2017/01/30 10:36
週末。
一戸建てを建てて引っ越しをした
家族ぐるみでお付き合いのある友人宅へ
泊りがけでお邪魔する予定で。
夫も連休を取り、去年から
3人とも楽しみにしていたのだけど。

思いがけない健太の手術があり、
残念ながら中止に・・・・・ふらふら

仕方ないので買い出しをしたり、
やらなくてはならないことを片づけつつ
のんびりと過ごしていました家







畑の今年度の契約が間もなく終了で、
今週中にはすべて収穫して
片付けまでしないとならず。
昨日は夫と娘が畑に行って、
長時間作業してきてくれました。

健太のことがあって
今月、ほとんど畑に行けず、
まだだ野菜が残っており、
それを全部とってきたので、
家が大量の野菜だらけにわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

白菜、長葱、大根、ブロッコリー、
里芋、紫蕪、紫水菜、高菜がたくさん。
友人や母にわけつつ、
それでもたくさんあります。





昨日、今日で、
それらを調理したり加工したり、
です。

DSC07377.JPG

長葱。
毎日3本は食べてるけれど
まだこんなにあるので、
今夜も焼き葱かホイル焼きか・・・
はたまたマリネか・・・・
何かしらの方法で調理して
たくさん食べる予定!

DSC07379.JPG

里芋。
一度年末に掘って、
また土に埋めておいたもの。

片付け.jpg

ちなみにこれは10日くらい前に
とってきたものだけど、
これがまだ少しある上に、
さらに上の画像分。
昨夜、ふかして食べて。
夫も娘も里芋の煮物が大好きなので
今日は朝からとりあえず煮物づくり。

片付け1.jpg

畑のお仲間からきいた
煮っ転がしの美味しい作り方。
里芋に、砂糖、醤油を回しかけ
そのまま強めの火にかけ煮からめる。
少し煮詰まってきたらひたひたほどの
水を加え、落し蓋をして煮る。
煮詰まってきて竹串が通るほどになったら
みりんを加えひと煮立ちして完成。
あとは蓋をしてなじませておきます。
朝いちで煮たので、
今夜、食べよーっと!

DSC07378.JPG

大根は、昨日一昨日と
豚バラおでんを食べたけれど
まだまだあるので・・・・
切干大根づくりをしたり。

DSC07380.JPG

あとは、はりはり漬け風にするために
角切りにして乾してます。

DSC07381.JPG

高菜は一部塩漬けにして、
残りは今朝、炒め煮に。

片付け2.jpg

フライパンいっぱいだけれど
湯がいたら、とても少量。
胡麻油で炒めて、水、醤油、砂糖、
みりん、七味、白胡麻。

DSC07386.JPG

明日の朝食で
ごはんのお供に食べるのが楽しみ!







とりあえずはこんなところだけれど、
里芋は茹でて冷凍したり。
長葱も切って冷凍したり。
午後も、やろうと思います。







畑をやっていると、
たくさん野菜が採れて、
嬉しいしありがたいけれど。
こういうとき、時間も手間もかかり、
なかなか大変ふらふらがく〜(落胆した顔)ふらふらがく〜(落胆した顔)

でも、大変なのだけど、
だけれど、楽しいし嬉しい作業なのですわーい(嬉しい顔)グッド(上向き矢印)

来年度も、もちろん、
引き続き契約しまーす。





Reiさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2017/01/21 12:36
今日は快晴だけれど
風が強く寒い土曜日です。







両後ろ脚を手術した健太ですが、
予定通り、
今週の月曜に退院しました。
安静生活のために用意した
サークルとマット。
マットはなんでもいいので
お買い得品で適当にあせあせ(飛び散る汗)

DSC07341.JPG

サークルは組み立て式のもので
犬用ではなく本来赤ちゃん用のもの。
また健太が歳をとったら使うことも
あるかと思うのでとっておきます。






「忘れちゃってたらどうしよう」とか
「嫌われてたらどうしよう」とか
いろいろなことが不安だったけれど、
病院に迎えに行ったら、
傷やエリザベスカラー以外は
何らかわらず、いつも通りの健太で
うれしかったなーーー。

普通に歩いていたし、
車に乗る前に病院のそとで
いつも通り片足をあげて用を足して
それにはびっくりわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

DSC07343.JPG

帰ってきたら、
見慣れないサークルに入れられ、
マットも知らないマットだし、
落ち着かない様子でクンクンしたり
ソワソワしたりしてたけれど、
一通りチェックが終わったら、
落ち着いてサークルで過ごしてました。

DSC07349.JPG

両後ろ脚とお尻周りの毛を
全部刈られているので
肌が丸出しで寒そうでかわいそうがく〜(落胆した顔)

DSC07354.JPG

それ以外困ったことは特になく。
昼も夜もちゃんと寝ているし。
心配していたおトイレも
普通に歩いていって普通にできたし、
痛がる様子もなく。
エリザベスカラーも、
サークルの中に閉じ込められているのも
もちろんイヤに決まっているけれど
でも健太なりに事情を察し諦めたようで
とてもいい子に過ごしてくれていますもうやだ〜(悲しい顔)







今朝の健太。
お姉ちゃんが着替えたり
歯磨きをしに向こうの部屋に
行ってしまったので。

DSC07363.JPG

おトイレの場所からが
一番あちらが見えるので、
おトイレに乗って
お姉ちゃんをじーーーっと見ながら
クンクン泣いて呼んでいるところ犬







一日一羽、
健太を思いながら鶴を折り、
ここに入れて。

DSC07372.JPG

後ろにある青い物体は・・・・・

DSC07373.JPG

丸めて保管してあるカーペット(笑)
かっこ悪いけどここがちょうどいいのでわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)







明後日月曜日に
ようやく抜糸予定!
エリザベスカラーもこれでようやく
外してあげられるかな?

