2018/11/12 10:00
こんにちは!サンキュ!編集部の釈です。

11月に入り、いよいよ今年も締めくくりが近づいてきましたね。
クリスマスに年末年始の準備と、忙しくなってくる時期です。

今日は 丸美屋食品の【ごはん付きシリーズ】を紹介します。
その名の通り、
ごはんと具材がセットになった、材料を準備しなくても、電子レンジで温めるだけですぐに食べられる簡単ごはん。
常温保存が可能なので、買い物に行けない時や、家庭・職場の常備食としても便利。

 遅く帰ってきたパパの夜食に
 ママ一人のランチに
 お子さんのコバラ満たしや、塾・部活めしに
 いざという時に備えて


注目は 新発売された「炭火焼き風とり丼 ごはん付き」
・炭火焼き風味の甘辛醤油ダレたっぷりに仕上げた、とり丼です。
・鶏肉と2種の野菜(筍、長ねぎ)入りです。

181109_marumiya_1.jpeg
 
大人も子どもも大好きな甘辛な味付けでごはんが進みます!

そのほかにも、定番人気の「とり釜めし」「麻婆丼」も便利。
自分で作るにはちょっと大変・・・だけど食べたい!!というラインナップがそろっています。


181109_marumiya_2.jpeg

「とり釜めし 味付けごはん付き」
・鶏肉と4種の野菜(にんじん、筍、わらび、椎茸)入りで、鶏の旨味たっぷりの自信の釜めしです。


181109_marumiya_3.jpeg
 
「麻婆丼<中辛> ごはん付き」
・人気の丸美屋「麻婆豆腐の素<中辛>」の味をベースとした、親しみのある味わいが楽しめる麻婆丼です。


商品パッケージがリニューアルされて、見た目にも美味しさが伝わってきます!
その他のラインナップも魅力的★

181109_marumiya_4.jpg
<共通>
・希望小売価格 本体価格230円(+消費税)

お近くのスーパーでぜひチェックしてみてくださいね!


口コミサンキュ!編集部さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2017/03/30 14:00
こんにちは、口コミサンキュ!の高橋です。

お仕事をされていたりなど、忙しい皆さん、毎日のごはんはどうしていますか?
ホントはちゃんと作りたいのに〜、って思いながら時間もなくて作れない
なんてストレス抱えていませんか?

かく言う私がまさにそんな状態。
仕事で疲れて帰ると、ごはんを作る時間も気力もないけど、ホントは自分で作って食べたいのです
お子さんがいらっしゃる方は私以上にそう思うんでしょうね。

そんな「ホントは〜」のあなたの救世主にパナソニックさんのセミナーで出会っちゃいました。

まず会場ではこんな素敵なお出迎え

おいしい7.jpg


そしてこちら、
ご存知、ビストロ!!!
BS1400_RK_front2_ma0207.jpg

そしてそして、こちらのパーシャル搭載冷蔵庫!!!
F672WPV_R_close0531.jpg



レンジと冷蔵庫ならうちにもあるけどー、と思った方
いますよねー?

実は、秘密は
細かい設定をしなくてもセンサーが私の代わりに調理してくれる(かのような)賢いオーブンレンジと、
美味しさを長持ちさせる微凍結パーシャルでの保存
にあるのですよ!

例えば、耐熱ボウルにシチューの具や、パスタの具と麺(乾麺)を入れてスイッチを押せば、必要な時間だけビストロが勝手温めてシチューやパスタが完成センサーの精度が上がって吹きこぼれの心配もなし
オーブンレンジの嬉しいところは、つきっきりでなくていいところですよね。

例えばその10分にもう1品、さらには別の家事だってできちゃう
他にも新しいビストロはパンのあたためコースと、調理後の庫内を冷ますコースが付いているんです。
毎日活躍すること間違いなしですね


そして冷蔵庫に搭載されている微凍結パーシャルは、約−3℃で保存するから肉や魚の鮮度も長持ち、まとめ買い派にとってもおすすめ。
さらに冷凍とは違って、使いたい分だけ使えるからあの面倒な小分け冷凍からも解放されちゃうんです


