2013/10/10 05:00
今日はJA全農リーダーズとして、参加させていただいた『弁当の日』講演会のお話です。

「食べる」が教えてくれること、食べることで子供のココロと体はどう変わるのか?という、お母さんたちにとって、とっても興味深いお話です。
講演会は、助産師の内田美智子先生、「お弁当の日」提唱者の竹下和夫先生、モデルの堂珍敦子さんというものすごい豪華な講演会。

IMG_1064.JPG

今回、なんと竹下先生ともお会いすることができました!!!!
お写真まで一緒に撮っていただけて、嬉しいーーーーー。

IMG_1131.JPG

そして、本にサインまで!!!
先生、本当にありがとうございます。

IMG_1130.JPG

竹下先生、内田先生の本はとてもすばらしく共感する部分が沢山あり、私も持っていますし、図書館で何冊も読み漁りました。

IMG_1134.JPG

講演は「食べる」が教えてくれたことというテーマで、食べるということの大切さ、子供への影響などさまざまな観点から。

私自身も、野菜ソムリエや、調理師、べジフルビューティーセルフアドバイザーの資格を持ち、食には関心があり、毎日の食事、「食べる」ことの大切さは実感しているつもりです。

今日は私がどうして食に興味を持ったのかをちょこっとお話したいと思います。

私は現在3人の子供のお母さんですが、長女を出産前に2度の流産を経験しました。
2度とも初期の流産で母体の方には何の原因もなく、流産っていうのは普通に妊娠する10パーセントほどの方に起こるそうでそれほど珍しいこどでもないことを説明されました。
でも、そのときは自分を責めることが多く、私が原因で・・・って思うことが多かったです。
1度ではなく、2度だったことも、更にその気持ちに拍車をかけ。
何とかしたいと思いまず、自分の食生活から見直すことにしたんです。

3度目の妊娠で無事に長女を出産することができましたが、妊娠中はずっと点滴や、お薬。
出産も予定日より12日も遅れ、1日半ほど陣痛と戦った末に吸引分娩で産まれました。

妊娠、出産っていうのは、当たり前のことではなく、ものすごい奇跡!
それに、五体満足で産まれてきたことは、さらにかけがえのない奇跡なんですよね。

でも、忙しい毎日中でついイライラして、子供にあたりそんなことすっかり忘れてしまって。
産まれてきてくれてありがとう、そう思わないといけないのに。
感謝の気持ちをすっかり忘れちゃって。

妊娠を機に食生活を見直したのですが、私は出産してさらにその思いは強まりました。
産まれた赤ちゃんに母乳を飲ませるときに、自分の母乳がこの子の体を作ると思ったらもういい加減な食事はできないなぁって。
自分の食べたものがすべて、その子の体に入ると思ったら、食べるものを本当に真剣に考えるようになりました。

私も母に母乳で育ててもらったし、小さい頃から色々家で手作りのものを沢山食べさせてもらっていたし。
母の作る、ごはんやお菓子が本当に大好きでした。
そんな経験もあったので、私も子供たちに同じようにしてあげたいなぁと自然に思えるようになり、食への関心が深まっていったんだと思います。

自分が今こうしていられるのも、子供たちのおかげですね。
育児は育自ってよく、言いますがまさに私はその通り、子供たちから食の大切さを教えてもらい、学んでいるなぁって。

子供たちは小さいときは、食べるものを選べないですよね、親が与えたものを食べるという状況。
3〜9歳の間に子供の食の感覚がやしなわれていくのです、だからこの期間の食事が本当に大切。
この期間に親が子供にどれだけしてあげられるかで、子供の将来も決まってきちゃう大事な時期なのです。

講演でも先生方がおっしゃっていました、食べることは生きることだって。
食べることを大切に思っている人は、生きることもすごく大切にしているんですよね。

『お弁当の日』のことについても書こうと思っていたんですが、長くなってしまったので、また次回にしたいと思います。
ここまで読んでくださってありがとうございました!



***この記事は編集部の依頼によりモニターとして書いています***
***掲載の体験談は個人の感想です***
タグ(関連ワード):全農
にいかわみかさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(2)
●Kanaさん●
もともと、高校を卒業して美容専門学校に行き、美容師免許をとり、美容院で6,7年ぐらいは働いていました。
でも、仕事がしんどかったり、人間関係がつらくて、続かなかったんですよね・・・
私は美容師のセンスもなかったようだし、そこで辞めちゃったんですよ。
その後、色々な仕事をして結婚して出産して、次男が1歳になったときに保育園に預け始めて、また美容師として1年ぐらい働いていたんですよ。
やはり、手に職があると仕事も見つけやすいし、嫌で辞めてしまったけど、やっぱり美容院のお仕事も好きなんですよね。
冷え取り、最近結構ブームですよね。
色んな本も出版されてるし、芸能人の方もやってる方多いってみたことあります。
足があったかいと、ホントいいんですよ。
私はかなり前から神経痛がひどかったんですが、靴下の重ね履きはじめたら、それがかなり軽減されました。
もうビックリです。
女性は冷えは禁物っていいますもんね。
あっためないとっ!
サンキュ!家計簿、ちょっと前に発売してるはずですよ。
私、今月最初に本屋さんに並んでるの見ました!
地域によって発売日とか違うのかな???
でも、無事出産前に手に入ってよかったですー!
by にいかわみか 2013/10/11
Kanaです!にいかわさんは二回の流産がきっかけで、食に凄く興味をもたれたんですね。自分が悪くなくても、生命のことって、自分を攻めちゃう気持ちなんだかわかります…でも、今それを乗り越えて三人のあんなに可愛いお子さんがいる素敵なご家庭ですもんね!野菜ソムリエや、調理師さんや、ビューティーアドバイザや、資格もたくさんお持ちだし、美容院にもつとめてらっしゃいましたよね?美容師さんの資格もおもちなんですか?以前のblog等拝見して、冷えとりソックスとか!私も、ちょっと、喉のちょうしが悪くなったことがきっかけで、知り合いにおしえてもらったのをきっかけに、持ってる!夏四枚ばきって、最初えっって、おもいましたが、私も、体が楽器の仕事なので、すごく食や体の健康のこと気を付けていることが多くて、ますます、にいかわさんに、共感しちゃいました!冷えは大敵っていいますもんね!私はお陰さまで、凄く健康体なほう(笑)やっぱり、母が料理好き、やりくり上手と言うか、けして裕福家庭ではないだろうけど、普通に幸せな家庭で、外食も滅多にしないけど、おうちごはんで、家族を満足させてくれていたので、食って本当に大事なんだろうなと、日々かんじてます!上の子の時も臨月入った、一週目まで、聖歌隊にパンパンのお腹で歌いにいって、じゃあ、これで、産休いただきますといった、3日後に8時間で出産、一ヶ月で仕事復帰(笑)今回はそれもあったので、36週目入る前に、聖歌隊は産休を5日土曜日までで、もらい、今週末、やっと、パーティメニューをご相談したピアノの発表会をしてあげるので、まだ、赤ちゃんお腹にいます!(笑)ハロウィンパーティーぽく、できるとよいかなと、いよいよ、お茶会の、こうそうもイメトレしなくては、来週の木曜すぎたら、37週目、いつ生まれても、いい、週なので今もドキドキです!そして、サンキュの、家計簿さっき、産院の健診のかえりに、ほんやさんで聞いたら、まだ出してないけどあります!と、あれ、発売日まだ先だったのかと、確認もせず買いにいき、お恥ずかしい(笑)出産前にゲットしてきました!
by Kana 2013/10/10