2012/03/03 09:14
苦手なお弁当作りですが、こんな私でも毎日3個のお弁当を作るようになり
ブログにアップする数も増えたせいか
「参考にしてます」という恐れ多いコメントもいただくようになりました。


お弁当って、使っているお弁当のサイズや深さで
詰め方や量が違ってきたりしますので、

お弁当の記録に登場する我が家で使っているお弁当箱の
サイズや容量を一覧にしてみようと思いました。



子ども達のお弁当で、ご飯や麺の日はこれ



   



今の保温庫で温める季節は左のアルミ製のものです。
13.5×9×3.5cm 容量350ml
アルミ製は大きさが小さいものが多くて選択肢がないのですよね。


温めない季節は右のプラスチックでパッキンつきのもの。
13.5×9×3.0cm 容量360ml
これはダイソーで買ったいちご柄のもので、娘がすごく気に入っています。
息子にも同じぐらいのサイズのを買いなおす予定です。


追記・・・そして買いなおしたもの。
以前は同じようなサイズのお弁当箱がたくさん100円ショップにあったのですが、
今年はほとんどなく。やっと見つけてこれにしました。

パッキンつきではない、シール蓋タイプです。400ml

最近スティッチが大好きなので、良かった。




さらに追記

半年ほどスティッチ使ってたのですが、年中さんには若干量が多かった感じでした。
同じ形のほうが一緒に造りやすいのもあり、娘のと同型で柄違いの新しいのが出たので買い買えました。
13.5×9×3.0cm 容量360ml




ダイソーです。容器部分は緑なので男の子でもOKな感じです。





パンやワッフルなど粉モノ系のお弁当で使っているもの



保温庫で温めシーズン用は左のクイッキー。ホームセンターで買いました。
12×9×5cm 容量500ml

温めないシーズンは右のタイプ。たしかセリアで買ったと思います。
11×11×5cm 容量555ml

クイッキーのちょっと横長の形のほうが詰め易いのだけど、
いかんせん、かわいくないのがちょっと・・・
普通の半透明のタッパー蓋なのです。

温める時は蓋をとるので、アルミホイルをかぶせていますので、
そこにシールを貼ったりして、かわいくしています。



 



デザート容器はご飯など普通の場合は小さい容器、
蒸しパンなどでカサの割にはボリュームがないお弁当のときは
ちょっと大きめのデザート容器にして調節していますが

小さいほうは 6.5×6.5×3.5cm 140ml
大きいほうは 8×8×4cm  245ml

これはシルクという100円ショップで大小セットで売られていたものです。




主人のお弁当箱は




ご飯を入れているほうは 16×7×3.5cm 容量345ml
おかずの小さいほうは 15×6×3.5cm 容量235ml
合計580ml





お弁当をはじめた当初、これでは小さいだろうと
1度別のお弁当箱を買って使ったことがあります。




20×10×8cm
容量/上段370ml 下段500ml 合計870ml


食べた後は入れ子になるし、内側にはシール蓋ができるので
汁漏れの問題もクリアで、塗りがいい感じでよかったのですが
大きすぎるということで汗使わなくなってしまいました。

でも、今ちゃんと比較したらたしかに大きすぎでしたね(><)

今使っている赤いのは量が少ない感じなのですけど、
ダイエットを意識しているのもあって、「ちょうどいい」と言っています。


追記:
で、主人のお弁当箱の予備が欲しいと思ってたのですが、
男性用のお弁当箱って800mlぐらいがほとんどなのでなかなかない!

かさばらないスリムタイプ、汁漏れしない中蓋つきの条件で探すとすごく女性っぽいものばかり。
ようやく見つけたのはあまりにスリムすぎまして・・・

そんな中でダイソーのこのお弁当箱がほぼ同じ容量だと気がつき

IMG_0563ccc.JPG

105円だし、と試してみたら意外と使えます。
素材が薄いので耐久性はなさそうですが、とりあえずには十分かも。
上段の大きいほうが中蓋がシール蓋でぴったり閉まります。
下段は乗せる蓋ですが、ご飯だけ入れる分には問題ないです。

上段の蓋の中に箸が内蔵されていますが、
あまりにも短いので男性には使いにくいかなと思い
箸は別に添えています。

このお弁当箱、グレーやぜんぶ白というカラーも存在するらしく
男性ならそういう色ならもっといいかもしれないですね。




追記:
父用に母が買ったけど一度も使っていないという
ご飯が保温できるお弁当箱を発見し、冬になってから使っています。

IMG_1105.JPG

おかず部分が160ml×2、ご飯が目いっぱい入れると250ml 合計で570ml
他のシーズンで使っているお弁当箱とぎりぎり同じぐらい。

たぶん、本来は女性用サイズなのかな。

男性のお弁当箱にしては少ないんですが、結婚後一度増えた体重を8kg戻した主人なので、
少なめお弁当を希望されてこのくらいの量となっています。

ご飯の入れ物に熱湯を入れて温めておき、その後に熱々のご飯を入れると温かさを保てるようです。
最近は保温性のあるフードコンテナが流行っていますので、そちらはもっと温かいのかな。




−*−*−*−*−*−*−


いつも悩むのが、お弁当箱の深さとシリコンカップの深さの関係。
シリコンカップの深さがありすぎると蓋が閉まりにくくなるし、

逆にパンのお弁当のように深いと、シリコンカップがぜんぜん見えない汗
野菜嫌いなので、シリコンカップは貴重な彩りなのに〜。

購入の際は、この点を気にしてみるといいかもしれないです。。



お子さんの食べる量のぐあいや、旦那様の職種などで
お弁当のサイズって違ってくると思いますが、

我が家の5歳と4歳はこんな感じです。

あと、デスクワークの42歳の男性(笑)
でもお弁当を持っていくようになって体重は安定しているようですよ。。

参考になれば、と思います。

私も改めて見直して、次回の買い替えなどの参考になりました^^




タグ(関連ワード):ダイソー
ママーリオさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)