ステージではchiobenでおなじみの山本千織さんによるデモンストレーション、豚ヒレ肉のみそ焼きとバターチキンカレーを作ってくださいました。
豚ヒレ肉はパーシャルだと味の浸み込みが早いそう、分厚く切った肉と野菜をグリル皿に載せて一緒に焼いてもOKだなんて、やっぱりビストロは凄すぎる

バターチキンカレーもパーシャルで下味を付けた鶏肉などの材料を耐熱ボウルにどんどん入れて、ビストロで加熱するだけで完成。
これなら私でも帰宅後に作れるはず、。家でバターチキンカレーを作れるなんて
(この間、ステージにくぎ付けだった私は写真を撮ることすら忘れてしまいました。。。


ここでビストロとパーシャルを使って作ったchiobenが運ばれてきたのですー

じゃーん

chioben.jpg

おしゃれでとっても美味しい
この卵、ビストロで作った温泉卵なんですって温泉卵が簡単にできるといつものメニューがワンランクアップしそう


ビストロのパーシャル搭載冷蔵庫の強力コンビがあれば、「ホントはちゃんと作りたいのに〜」というストレスにさよならできる!と感じたのでした。

発表会では炊飯器の紹介とごはんの試食もありましたよ。
これも美味しかった〜
口コミサンキュ!編集部さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2015/07/07 11:07
こんにちは

「お酒とおつまみの時間」、今月も開催しております
(発売中の8月号では158ページに掲載)

7月のお酒は:炭酸で割ったもの
ハイボールでも、梅酒やあんず酒のソーダ割りでも……

テーマは:甘酸っぱい思い出
いわゆる「恋バナ」お願いします




酒飲みの友人から聞いたのですが
スライスしたキュウリにコンテチーズをのせていただくとおいしいのだそうで。

これは、キリッと冷やしたシャルドネか、ロゼワインか、日本酒か……
と悩むところですが
おうちにあった赤ワインに炭酸を少しだけ足してみました。

うん、この組み合わせは悪くないです。
ご興味のある方、お試しくだされ



さて、「甘酸っぱい思い出」です。
だいぶさかのぼらないとと出てきません…
小学1年生か、2年生か、大昔の記憶ですが。

当時、ちょっといいなと思っていた男の子に
忘れ物を貸してあげたのだったか、宿題の答えを教えてあげたのだったか
なんか、親切にしてあげたのです。まあ、してあげたくてしてあげたってことですね。

その子が異常に喜んでくれて、休み時間のたびに
さっきのお礼だよと言って、「ねりけし」(当時流行っていた、粘土と消しゴムの中間みたいなもの)を
ちぎって何度もくれるのです。
3日間くらいにわたって、10回くらいもらった気がします。

そんなものくれなくても、その子になら、いくらでも親切にしてあげるのにな〜と
思った覚えがあります。
甘酸っぱいです。

でも、同時にほんのちょっとだけ「ねりけしとか、こんなゴミみたいなもの
私あんまり興味ないんだけど。しかもちぎってちょこちょこもらっても……」とか
思った覚えが……。

かわいくないですね〜。昔からこうだったんですね。
だからモテないんだ……! と、知って苦い気持ちになる、お酒の時間でした。


皆さんの思い出も語ってください。

口コミサンキュ!編集部さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2015/06/08 11:28
こんにちは

今月は『お酒とおつまみの時間」です

お酒は:ロックワイン
ワインをロックいただこうという提案です。
きりっと冷やして氷を入れて、赤ワインにはレモン、白ワインにはライムなどを絞って加えるのもお勧め。

ワインブランドの「メルシャン」さんに教えてもらった飲み方なのですが
さっぱりと、これからの季節に嬉しい飲み方です。
うっかり飲みすぎても罪悪感が少ないので(笑)、要注意かも

