2013/10/15 10:16
主婦のための自動車保険シリーズ。

自動車保険は等級が高いほうが保険料が安いです。

テレビCMで「年間保険料がこんなに安い!」との宣伝の金額も

20等級・35歳以上・ゴールド免許 という

最高の割引率の条件なのです。

「えっ?そんなあたりまえのことを!?」と思われるかもしれませんが
大前提のことですし、基本から派生する内容もありますので
あえて最初に取り上げていこうと思います。



自動車保険は無事故で1年経過すると1等級アップし保険料が安くなります。

(例@:6等級→7等級)

20等級が最高の割引率となり、
さらにその後も無事故の場合は「長期優良割引」が適用できる損保もあります。

無事故ではなく保険を使うと3等級ダウンします。

(例A:10等級→7等級)


等級が下がるとそれだけ保険料の割引率が減り
保険料も上がってしまいます。


で、以前は例@の無事故でアップした7等級でも
事故でダウンした例Aの7等級でも保険料は同じでした。


しかし、2013年10月1日からの新制度が導入され
事故をおこしたら、3等級ダウンに加え3年間事故有等級というのが適用されることになりました。

(本年度の契約はすでに適用されているものも多いです)

これは、近年に事故をした人は無事故の人より保険料が高くなる制度なんです。
等級が上がって保険料が安くなるのは「割引率」で変わるのですが
事故があった人は無事故の人より割引を少なくする、というのがこの新制度なのです。



Aさん・昨年6等級→事故なし→7等級 事故有係数0年

Bさん・昨年10等級→事故あり→7等級 事故有係数3年

AさんとBさんは同じ7等級でもBさんのほうが高い保険料になります。





等級とは、事故を起こしやすい人が低く、起こしにくい人は安く、という考え方なので
事故がある人と事故がない人が一緒では不公平ということなんでしょうけどね。

結局、保険は使った人が高くなる・・・というわけです。




ドライバーや搭乗者の命を守るために
安全運転を心がけることは大前提だし重要ですが

保険料節約の面からも、
安全運転、ムリをせずに、譲り合いの精神で
事故を回避するというのは大切なことなのです。




事故有係数は3からスタートで1年ごとに1減り
元に戻るのに3年かかります。

事故がなかったとしてそのまま据え置いた場合より
この3年間で多く保険料を払うことになります。

双方過失の事故の場合は保険を使わない判断は難しいですが
車両保険はどうでしょう。

たとえば。(あくまでイメージ例)

車庫入れで失敗して塀にぶつかり凹んでしまった。

修理代10万かかると聞いて、車両保険をつけていたので保険使うことにした。

でも実際、等級が下がり、その後の3年間で増えた保険料はトータル14万だった。



ということがありえます。

その時の等級や、保険会社の割引率などによっても違うのですが
一般的に10万までの修理代は保険料増額から考えると損といわれているいるようです。
(具体的な計算が難しいので、あくまでバックリとした目安ですが)

保険を使わず自腹で払ったほうが計算上はオトクということがあるのです。


ただし、急に10万払うのは難しい場合もありますよね。
修理にはすぐにお金が必要になってきます。
保険を使えば急な出費ではないので、次の更新までに準備をすることも可能です。
そのために入っているのも保険です。


いずれにしてもお金がある程度出て行くのは変わらないので
その時の状況で判断されるといいと思います。


でも、こういうことを知っていれば
保険を使うべきか?使うとどのぐらい保険料アップしますか?
と保険の担当者に相談することもできますよね。


ぶっちゃけ、修理する会社は保険使ってもらいたいので
(確実に支払いされるため。世の中、修理代を踏み倒す人は多いそうです・・・
保険使うことをすすめてくるかもしれませんが

高い修理代でなければ、検討してみるのもアリかと思います。





また、事故で保険を使うという面で

最大に気をつけたいことは

1年の間に2回・3回と事故してしまうことです!!


1回の事故で3等級ダウンですが、2回やれば当然6等級ダウン。

20等級が14等級とかならまだいいほうですが

7等級から1等級(!!)なんて事もあります。


1等級の保険料って「割増」なのですっごく高いですよ!!

月払いの金額なのに年払いと間違えちゃうぐらい^^;






安全運転で命と車を守ることが

お金を守るのにも繋がっています!!






(注)自動車保険は損保各社により違いがあり、割引率なども異なります。
   また共済(全労災のマイカー共済など)は保険とは異なります。
   具体的な内容については各損保の担当者に相談してみてくださいね。


  
  





ママーリオさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)