2013/12/16 15:33
主婦のための自動車保険シリーズ


自動車保険のちょっとした節約や
知っていると便利な特約、事柄などを書いています。

過去のシリーズ記事は
←保険カテゴリに入れていますので
ご興味ある方は読んでみてくださいね。




個人賠償責任保険ってご存知ですか?

自転車でぶつかったりモノを壊したり、
子供やペットが他人にケガをさせたときなど、日常生活での賠償責任を補償する保険です。


この「個人賠償責任保険」って名前だといまいちピンとこないけれど

生協の「月に170円で入れて家族全員(賠償責任の)保障してくれるやつ」
と聞いたら、ああ、あれか〜と思う方も多いのでは。


「子どもが友達の家の窓を割ってしまった」
「自転車を運転していて歩行者と衝突しケガを負わせた」

子供が小さかったり、自転車通学をしていたら
可能性は低いともいえない場合もあります。

自転車で歩行者にケガをさせたケースでは
実際に5000万円の賠償責任が出た例もありますので
保険をかけていたほうが安心ですよね。


もちろん生協で入っていれば、それで十分です。

日常賠償責任保険は単独では入れない保険ですので
(メインの保険の特約としてつける感じ)
生協で入ろうと思っても「おもいやり」など一般の保険の加入をしてないと入れません。



もし、入っていないなら、

車の保険の特約でつけられます。

しかも、車の保険と同様に示談交渉してくれます。

(損保によるかもしれませんので、確認してくださいね。)


お値段も、年間1300円〜2000円ぐらいといったところで
(保障の額によって変わりますが、1億円とか無制限に入ったほうがいいです)

似たような値段ですから
生協が特別安い、というわけでもないんです。



先に「家族全員の賠償責任を保障してくれる」と書きましたが

● 本人
●配偶者
●同居の親族
●生計を共にする別居の未婚の子(仕送りしている大学生の息子など)


までカバーしてくれます。



1人入れば、上記の家族を保障してくれますし
保険料も安価ですから、ぜひひとつは入っておきたいところ。

自動車保険の更新をまたずに、今すぐからでも追加できますから
加入してない方は検討してみるのをおすすめします。


(注)個人責任賠償特約は、自動車保険以外に、
火災保険や傷害保険の特約として標準でついていたり、
クレジットカードの付帯サービスになっている場合もあります。

重複しても保障はどこかひとつからしか出ませんので
重複して加入してしまうと保険料のムダとなります。

改めて加入している保険の特約類をご確認の上、
加入の検討をしてみてくださいね。





自動車保険シリーズ 1.jpg


ママーリオさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)