2019/03/13 10:00
みなさんこんにちは、公式ブロガーのいちごめぐみるくです。

↓いつものブログはこちら↓
https://39.benesse.ne.jp/blog/2239/

このたびDailyサンキュ!を担当させていただくこととなりました。
3日目の今日は消費税を知ろうです。

私たちサンキュ!読者にとって一番身近な税金が消費税ではないでしょうか。
10月1日より消費税率が8%から10%に引上げられるのはみなさんご存じかと思われます。
そもそも消費税ってどんな税なのでしょうか?
190313.jpg
●消費税は、商品・製品の販売やサービスの提供などの取引に対して、広く公平に課税されますが、生産、流通などの各取引段階で二重三重に税がかかることのないよう、税が累積しない仕組みが採られています。
●商品などの価格に上乗せされた消費税と地方消費税分は、最終的に消費者が負担し、納税義務者である事業者が納めます。
●消費税(6.3%)が課税される取引には、併せて地方消費税(1.7%)も課税されます。

またまたややこしくてスミマセン。
普段、私たちが買い物をするうえで、消費税はほぼほぼ掛かると思っていいと思います。

なので政府は
@酒類・外食を除く飲食料品
A週2回以上発行される新聞で定期講読契約に基づくもの
には消費税率を8%に据え置く軽減税率制度を10月1日の消費税率の引上げと同時に実施することにしたのです。
20190302_231009.jpg
そこで気になってくるのが大きい買い物。
なかでもサンキュ!読者にとって最も関心の高い買い物が住宅購入ではないでしょうか。

冒頭にほぼほぼ掛かるといった消費税ですが、消費税の性格や社会政策的な配慮などから非課税になる取引もあります。

住宅購入に焦点をあてると
◯消費税かかるもの
建物の購入費用
住宅の外構費用
事務手数料
仲介手数料
専門家への支払報酬
(司法書士・土地家屋調査士など)
その他諸費用

◯消費税かからないもの
土地の購入費用
契約書の印紙代
火災保険料
団体信用生命保険料
登録免許税
不動産取得税

*もう土地も購入してあるし建物、外構と消費税が掛かるなら増税前に契約しようかな?
*新築には拘らないし、中古物件なら売主が個人であれば消費税関係ないからゆっくり探そう!
*私は絶対に新築がいい!でもオリンピック前で資材が高騰しており、とてもいまは手の出せない価格。増税は仕方ないオリンピック終わるまで待とう!
*えー!10%とか無理無理。8%のうちに買っておきたい。

と感じ方は様々だと思います。

そこで大切になるのは人生で一番の大きな買い物をするということです。

人生で2度、家を買っている私からすれば
『あっ!ちょっとここ気になるけど、まっいっか!』
と流れに身を任せることは止めておいた方がいいです。
後々ずっと気になります!
私は20年気になってましたよ(笑)
なので新居探しは納得のいくまで行いました。
たとえ妥協があっても、納得に変えられる物件に巡り会うまで探しました。

消費税増税後、住宅ローン減税も受けられる期間を3年延ばし、現行の10年から13年とする方向にもなるようです。

これらすべてを慎重に検討し、サンキュ!読者のみなさんが素敵なマイホームを持たれることを願っています。

そしてこの記事が少しでもみなさんのお役に立てれば嬉しい限りです。

これらはすべて個人の見解です。
詳細やお尋ねは最寄りの税務署へご相談下さいね。
Dailyサンキュ!さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