2018/03/22 10:00
こんにちはヽ(*´∀`)今週デイリーサンキュ!を担当させていただいております、fujiyukaです(°▽°)♩
IMG_2199.JPG
※皆さん、覚えていただけましたでしょうか?
旦那の顔のインパクトが強すぎる説がありますが、似ていると評判です 笑
いつものブログはこちら
↓↓↓↓

本日はC実録・氷の館 と題しまして…
「上から目線」ならぬ「北から目線」で事件をお届けいたします!

読んでいると少し肌寒くなるかも…
温かいマグカップとウルトラライトダウンを用意して閲覧することをおススメしますf^_^;

AA3893DF-AE89-417E-817F-620B7C86B381.jpeg
雪が降った次の日の夜明け。

最近ようやく気温がプラスの日が増えてきました。
うれしい!本当にうれしい*\(^o^)/*

ブログやらInstagramにて
「今日の岩泉はほぼロシア」だの
「今日はほぼ平昌!」だの言ってきましたが、そういう寒さです。

異国の地に思いをはせるのにピッタリ!
…そんなことはない。
オリンピックの時期は謎の一体感がありましたけどね(^◇^;)

私たち家族が住んでいるのは、川沿いの一戸建貸家です。
築年数は不明、断熱材ない疑惑(ほぼ確定)なので、冬の寒さたるや尋常ではございません。

ヒートテックはノーマルタイプをすっとばして極暖からスタート。
灯油の消費も増え、水道を凍らせないための電熱線のため電気量も増え…家計も凍りつく過酷な季節であります。

エアコン??

ないでーーーーす。・゜・(ノД`)・゜・。

こちら北国は薪ストーブがあれば最強なんですけど、いかんせん貸家。
180322.JPG
※実家の薪ストーブ。あったかいし、煮炊きもできるし、頑張れば上でパンもトーストできちゃう最強アイテム。

ファンヒーター2台と反射式ストーブ1台を使って暖を取っています。

台所なんてそのものが冷凍庫のような空間に。
凍らせないために冷蔵庫に入れる、なんてことが普通にあります。
※使い方がちょっとおかしい

パン生地とか、室温で何分発酵、とかレシピにあるじゃないですか。

待てども待てども発酵しません 笑。
イースト菌も休業しますわね、そりゃ。

室温に戻す、だと?
凍ってますよ??

水道も電熱線を巻いていれば凍らないかといえばそうではなく…
蛇口とか出口のあたりが凍ります。
結局元栓から締めるのが定番です。
そして蛇口にタオルを巻き巻き…

まぁ、室内の気温がマイナスですからね。

想定外のものが凍っていきます。

お部屋の芳香剤 ビーズタイプ
29D838F6-656F-4B31-B456-0C5FB4979C0D.jpegビーズが凍って、振るとカラカラ音がします。

D9958D80-0549-4E17-9168-0D5D6BFDFB0D.jpeg
消臭力もこの通り!!!
♩凍ー結ー中ーーーー!!!

そんなんだから息子のおしりふきだってガッツリ凍っちゃうわけです(;_;)
※こたつの中で解凍

冬将軍 常駐。
エルサ 大暴れ。

心から春が待ち遠しいです。゚(゚´Д`゚)゚。

引っ越したらいいじゃーん?
あなた、そう思いましたね??

わが町の賃貸事情はそう簡単には行きません。
そもそも不動産屋がありません 笑。
有名な検索サイトではことごとく「岩泉町 0件」と出てきます。

人と人とのつながりで貸してもらうスタイルなんですよね。
あの人の貸家が空いてるみたいだから行ってみよう!みたいな。
いきなり大家さんと交渉になります(*^o^*)

空家はあるけど貸しているとは限らないですし。
貸してくれるけど、大家さんの仏壇が置いてあることもあります。

庭付き一戸建 仏壇付き 笑。

遠くに住んでいる大家さんが、お盆の時だけ拝みにくる!とかそんな感じです。

実際我が家の仏壇と大家さんの仏壇が並んであるおうちもあるようです。
毎日一緒にお供えしてるんだとか…
それはそれで、各家のご先祖さまも寂しくなさそうでいい気はします(°▽°)