テーマは:七夕にお願いしたいこと

です。





潮干狩りで採ってきたあさりをおつまみにして
まずは白ワインで。



続いて赤ワインでおうち二次会にして、しめます。
ロックワインはさっぱりしているので、「お開き」感がないのも悩みですね。
いくらでも飲めてしまいそうで危険です。



七夕のお願いですが……

I 塚、8月号より「今月のエンタメ!」という、カルチャー情報やタレントさんのインタビューを掲載している
ページを担当しております。(ちなみに、7月号ではP134〜)

ちなみに、ここでインタビューさせていただくタレントさんは
ちょうど、掲載誌の発売時期に主演映画が公開されたり、ドラマが始まったり
という時期だったりすると、予定をいただけることが多いのです。
(その宣伝のために、過密なスケジュールの隙間をとっておいてくれたりするので)


うふふ

今年、I 塚の大ファンの某タレントさんの映画新作があるんですよね〜。
まだもうちょっと先なのですが、その月は真っ先にアタックしようと決めております。
お会いできたら、緊張で何も聞けないかもしれませんが。

と、いうことで
どうか七夕の神様(っていう人が、いるんでしたっけ?)
あのお方に、インタビューさせてくださいませ。






口コミサンキュ!編集部さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2015/04/30 09:00
こんにちは

GWは全国的にお天気がよいみたいですね。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

ビール日和なこんな日に
「お酒とおつまみの時間」のお誘いです。

テーマは「雨の日がうれしいこと」
ちょっと、季節を先取りしすぎましたかね……



冷ややっこに、いろいろ(スプラウト、みょうが、ごま、もずく、塩とごま油)をのせておつまみに。


I塚は、雨の日があまり好きではありません。
お出かけするにも、家で掃除や洗濯をするにも、読書をするにも
晴れてるほうが気持ちいい気が。

なかなか発想が広がらず……
あえて言うなら、カーテンを閉めて部屋を暗くして、映画をみるにはよいでしょうか。

と、いうことでビールを飲みながら
雨のシーンがきれいだなと思った映画を思い出してみました。


1 ウディアレン監督の「ミッドナイトインパリ」
アメリカから来た主人公が「パリは雨の日が素敵なんだなあ
傘なんかささずに歩くのがいいよね」みたいなことを言って(うろ覚えですみません)
濡れて歩いてましたが、確かに、舞台がパリだとなんだかおしゃれです。
石畳がしっとり濡れている風景がきれいでした。
日本で雨が降った日も、こんな風に景色を眺められたら素敵だな〜と思いながら観ていましたが
そういえば…雨の日にそれを思い出すのを忘れていました(笑)

2 堤幸彦監督のwowwowのドラマ「コヨーテ、海へ」
wowwowのドラマですけど、DVDにもなっています。
音楽もよくて、すごく素敵なドラマです
雨が降り出すシーンを、フロントガラスに雨粒がポツポツあたるところから見せているのですが
そんな当たり前のシーンがとても美しくて
降り始めからザーッと降り出すまでの音の変化も楽しくて
雨って、静かに音を聞くだけでもロマンチックだなと
(で、また本当の雨の日にそう思うのを忘れていますけど 笑)

3 サザンオールスターズがいったん解散したときのライブDVD
私も行きましたが、結構な雨降りだったのです。屋根のない会場だったのに。
でも、解散というセンチメンタルなシチュエーションにはなかなか合っていて
妙に盛り上がりました。雨の似合う曲も、たくさんありますものね。
雨の日にこのDVDを観るのは、かなりいい気がします。

最寄りの駅から会場までの路上で500円のポンチョを売っていたお兄ちゃんが
「おれ、これで家建っちゃうよ」(8万人収容の会場でしたからね)って言ってましたが
建ったのかなあ、カッパ御殿。


雨の日の楽しみ方……思いつかなかったけれど
雨の似合う映像を思い出していたら、楽しむことを忘れていたことも同時に思い出しました。
次に降られた時は、ちょっと試してみたいと思います。


かなり季節先取りですが
ビールをいただきつつ
あえて今から、雨の日の楽しみ方を考えてみませんか?
口コミサンキュ!編集部さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える