにも、何のために貯めるのか、目標を明確にすることが大事だと思います。

普段のブログの中でも書いていますが、
私が貯める目的は・・・
@子どもたちを奨学金なしで大学まで行かせるため。
DSC_0255.jpg
A夫の精神的な負担を減らすため。
B将来の老後費用のため。
です
・・・実に堅実(笑)

「将来起業したい」「別荘が欲しい」「毎年海外旅行」・・・のような華やかさはまったくありませんが(笑)、私にとって大切に思っていることです
130627_091521.jpg

人それぞれ、貯める(貯めたい)理由は違うと思いますが、お金は「ただ貯める」ことに意義があるのではなく、「何に遣うために貯めるのか」が大切だと思います。

それぞれに、自分にとって「本当に大切なこと」を意識して貯められると良いですよね
131017_105352.jpg

*まとめ*

人生は長い(はず)です。「今」はまだまだ人生の通過点。これからも続くお金との付き合い方が、よりよいものになっていくよう私自身模索しています。そして、「今」も「将来」も自分らしくハッピーに暮らしていけると良いなと思います
121128_193706.jpg
お読みいただきありがとうございました
Dailyサンキュ!さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2018/09/13 10:00
☆ご訪問いただきありがとうございます☆

今週の「Dailyサンキュ!」を担当させていただいています。
サンキュブロガー*美晴*です

4日目の今日は、「普通の家庭でも☆3000万貯まるコツ」C〜家族を巻き込む〜について書こうと思います。
…………………………
IMG_20170816_160040.jpg
さてさて。
みなさんのご家庭では、誰が家計のやりくりをされていますか?

わが家は私(ママ)です

家計については、節目節目で夫に相談し、了承を得ていますが(だいたい「(面倒だから)任せる」となります。笑)、私の自由にさせてもらっています。
そして「これだけ貯まったよ〜」という報告は年に2回くらいして、夫に安心してもらっています。

よく言われることですが、やはり男性は数字で見せると実感があるようで、「これだけ貯まったよ〜♪」と数字で示し、「いつも仕事頑張ってくれて、節約にも協力的なパパのおかげよね〜♪」と分かりやすく褒めると(笑)協力的になってくれる気がします

FPの資格を取った私が、数年おきにライフプラン表やキャッシュフロー表も作って、75歳くらいまでシミュレーションしています。(もちろん計画通りにはいかないと思いますが、それによって「将来大丈夫!?」という漠然とした不安がなくなりました課題が分かれば、あとは意識して直していくだけです

「お金の家族会議」(子どもたちも入れて)はしていません。子どもたちの年齢がそう高くないし、自分の家にいくらあるか具体的な額は夫婦のみ知っていればいいと思うからです。
ただ、お金の話はタブー視せず、積極的に話しています。「ピアノの月謝は10,000円以上なんだよ。」とか、「こっち買うと、あれは買えないけど良いのかな?」「大きなプレゼントは誕生日とクリスマスだけ。」などなど。
子どもたちなりに家計を気にしているのは十分伝わるし、お金はかけずとも手間をかけて向き合っているので、大きなワガママも言いません。
P8033348.JPG
お年玉なども、わが家はもらった額の1割支給にしています。全部もらえるお友だちもいるようですが、私は「残りの9割は、大学行く費用に貯めるからね。今は渡せないけど、その代り大学の学費は全部出してあげるから。」と言うと、納得してくれます

最近では、残りの1割でやりくりする楽しさにも目覚めた様子。夏祭り用にお小遣いをあげたのですが、「残りは返さなくて良い。」と言ったら、何を買ってどれくらい残すか、すごく考えたようで成長を感じました
180913.JPG
ママ一人で節約を頑張っても、メンバー(家族)みんなの想いや行動がバラバラだと、思ったような成果は出ないですよね。
「来年のスキー旅行代に!」「大学費用に!」「老後の備えに!」などの目標を持ち、家族を巻き込んで節約できると良いと思います

・・・・・・・・・・・・・・・・

5日めの最終回はD〜何のために貯めるのか目標を明確にする〜について書こうと思います。
良かったら、また読んで下さいね
Dailyサンキュ!さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2018/09/12 10:00
☆ご訪問いただきありがとうございます☆

今週の「Dailyサンキュ!」を担当させていただいています。
サンキュブロガー*美晴*です

3日目の今日は、「普通の家庭でも☆3000万貯まるコツ」B〜時間を味方につける〜について書こうと思います。
…………………………
20091124143200.jpg

さてさて。
現代日本は人生80年、90年の長寿社会ですね

今は専業主婦で子どもたちを育てている私。変わり映えのしないような毎日を送っていますが、少しずつ静かに時は経っています。
今はまあまあ余裕のある暮らしをしていても、子どもたちの成長にともない、食費は増える〜、教育費は増える〜・・・
子どもたちが成人すると、今度は結婚だ〜出産だ〜でサポートもしてやりたいし・・・一方で親の介護もあり・・・
60歳で定年退職したら30年間は年金以外の収入はなく・・・。保険料やら医療費は増えるし、リフォームやら介護費用やらで貯蓄を崩す日々・・・

ギャ〜〜〜〜ッと叫びたくなりませんか?こんなのを読むと(笑)


時間は残酷。

とりわけ人生が長くなるほど、哀しいかな、リスクも増えるもの。

でも、安心して下さい(はいてますよ〜。笑)
180912.JPG

定年までに、あと何年ありますか?

