2019/06/14 17:29
1998CAM_2019_06_13_13_07_37_FN.jpg




ライトグレーの一日

雨模様になるのかな



夕方から

雨粒が落ちてきた


きょうは朝から

お米の紙袋から

おおきめの蓋つきの硝子瓶へ

お米をいれかえて

いつもの定位置におく


1998CAM_2019_06_03_19_44_41_FN-6aea0.jpg



明るい夕方であれば

この時間は草木のシルエットが

台所横のパントリーのましろのドアーに投影されるのだけど

きょうは薄暗い



雨の日の金曜日の夜になる前に

無印良品の

しろくてころころしたかたちの

キャンドルいれに火を灯して

やさしいひかりをみていたいなと思う



1998CAM_2019_05_31_18_03_54_FN-738dd.jpg



かわいいおはなは

どんどん姿を変えながらも

とても繊細でうつくしい



1998CAM_2019_06_07_12_11_27_FN.jpg



枯れて色あせ

その時間までもまた

たいせつにゆっくりと眺めてゆきたい



1998CAM_2019_06_13_13_08_33_FN.jpg



レースのように繊細で

毎日見ていて飽きない子達だった


もうじき

終わりのときがやってくる


その最後の時間がやってくるまで

きょうもしずかに同じときを

わたしと過ごしてくれている



1998CAM_2019_06_13_13_10_28_FN.jpg



すきなほんを立てかけてみた


ダイソーの細くて高めのブックスタンドが

綺麗に本を立てかけるのに丁度よかった


秋冬に敷いていたイブルは

しまう予定だったのだけど


ふたつおりや

よつおりにしていると

けっこうこどもたちが

ごろごろとくつろいでいるので

そっとそのままにしている


1998CAM_2019_06_13_13_12_14_FN.jpg



ひだりの木箱

無印良品のもの


このなかはこどもたちの文房具が

ざっくりとはいっている



1998CAM_2019_06_05_15_44_55_FN.jpg



眠るまえ

やさしいひかりのなか

ほんや植物

木箱がやさしい光のなか浮かびあがる



1998CAM_2019_06_05_15_47_11_FN.jpg



酒井駒子さんの森ノート

樋口愉美子さんの刺繍のほん


表紙もすきだし

なんども手にとって眺めるのがとてもすき


あたたかなハーブティーを静かに用意して

みんな寝静まったあとの

テーブルのすみっこのほうに腰かけて

そっと本のページをめくっていく



ハーブティーの湯気でふわりと

顔をつつみこまれると

ほっとするのだった



1998CAM_2019_06_13_13_06_51_FN.jpg



台所横の勝手口をあけると

モッコウバラの緑に覆われている


夜を迎えるまえに

ここからいつも

光や空のようすを眺める


1998CAM_2019_06_03_19_51_13_FN-1d1fa.jpg



無印週間のまえに

かってきてしまったもの



タオルかけ

素朴でシンプル



手拭ふきんは

無印の大判ふきん



2枚一組



1998CAM_2019_06_13_13_05_40_FN.jpg



それから

マサラチャイも 。〇




きょうも

いろいろあって

たんたんと時間が流れていて




しっとりとした金曜日に


藤原絵美子さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)