2012/10/31 23:00
実験はお菓子作りに似ていて、順番がとても大切だと

でも、料理だって、順番間違ったら失敗しますよね。

ということがとっても良くわかるのが「やってTRY」ですねぇ。

まあ、そういう人をあえて選んで放送しているんでしょうけど、

・・・想像を超えて「事実 は 小説 より 奇 なり」で面白い^^
偶然テレビがついていた時しか見ないけど、けっこう好きです♪


順番だけではないですね、途中の工程で間違って台無しということも。


ある時、お題が「カツ丼」。

煮汁で先に薄切りの玉ねぎを煮ますが、

その玉ねぎの皮を剥かなかった娘がいた。

調理する前に皮をむくもの、むかないもの。
玉ねぎはむく、きゅうりはむかない。トマトはむかないことが多い。
当たり前すぎて特に意識していないことも
知らない人は知らない。

カツ丼のレシピを見ても、「玉ねぎの皮をむきます」とは書いてないものね。

当たり前すぎて割愛されていることってけっこうあって、
でも当たり前すぎて、あえて教えたり教わったりすることもなくて

ちょっとした経験の積み重ねで作られる感覚なんだろうなと思います。

子供たちにはいろいろな経験をさせたいし

私もこの歳だから、
自分の中での「当たり前」が出来上がっていて
それが古い考えかもしれないですものね・・・

なのでこの歳だからこそ、新しい体験を経験をしたほうがいいんだろうな〜。
なんて自分を考えたりして。

・・・なんか冒頭のないようからなんだか話がそれましたが^^;



そうそう、順番と結果で料理やお菓子ができる。
最近、料理男子から派生してお菓子作りをする男性が増えているんですって。

きっちりと工程を作って結果を出すのって、
実験とかプログラマーとか、ある意味男性っぽい職業に近いのかなと思って。

お菓子作りってむしろ男性的な作業なのかも?


そして、私はある意味男性っぽいのかも・・・( _ _ )

そんな風に思ったのでした(笑)



ママーリオさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)