2012/02/02 10:34




2月2日はシャンドルールの日ということで、
子ども達のお弁当のデザートにクレープを入れようかな、

なんて思って1日早くクレープを焼きました。



小学生の頃、お菓子作りに憧れた私でしたが
オーブンはなく、材料は限られたものしか使えない中で

クレープは作ることができるもののひとつでした


当時はまだ珍しかったのでよく

「フランスのお菓子です」「表面のちりちりとした焼き目模様から名前がついています」

って説明がついていました






小さいフライパンで焼いて
何枚か焼けたら、間にラップを挟んで重ねて冷凍して

当時、我が家には電子レンジもなかったけれど
一枚はがしてフライパンで温めれば、薄いので簡単に解凍できました。


挟むものはいちごジャムぐらいしかなかったけれど楽しかった。


実際、当時紹介されていたのの多くはジャムを挟むとか
お酒を振りかけたクレープシュゼットで
見た目は地味と言うか、素朴なものが多かった



そのうち、原宿クレープのような
生クリーム・チョコ・バナナみたいな華やかなクレープが日本に現れて
シンプルなクレープなんて地味でだれも興味なさそうになってしまったし


クレープをフランスのお菓子だとかってことも
表面のちりちり模様も消えてしまった




そして大人になりフランスの文化に興味が出て
そば粉の入った、「ガレット」を本場で食べることに憧れたりして


旅行に行ったときにそれは叶わなかったけれど
パリの街角でクレープを買った

シュクレ・エ・ブール


砂糖とバターだけ、これが感動的な美味しさでした。

シンプルな食べ方がクレープの本来の「皮の美味しさを味わう」のに最高なのだと体感した出来事でした



華やかなクレープも、ボリュームたっぷりのガレットも好きだけれど
あの日以来、素朴なクレープの良さを再確認した気がします。



そして今は自家製ジャムやママレードで食べている

なんだか、この歳になって、
あの小学生の頃の私のクレープにぐるーっと回って繋がった

そんな感じがしているのです








鬼柚子ママレードを挟んで食べて
そんな一連のことをいろいろ思い出しました









さて、以前の記事に書いた、シャンドルールの占いの謎
グレーテルのかまどのレシピで改めて作りましたが、
やっぱりクレープってフライパンにくっついたのを剥がすようにして裏返すものであることは間違ってない(笑)と確認できました。

しかし、放送では、片面焼いた後に
フライパンを振ってひっくり返しているように見える断片的な画像が多かったので
残念ながらあまり謎は解明されず・・・


ヘラで縁を剥がしている映像も流れたのし
同じクレープを何度もひっくり返したりもしていたので



生地を流して片面焼く
 ↓
両手で剥がしてひっくり返す
 ↓
コインを持って占い開始





このやり方なら私もひっくり返すこと出来ました^^



ちょっとギモンを残しながらこれで納得することにしましたが

本当のところ、まだ知りたいです(^u^)















ママーリオさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(2)
★えりさん★

こんにちは。

そうなんです〜、私のようにほぼ毎日更新していると
「あれっ?」と思いますよね。
病気ではないのでネットは使えなくても書きたいことはたくさんあって書いていた(笑)ので
その日その日の日付にまとめてアップしましたので
お時間あったらお付き合いください。


当時にシュガーバターのクレープ売っているなんて
けっこう粋なクレープ屋さんですね。
素敵な思い出ですね♪

そうそう、私も子供のころ使えたのも
ほとんどマーガリンでしたから
マーガリンでいろいろ作ってました。
あの頃はそれでも美味しかったですけどねぇ(笑)

娘さん、ウチの息子と同じ学年なのですね。
でも女の子の4歳はずっと大人っぽく感じるなぁ・・・^^


by ママーリオ 2012/02/10 このコメントに返信
ママーリオさん、こんにちは☆

暫く記事の更新がなく、季節柄お身体の調子を崩されたのでは無いかと心配しました(^-^)が一安心です。
PC(ネット)が普段の生活の一部になっていると、使えない状態はなかなか不便と言うか、心落ち着かないですよね。でも、意外と情報に左右されずに穏やかに過ごせたり☆

小学生の時分、市営のプールの帰りに寄ったクレープ屋さん。
でも、一番値段の安いモノしか買えなくて。それが「シュガーバター」110円だったかな?今はもうお店はなくなってしまったけど、今でも夏になると食べたくなります♪
そして、私が始めて作ったお菓子もクレープのシュガーバター。
とは言え、バターではなくマーガリンでしたし、お店で使ってたようなグラニュー糖ではなく普通の上白糖。
今思えば野暮ったい味だったでしょうね汗
けど、贅沢は出来なかったけど何かと工夫したり心は豊かだった気がします☆

あ、うちのムスメ。只今四才、今年の秋五才になります〜☆一緒〜♪
by えり 2012/02/05 このコメントに返信