2018/06/04 07:57
024.JPG

娘の誕生日お祝い話の続き。

家族の誕生日に記念パンを焼くのが恒例になっています。
さて、今年はどうしようかと考えて

「甘いのと、しょっぱいのどっち?」と
娘に問いかけてみると

「甘いの〜!!」

と強い返事が(笑)

振り返ると意外と甘いパンの年は少なかったんですね。

*8歳のシナモンロール9歳のピンクのメロンパンだけでした。

そこからどうしようかすごく考えて。

娘はあんこが好きなんですが、
あんぱんやってなかったから、あんぱんを候補に。

でも、お祝いでしょ。

華やかなあんぱんでなくては。どうしよう。

と悩んでいた時、

ガレット・デ・ロワの中身をアーモンドクリームではなくて
あんこで作ってみたいと思っていたのを思い出しました。

ガレット・デ・ロワって、パイ生地のものが有名ですけれど
(こういうタイプね)


南仏風のガレット・デ・ロワ
はブリオッシュ生地なんです。

ブリオッシュ生地はバターと卵をたっぷり使った
とってもリッチなパン生地。
あんことの相性は絶対にばっちりなはず。


anpancats.jpg


しっかりと捏ねた生地を薄く延ばして
パイ皿に敷き込み、あんこをたっぷり挟んで

南仏風のガレット・デ・ロワは
ドライフルーツのトッピングで賑やかにしますけれど

今回はやっぱり誕生日らしく
年齢にちなんで数字のモチーフを乗せました。


つやつやに焼けるように
表面の艶出しの卵もしっかり塗って


パンって、焼く前にも発酵させるし
焼いている間にも膨らむので変形するでしょ、
だからちょっと心配しながら焼くわけですが


なんとか、数字に読めるし
娘も「三つ編みがかわいい」って
気に入ってくれました。



IMG_7256.jpg

焼けて冷ましている間のパン生地のいい香り!
バターの風味とあんこのハーモニー!

IMG_7302.jpg


手前味噌ですが、すっごく美味しかったです!
娘も食べる前から香りでわくわくしてて
喜んでもらえました♪


私も個人的に達成感がありました。
また何かの機会に焼きたいぞ!




*−*−−*−*−−*−*−−*−



過去の娘の誕生日記念パンはこちら。
3歳はまだ私がパンを焼いていなくて
4歳からの恒例行事になっていますが

page.jpg

娘の誕生日記念パンのまとめ



10歳が飛んでしまっていて
あまりに忙しかったけれど
やっぱりちょっと悔やまれるところ。

ここ数年は
普段にはまず焼くことのない
世の中にも存在しない
巨大なパンを焼く日でもあり

(巨大がテーマではないのに
なんだか大きくなってしまうの)

子供の成長と共に
それらの思い出の記録でもあります。





ママーリオさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