2015/04/21 09:00
子どもが多いほど部屋は散らかりがち……
というイメージを払拭したインテリア達人に
「美しい部屋」をキープする秘訣をズバリききました!



サンキュ!トップブロガー
のこのこMAMAさん


House Data
3DK、約55u、築20年、賃貸アパート

リビングにはトランク3つだけ!
究極のミニマムライフを実践


55uという狭さなので、大きい家具などは一切なし。
家族で使うものはトランクに、そして個人のものは押し入れに。
自分で片づけられない量以上は持たないようにしています。


リビングのおもちゃは
リンゴ箱+トランクに入る分だけ

室内で遊ぶおもちゃは、リンゴ箱を3つ積んだ棚に。
細かいブロック類は、小さめのトランクに放り投げ収納。
それ以外の個人のものは、押し入れに入れて使うときだけ出します。




描いた絵や文章は押し入れの壁面に。
一定期間が過ぎたら思い出ボックスに


絵は飾ってあげたいけど、室内だとごちゃつきやすい。
だから、押し入れの壁に。
一定期間飾ったら、思い出ボックスに収納。
工作類は写真に撮っておき、遊び倒したあと本人にきいてから処分。


動線を考えて
家の中心にある押し入れに掃除グッズを準備


掃除道具も最低限のものしか持ちません!
ハンディータイプの掃除機と、ほうき、ウエットシートのみ。
いつでもサッと出せるように
すべての部屋の真ん中に位置する押し入れに掛けています。


スペースや期間を決めて
それをオーバーしたら処分!


洋服は季節の変わり目など、定期的に断捨離を敢行。
ふだんの服も各自引き出し1つ分だけ。
あまり使わなくなったおもちゃは
押し入れに入れて1カ月たっても忘れていたら処分。




サンキュ!トップブロガー 
根本美穂さん


House Data
3LDK、約109u、築半年、一戸建て

新居に引っ越しても、物は増やさず
スッキリインテリアをキープ!


イケアグッズを駆使したインテリアが人気。
2LDKの賃貸住宅から念願の一戸建てに移っても
シンプルモダンなイメージを追求。
家族が使いやすい収納にも工夫がいっぱい!


くつろぎスペースに子どもグッズは
置かないのがルール


「遊びにきてくれた人たちにもくつろいでほしいから
LDKには基本的に子どもグッズは置きません」。
リビングの奥に
汚してもいいよう黒壁にしたキッズスペースを設けて区別を。




子どもの描いた絵も
フレームをつければ、インテリアの一部に


子どもの絵はフレームに入れ
絵本作家の作品と一緒に飾れば、まるでアート!
カラフルなフレームを選ぶと、絵の色がバラバラでもまとまりやすい。


ちょこちょこ掃除にははたきが活躍!
すぐ取れていつでも掃除できる


はたきを窓横に常備。
ブラインドや棚の掃除にも大活躍。
部屋のテイストに合ったものを選べば出しっ放しでOK!
掃除機はサッと使えるハンディータイプをキッチンわきに。


詰め込みすぎはNG!
“8割収納”をキープして量を調整


ぎゅうぎゅう詰めは取り出しにくい
→取り出すのが面倒で、同じものをだぶり買い
→物が増えるという悪循環の原因に。
収納量を8割にすれば、出し入れもラク。
さらにラベリングで、元に戻しやすく!



※サンキュ! 5月号
『ストレスなしの「美しい家」のつくり方』特集より抜粋


サンキュ!最新号の詳しい内容と
ご購入はコチラ!



*****************
サンキュ!主婦ブログでも
美しい家で暮らすブロガーの記事を読めます!

のこのこMAMAさんのブログ→

根本美穂さんのブログ→

木下恵梨さんのブログ→


タグ(関連ワード):インテリア
口コミサンキュ!編集部さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
コメント(0)