時間は、万人に等しく与えられている唯一のもの

時間を味方につければ良いのです

詳しく説明すると・・・毎日たった300円の無駄遣い(「ご褒美ラテ」等)でも、1年間には109,500円!!10年間では約110万円の無駄遣いに。
逆に毎日たった300円の節約でも、10年間では約110万円、30年間では約330万円の貯蓄になるのです
毎日1000円節約したりプチ稼ぎをするだけで、10年間で365万円の貯蓄に。30年間では、なんとっ・・・1095万円の貯蓄に!!

時間を味方につけると、小さなことでもコツコツと行動することで、大きな力になります。
IMG_20180428_130738.jpg
その重要性に気付くのは、早ければ早いほど良いです!
習慣にできるのであれば、今日の1000円は「たった1000円」ではなく「大きな1000円」なのです。

もちろん、今は子どもが小さいからプチ稼ぎも無理・・・という方もいると思います。
でも、大丈夫!その「今」はずっとは続きません。
やがて少しでも働ける日が来ます。
月に3万円のパートでも、30年続ければ1080万円の稼ぎになるのですから。
月に6万円なら、2160万円です。
すごいことだと思いませんか?
小さな努力を侮らずに、時間を味方につけて、大きなパワーに変えましょう
IMG_20180506_135715.jpg
4日めの明日はC〜家族を巻き込む〜について書こうと思います。良かったら、また読んで下さいね
Dailyサンキュ!さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2018/09/11 10:00
☆ご訪問いただきありがとうございます☆

今週の「Dailyサンキュ!」を担当させていただいています。
サンキュブロガー*美晴*です

2日目の今日は、「普通の家庭でも☆3000万貯まるコツ」A〜安くても買わない〜について書こうと思います。
…………………………

さてさて。
今はまだ、夏物一掃セールをしているところもあるかもしれませんが・・・夏物セールで何か買われましたか??
私は、気に入っていたガウチョパンツが半額になっていたので色違いの物を一枚と、大振りのピアス(こちらも半額)を一つ買いました。

実は、今夏自分のために買ったものはそれらプラス、サンダル一足(こちらは定価で)のみ。
そもそも流行のファッションよりトラディッショナルなものが好きなので、シーズンごとにアレコレ買い足すタイプではないのですが、それにしても少ないですよね・・・。
だって、「要らない」んですもん

IMG_20170504_123252.jpg
貯めるためのコツの一つに「安くても買わない」があると思います。

「半額」とか言われると、あれもこれも欲しくなってしまうのは人間の性ですよね。子供服なんかも、ワンコインで買える値段になっていたら、家にある服を確認もせずに「まぁ、一応。」「来年着るかも。」「お得だし。」と買ってしまいがちですよね。
そして、「買って帰ったら、似たものがたくさんあった」「むしろボトムスを買うべきだった」「来年になるとサイズアウト」「来年になると流行りも趣味も変わってお蔵入り」で「結局ゴミ」になる可能性もあります。

値段に惑わされないこと。

冷静に考えて、手持ちのものを確認してから・・・

「5,000円でも10,000円でもそれを買うか?」意識してモノと向き合うといいと思います

他に私が安くても買わないのが、オシャレ家電。(あくまでも私に必要がないからです。)
たとえば、コーヒーメーカーやワッフルメーカー。「あるとオシャレかも〜」だけれど、置き場所や管理、「本当にずっと使う?」を考えると、私は「不要」と判断してしまいます。(毎日使う方や、こまめに洗浄・管理できる方は良いと思います。)

インテリアグッズもほぼ買いません。わが家は室内にグリーンが多く、それだけで充分落ち着くし、チマチマ小さい物を並べると埃も溜まって逆に癒されないからです。(お掃除好きな方は良いと思います。)

100均にも行きますが、購入するものは主にラップやセロハンテープの替え、スライスアーモンドなどの消耗品。ハロウィンやクリスマスなどの置き物などもいくつか買いましたが、よ〜〜〜く吟味して買ったものなので、毎年大事に使い、新たに買い足したりはしません。
131227_071609.jpg
「安いから」と簡単に買わない。
「(本当に)必要だから」で買いたいですよね。