そもそも台風10号で被害を受け、物件自体が減っているというのも事実。
こんな田舎でも、実は賃貸激戦区。
家があるだけありがたい、そう言い聞かせています。
AFFFFC9E-8609-4D93-B287-571B2F5EE370.jpeg
おそらく次の冬も、エルサをお迎えしなければならないでしょうなぁ((((;゚Д゚)))))))

さぁ、いよいよ明日は最終日!
D主婦は見た!台所の事件簿 と題しまして、謎の食材との対峙をお届けします。

お付き合いいただけると嬉しいです♡

んでぇば、この辺でヽ(*´∀`)

んだな(°▽°)と思ったらポチっとお願いします♡励みになりまーす♩
Dailyサンキュ!さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2018/01/05 10:00
今日もご訪問頂きまして、有難うございます。


1/1〜5まで、Dailyサンキュ!を担当させて頂いています

サンキュ!トップブロガーの野口ゆかと申します。

ブログは、こちら↓

野口家のおうちごはん

引き続き、宜しくお願い致します。

Dailyサンキュ!最終日の今日は、

今年の一文字を考える時間

について、綴りたいと思います。



野口家の初詣は、親族みんなで神社に参拝します。
毎年とても寒い日で、寒い寒いと言いながらも長蛇の列に並び、
お参りします。
180105.JPG
大勢の人で賑わっている中、
夫と義弟が走り回る子供達を追い掛け回す、
その光景を写真に撮る。笑
IMG_5142.JPG
毎年賑やかな初詣になります。


そして、
年末、年始と夫の実家と私の実家で過ごすときが過ぎ、
わが家へと戻ると、いよいよお正月休みが終わる頃、

家族で今年の一文字を考える時間をほんの少し取ります。

家族みんな同じ目標をまず一つ。

そして、それぞれの今年の目標を一つずつ。

昨年の私の一文字は、

「作」

趣味だった料理をもっと上手になりたい、
そのためにたくさん学び、たくさん料理を作ろう。

そんな思いで考えた一文字でした。


そして、今年の一文字は、

「開」

私の夢は、小さなわが家で小さな料理教室を開くこと。

昨年末、ご縁あって料理教室を開くことができました。
お越し下さった方々から、たくさんの温かいお言葉を頂きました。

あ〜やっぱり好きだ!
もっともっとよりよいものに作り上げていきたい!

そう思い、感じました。


「野口家のふだんごはん会〜暮らしのレシピ〜」
IMG_8667.JPG
小さなおうちで、少しずつ少しずつ、会を開いていきたい。


子供達それぞれの今年の一文字も決まったところで、

さて、そろそろ冬休みの課題を最後まで仕上げようか・・・

というのが、毎年変わらない暮らしの流れのようです。笑


まだ、お正月休みが体から抜けないけれど・・・、
子供達とのおうちご飯は、どうしようか・・・、

そんな時は、ホットプレートごはんもいいですよ。

マカロニグラタン
IMG_0456.JPG
IMG_0462.JPG

皿うどん
image-d7e08.jpeg

焼きそば
image-69321.jpeg

ブリ焼き塩ネギダレがけ
IMG_3592.JPG

鶏胸肉のピカタ
IMG_8904.JPG

子供達とワイワイ楽しんで作れるのもいいですね。




「明日はどんな主婦になろう」

サンキュ!が掲げるこの言葉が大好きです。

さあ、今年は、どんな主婦になろう!!

家族みんなが元気で過ごせるように。

子供達を見守り、支えることが出来るように。

子供達との今を大切に過ごせるように。
そして、自分自身のことも
楽しんで頑張りたいと思います。





今年もたくさんの人との出会いがありますように。

Dailyサンキュ!5日間、お付き合いいただきまして
有難うございました。


そして、今回
Dailyサンキュ!にて私自身のことを綴らせて頂いたこと、
機会を下さった口コミサンキュ!編集部の方々、
本当に有難うございました。



皆様、今年もどうぞよろしくお願いいたします。  野口 ゆか
Dailyサンキュ!さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2018/01/04 10:00
今日もご訪問頂きまして、有難うございます。

