2017/04/15 11:01
IMG_6947.JPG


ここゆきさんのブログで終活についてかいてましたね。
実はわたしも終活最近気になってて。
エンディングノートはコクヨにしようと思ってたところです。
というのは
後藤由紀子さんの本にかいてたから。
単にそれだけの理由。
検索してみるとどうやら書きやすいみたい。
あと他に比べると安いとか。

死をリアルに考えたのは
そらお妊娠してすぐ(あれ、にこだったかな)
乳がん検診無料でしてもらえるというので
いってみると
エコーが長い、、、
絶対なんかあるなと思って
細胞?をちょっととって(このへんあいまい)
1週間くらい結果を待ったときがあって
結果はなんでもなかったんだけど、、
それを言われたときは
やっぱり
死ぬかも
とか
あかちゃんどうしよう、とか
不安が、、
仕事中のオガに電話してたら泣いてしまって
急いできてくれたな
とか思い出すとちょっと涙がでてきた。
1週間の結果待ちはほんと長かった。

そのときに意識したわけではないんだけど、
昔からずっと思ってるのは
いつ死ぬかわからないから
死んだときに困らないようにしたい
てこと。
手帳にはずかしいことをかかない、
とか。
(実際勢いのままにかいてしまってるときもあるからよんではずかしかったり
残って欲しくないものは捨ててます)
あとはやっぱりできるだけものはコンパクトにしたい。
昨日NHKでかばんやさんに密着してる番組があって
60代後半の女性が
そろそろ終活で
ものをそれぞれ3こくらいにしたい、
だからバッグも3こくらいでいい、
みたいに言ってるのを聞いて。
わたしも必要なものだけにしたい部分はあります。
うちは
わたしの母親が物を捨てれない人で
家が散らかってるのをずっとみてる
っていうのもあって
反面教師的なかんじかな。
だからものは増やしたくない。
残された人が困らないようにしたい。
オガ実家は
土地が広く
昔コロッケとか作ってたみたいで機械とかこうば?もあるのかな
家も2軒あるし
蔵もある
長屋もある
物も多い。
オガはそこで育ってるからいいんだけど
にこそらはそこに住むかわからないし
将来わたしたちは実家に戻ったとしても
こうばとか
いろんな荷物とかは
自分たちが死ぬまでにはなんとかしないと、
とは思っています。
わたしの実家も
わたしは戻ることはないし
姉も戻らないかなぁ。
なので両親にはできるだけものは減らしてって言ってます。
今住んでる家もわかりやすくしたいし
両家の家のこともいろいろでてくる終活問題。
思ったことかいてたら長くなってしまった。

写真は今月あたまに菜の花のとこで撮った家族写真。
ここ1、2年
太ったし写真にうつるのが嫌でさけてて、
この写真もまさにピーク時なんだけど、、
(だけど載せるっていう、、)
でも家族写真撮りたい。
わたしも写真に写りたい。
だから痩せたいってのもあります。笑
(昨日のブログ)







madochiさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