逆に言えば、高くても要るものは要る。

安かろうが高かろうが、要るものは要るし、要らないものはいらない。
180911.JPG
自分の軸をしっかりもって、意識的に買い物すると無駄買いが減るんじゃないかな?と思います
3日めの明日はB〜時間を味方につける〜について書こうと思います。良かったら、また読んで下さいね
Dailyサンキュ!さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2018/09/10 10:00
☆ご訪問いただきありがとうございます☆
今週の「Daily サンキュ!」を担当させていただくことになりました。
サンキュブロガー*美晴*です。

大テーマは、「普通の家庭でも☆3000万貯まるコツ」です

普段はブログに、累計3000万円以上貯めた私が大事にしていることなどを綴っています。
私が『サンキュ!』に出会ったのは、2008年5月号!
それから、いろんな記事を参考にし、家庭生活に取り入れてきました。
ペーペーの主婦だった私が、なんとか一応家庭を切り盛りできるようになったのは、『サンキュ!』のおかげ
「某セレブ主婦雑誌に載るような収入ではなくても、普通の家庭でも、意識することで貯めることはできる」ということをお伝えできると嬉しいです
180910.JPG
…………………………

さて。
本題に入る前に、「はじめまして」の方も多いと思いますので、まずは「自己紹介」をさせていただきます。

ブロガー名:美晴
ともに暮らす家族は夫、娘1人(小学生)、息子1人(未就学児)です実家が遠く、育児サポートが日常的には得られない状態なので、夫はずいぶんイクメンになりました
約9年前に頭金2000万円を貯め、新築一戸建てを購入し、現在は残りの住宅ローンも完済していますそして、現在はまた貯蓄も1000万円を超えました

こう書くと、「高収入?」「共働き?」「実家の援助?」などと思われそうですが、どれも違います。
私は結婚後はほぼ専業主婦でしたし(去年は約1年間パートをしていましたが、昼過ぎに終わるくらいの短時間パートでした)、高収入の家庭でも実家の手厚い援助があるわけでもないですが・・・

工夫や意識することで、貯めることはできます!
DSC_0449.jpg
貯めるためにまず重要だと思っているのが、今日の小テーマでもある・・・

@〜見栄をはらない(身の丈にあった生活をする)〜ということです。

例えば、基本的に私は自分のために切り花は買いません。それは、家計に余裕のあるセレブのすること。私は切り花に払う500円があったら、お肉を買います(笑)もちろん、セレブはお花を買えばいいと思います(そういう暮らしに文句があるわけではありません。余裕があっていいなぁとも思います)。言いたいことは、「自分の家庭はそういうことができる家計なのか?」意識するということです。雑誌やブログを見て憧れたり、コンプレックスを刺激されることもあるでしょうけれど、「あぁ、この方はそうなんだな。でも、私は取り入れられないな。」と冷静にスル―することが大事だと思います。
といっても、私も植物は大好きですだから、家の中で鉢植えを育てたり(何年も目を楽しませてくれています)、庭の花を切って一輪挿しに生けたりすることもあります。それが「身の丈にあった生活をする」ということだと思います。
これからだったら「お月見を楽しむ」だけでも、十分自然を愛でることはできますよね。その際、見栄をはってオシャレな器に・・・新しい置き物も買って・・・団子は何種類も・・・などする必要はないと思います。「一年で一番美しい時期の月を愛でる」本来はそれが重要なことなのですから。
IMG_20171201_161338.jpg
本当に大切なことは、「見栄をはること」ではありません。

家計という器に応じた中身(支出)であれば、こぼれる(支出オーバーする)ことはないと思います。


他にも、見栄をはらないことに関連することでは・・・習い事費をかけすぎないように意識しています。
1507873815353.jpg
周りはいくつも習い事をさせているとしても、わが家はそれぞれ1〜2つ。「(長い目で見て)わが家はそれも払える家計なのか?」「本当にそれを習わせる必要はあるのか?」よく考えることが重要です。「仲良しの子が行くから、なんとなく。」「流行ってるし。」「まぁ今は家計に余裕あるから大丈夫よね?」「子どもは全然やる気ないけど、惰性で・・・」などの習い事は、子どもと相談して断捨離しちゃったら良いと思います(もちろん、身の丈に合っていれば&子どもが辛くなければ、いくつやっても問題ないと思います。)


「見栄をはらない」ということは「本当に大事なことは何か」を意識させてくれます。

・・・そして、貯まる!

貯まったお金は、本当に大事なことに遣えるといいですよね

2日めの明日はA〜安くても買わない〜について書こうと思います。良かったら、また読んで下さいね
Dailyサンキュ!さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