1/1〜5まで、Dailyサンキュ!を担当させて頂いています

サンキュ!トップブロガーの野口ゆかと申します。

ブログは、こちら↓

野口家のおうちご飯



さて、本日はDailyサンキュ!4日目です。
引き続き、宜しくお願い致します。


今日は、

私の父母の暮らしの中にある冬の台所仕事

について、綴りたいと思います。



私の父は、私の帰省するころに合わせて
いつも立派なお魚を用意してくれています。
IMG_0403.JPG

大きな魚をあっという間にちゃちゃっと捌いていく。
IMG_0405.JPG
捌いてもまだ身がピクピクするぐらい新鮮なお魚です。
IMG_0408.JPG

お魚が弱らないように冷たい台所で冷たいお水で。
冬の台所仕事は、厳しい。
父母と一緒に台所に立つようになって、知ること。
感謝しかありません。
180104.JPG

冷えた体をこたつで温める。

九州男児の父も孫にはかなわない。
IMG_9773.JPG
母と台所に立つのは、娘も同じ。

母の得意料理を一緒に作る。
IMG_5236.JPG


お魚の美味しい季節だからこそ作り置く保存食。
IMG_5243.JPG

実家にいるころには当たり前のように思っていた
父母の暮らしの中にある冬の台所仕事。
IMG_5238.JPG

IMG_5240.JPG


私は、実家を離れてからやってみたいと思うようになった。
今なお、修行中です。笑

冷たい風の吹くこの季節に作ると美味しい一夜干しやみりん干しも。
IMG_9784.JPG

この時期にたくさん干して、冷凍保存しておく。
味付け、干しかげんを自分好みに出来るから、
やっぱり自家製が美味しいと思う。



実家から家に戻る頃、
「無理せんごとね」
母の書いた一言とクール便で魚の保存食が届きます。

これがあるから、ゆっくりとおうちご飯作りのスタートがきれる。

具だくさんの汁物を用意すれば、
あとは鯵のみりん干しを焼くだけ。
一汁一菜の献立だって、贅沢なご馳走に感じる。
IMG_9760.JPG
子供達もおじいちゃんの魚だ!って喜んで食べてくれる。
わが家の冬の食卓の定番献立。


感謝の気持ちを忘れずに今年も頑張ろうと思える。


いつの日か
私が引き継いでいけるようにもっともっと頑張ろう。





最後までご覧いただき、有難うございました。


実家から戻ると、お正月休みも終わりを感じるころ。

Dailyサンキュ!最終日の明日は、

わが家の

今年の一文字を考える時間

について綴ります。

またどうぞよろしくお願い致します。
Dailyサンキュ!さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2018/01/03 10:00
今日もご訪問頂きまして、有難うございます。


1/1〜5まで、Dailyサンキュ!を担当させて頂いています

サンキュ!トップブロガーの野口ゆかと申します。

ブログは、こちら↓

野口家のおうちご飯

引き続き、宜しくお願い致します。



Dailyサンキュ!3日目の今日は、

野口家の2種類のお雑煮の話

を綴りたいと思います。


新年を迎え、毎年1日は、夫の実家で新年会が恒例です。

まず朝にいただくのが、福茶。
そして、おせち。
P1090427.JPG

とお雑煮は、
IMG_9699.JPG
ぜんざいです。

夫と結婚して、実家にて初めてお雑煮を頂いたときは、
とても驚きました。

私が知っているものとは、違っていたから。

お義父さんが、鳥取県産まれということで
お雑煮はぜんざい。
住むところによって
出汁、お味噌、具材・・・、違いがあることは
知っていましたが、
ぜんざいとは驚いたことを覚えています。

でも、私も子供達もみんな大好き!
毎年楽しみにしています。

これを毎年同じお椀でいただく。
祖母が使っていたものからお義母さんが買い足したものまで
歴史を感じる素敵なお椀。
IMG_9681.JPG

IMG_9687.JPG

大切に大切に使われていて、
見ているだけで心が休まる。


ちなみに私の実家のお雑煮は、お魚のあらを使ったもの。
お魚の出汁に晩のお鍋で残ったお野菜を入れて、
あとは紅白かまぼこ。
網の上で焼いた焼きもちを入れる。
180103.JPG
華やかではないけれど、うちらしい。





