2015/07/07 11:07
こんにちは

「お酒とおつまみの時間」、今月も開催しております
(発売中の8月号では158ページに掲載)

7月のお酒は:炭酸で割ったもの
ハイボールでも、梅酒やあんず酒のソーダ割りでも……

テーマは:甘酸っぱい思い出
いわゆる「恋バナ」お願いします




酒飲みの友人から聞いたのですが
スライスしたキュウリにコンテチーズをのせていただくとおいしいのだそうで。

これは、キリッと冷やしたシャルドネか、ロゼワインか、日本酒か……
と悩むところですが
おうちにあった赤ワインに炭酸を少しだけ足してみました。

うん、この組み合わせは悪くないです。
ご興味のある方、お試しくだされ



さて、「甘酸っぱい思い出」です。
だいぶさかのぼらないとと出てきません…
小学1年生か、2年生か、大昔の記憶ですが。

当時、ちょっといいなと思っていた男の子に
忘れ物を貸してあげたのだったか、宿題の答えを教えてあげたのだったか
なんか、親切にしてあげたのです。まあ、してあげたくてしてあげたってことですね。

その子が異常に喜んでくれて、休み時間のたびに
さっきのお礼だよと言って、「ねりけし」(当時流行っていた、粘土と消しゴムの中間みたいなもの)を
ちぎって何度もくれるのです。
3日間くらいにわたって、10回くらいもらった気がします。

そんなものくれなくても、その子になら、いくらでも親切にしてあげるのにな〜と
思った覚えがあります。
甘酸っぱいです。

でも、同時にほんのちょっとだけ「ねりけしとか、こんなゴミみたいなもの
私あんまり興味ないんだけど。しかもちぎってちょこちょこもらっても……」とか
思った覚えが……。

かわいくないですね〜。昔からこうだったんですね。
だからモテないんだ……! と、知って苦い気持ちになる、お酒の時間でした。


皆さんの思い出も語ってください。

口コミサンキュ!編集部さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
コメント(0)