2016/09/29 20:05

乾電池のパワーとみんなの力でギネス世界記録を達成してきた



パナソニックのエボルタチャレンジ。





私も過去3回、達成の瞬間に居合わせて元気と感動をもらってきました。



 



そして、今年のチャレンジの内容がついに明らかに!



舞台は空。



乾電池での有人飛行に、東海大学ライトパワープロジェクトの人力飛行機チームが製作したオリジナル飛行機が琵琶湖でギネス世界記録に挑戦するのです。



 



このチームは人力飛行のコンテストに過去何回も出場しているとのこと。



人力を乾電池パワーに替えての挑戦になるんですね!



 



総勢51名のメンバーが6つの班に分かれて飛行機を製作したそうです。



とにかく凄い!の一言。

 

001.JPG

 

この記念撮影が終わった後、友達同士でおしゃべりしたり、

写真を撮り合う様子を見て、普通の大学生なんだな〜とちょっと安心しました。



 

当日は晴れか曇り、風は無風か微風が理想と教えてくれたのは

パイロットの鷹栖啓将君(工学部 航空宇宙学科3年生・写真右)。

 

チームリーダーの工学部 動力機械工学科3年生 東海林聡史君とインタビューに答えてくれました。

 

102.JPG

 

 

このコックピットに乗り込んで飛行機を操縦するんですね。

 

 002.JPG

 

 

1136時半スタート!

道の駅 びわ湖大橋 米プラザhttp://www.umino-eki.jp/biwakoohashi/)ではパブリックビューイングもあるそうですよ。

 

私も見に行きます!当日の晴れ&無風を願って、どんなてるてる坊主を作ればいいのか悩んでいます。

レポートはサンキュ!2月号に掲載予定ですのでお楽しみに。

 

 

エボルタチャレンジ2016の特設サイトhttp://panasonic.jp/battery/drycell/evolta/challenge/2016/)でも随時情報をアップしていますので、チェックしてみてくださいね。

 

口コミサンキュ!編集部さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
コメント(0)