どちらも野口家定番のお雑煮。


特別どこかへ出かけるわけではないけれど、
夫の実家と私の実家と、
この2種類のお雑煮をもって、
今年も良い年でありますようにと
お正月をお祝いする。


これがやっぱりわが家らしい。






最後までご覧いただき、有難うございました。


明日のDailyサンキュ!では、私の実家

父母の暮らしの中にある冬の台所仕事

を綴ります。

またどうぞ、よろしくお願いいたします。 野口 ゆか

Dailyサンキュ!さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2018/01/02 10:00
今日もご訪問頂きまして、有難うございます。

1/1〜5まで、Dailyサンキュ!を担当させて頂いています

サンキュ!トップブロガーの野口ゆかと申します。

ブログは、こちら↓

野口家のおうちご飯

引き続き、宜しくお願い致します。


Dailyサンキュ!二日目の今日は、

お義母さんの作るおせち作りの

段取り

について綴らせて頂きます。


野口家のおせちは、毎年、お義母さんのお手製です。
180102.JPG

季節の行事ごとを大切にしているお義母さんの暮らしぶりには、
まねたいことがたっくさん!

おせち作りもその一つ。

慌ただしい年の瀬に
おせち作りを余裕を持って仕上げるため
一番重要なことは、


おせち作りの段取り


長年おせち作りを続けているお義母さんを
見ていると、そう思うのです。


お義母さんのお正月メモ
IMG_9700.JPG



@ メニュー決めと使う食材
買うもの、作るもののメニューを決める。

・ 数の子・・・味付きを買う
・ 煮物・・・牛蒡、人参、里芋、ハス、こんにゃく、昆布、竹の子
・ 黒豆
・ 小豆
・ 焼き物・・・紅魚
・ 肉巻き・・・牛肉、牛蒡、人参、魚
・ 鶏もも肉の照焼き
・ 田作り
・ 酢の物・・・カブ、人参、大根、サーモン、柚子、たたき牛蒡、酢レンコン


A 仕入れの時期
仕入れる場所や時期の確認をする。

12月初旬  北海道展にて黒豆、小豆、乾物類

12月中旬  根菜類
↓        その他の野菜
12月30日  肉類、かまぼこ

12月31日  魚(事前に注文)

こうしてみると
おせちの準備は、12月初旬から
始まっています。

毎年、この時期に百貨店で開かれる北海道展にて
黒豆、小豆や乾物類をそろえる。
IMG_9695.JPG
豆類は、こうして紙袋に移し変えて使う日まで保存すると
良いそうです。


B 作る日程決め
だいたいのスケジュールの目安を立てる。
・ 12月20日 
 酢の物類
 
       
・ 12月30日
 黒豆
 煮物
 鶏ハム                  


・ 12月31日 
 焼き物
 雑煮の下準備
 
お義母さんは、だいたい30,31日の二日間で
いっきに仕上げる。

1週間ぐらいかけて日持ちするものから作り置くのも一つの手。
煮返したり保存したりする手間を省くために短期間で
いっきに仕上げるのも一つの手。

お義母さんは言います。
自身の暮らしに合わせるといいのだと。


Cお正月器の準備

お正月に使う器類もいつも準備されています。
IMG_9677.JPG
これは、ほんの一部。
お義母さんが選ぶ器は、
いつもとても素敵で目が離せないんです。笑

器一つ一つに思い入れがあり、その話を伺うのも好きな時間。


こうして毎年、親族が次から次へと集まってくる中でも
ゆっくりとした時間の流れを感じられる。
それは、やっぱりお義母さんのおかげ。


私の今は、こうして観察しお手伝いしてメモを取り、
お義母さんのまねごとから始める。

いずれは、私が引き継いでいけるようにと
そう、思っています。




最後までご覧いただき、有難うございました。


明日は、野口家の2種類のお雑煮の話を
綴らせて頂きます。

またどうぞよろしくお願いいたします。  野口 ゆか
Dailyサンキュ!さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