DSC07360.JPG

鬱陶しくていやだよね・・・・
もうすこし、がんばろうね。






と、そんな感じの健太ですが。
健太が帰ってきた
月曜の夜中からわたしが突然発熱し、
火曜夕方検査したら
インフルエンザAでしたふらふら

毎年早い時期から
マスクをしているし、
手洗いうがいもよくして
すごく気を付けていたのに
いったいどこでもらったのかふらふら

ということで健太と2人で
このサークル内でずっと
寝てましたが眠い(睡眠)

リレンザが利いて
木曜夕方には平熱になり、
明日明後日には外に出られそう!
急激に流行ってきているようなので
皆さんもお気を付けください。



















Reiさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2017/01/13 16:20

2日の朝書いた娘の書き初め、
『無病息災』。

未来の自分に、
というようなテーマで
自分で四字熟語を選ぶそうで、
娘が選んだ言葉。

DSC07290.JPG

いつも何かというと
家族の健康を願っているので
娘らしい選択だなぁと思います。
健康で無事が一番わーい(嬉しい顔)







4日の朝。
散歩の途中で健太が突然悲鳴をあげて。
その夕方も家の中で同じようになり、
翌朝も同じく。

どうやら後ろ脚がおかしい様子なので
5日に娘と病院へ。
去勢手術のときに言われたのですが
健太は後ろ両足の膝に
先天性の疾患を持っていて、
悪くなってきたら手術も視野に
入れましょうということだったけれど、
いろいろなことに気を付けて過ごし
ここまで来たのですが
何が原因か急に悪化したようです。

2日後、
整形外科の専門医のいる病院に
改めて行ったところ、
1歳で一番元気なときで
回復も早いだろうし、
先のことを考えても
早いうちに両足一度に
手術したほうがよいとの診断で
手術を決断し、9日両後ろ脚を手術しました。
とても信頼できる先生に診てもらえ
ありがたいです。
1週間入院で来週月曜、
16日に退院予定です。






たとえ千羽は無理でも
可能な限り鶴を3人で折ってますかわいい

DSC07325.JPG

帰宅後3週間ほど安静なので、
サークルを用意したり。
あとは、いつものベッドでは
寝るのが難しいと思うので
100均で買った座布団に
太郎のときに使ってた
ブランケットでカバーを
縫って準備したり。

DSC07323.JPG

3月までいなかった存在なのに
もういるのが当たり前すぎて
健太がいないと静かで寂しいもうやだ〜(悲しい顔)
火か消えたようですもうやだ〜(悲しい顔)

DSC07320.JPG

もう、胃が痛くなるほど
心配で心配でたまりませんが。
面会はできないため
毎日電話で様子をきいていて。
手術翌日からもうごはんをちゃんと食べ、
昨日はもう立ち上がっているとの報告わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

去勢手術のときもそうだったのだけど
健太は、繊細ではないというか
あっけらかんとしてるというか、
こだわりがないというか。
『郷に入っては郷に従え』というか。
そういうところがおおいにあるので、
まぁ思ったとおりというかわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

わたしたちの心配をよそに
ごはんもたくさん食べていて
経過もひとまずは順調で
ホッと一安心しているところです。

退院して安静、といっても、
相手は元気いっぱいの盛りのワンコだし、
いろいろ大変なことも予想されますががく〜(落胆した顔)

春には元気にお散歩に行けるのを楽しみに
3人で協力しながら
退院後のリハビリをしたいと思いますぴかぴか(新しい)

あーーーー!
健太会いたいなぁ。
早く月曜日になってほしいです。









健太のことで3人とも
激しく動揺していたそんなさ中。
6日午後、ハムスターのふくちゃんが
天国に旅立ちました。
大晦日の記事でふくっぺについて
触れたばかりだったのに・・・
12月で満2歳になって
ハムスターの寿命からいうと
そろそろ何が起きてもおかしくはないと
家族で思ってはいたのだけれど。
お別れは突然やってきました。

ふくけんた2.jpg

気が強いけれど、いつも楽しそうで、
とてもかわいいふくっぺ。
太郎(モルモット)がいなくなり
どうしようもない悲しみに
打ちひしがれていた
娘とわたしたちを救ってくれたふくっぺ。

ふくけんた1.jpg

これはふくちゃんが来た日の写真。
楽しそうに元気いっぱい
いつも回し車を回してたなぁ。
用意したこのケージが徐々に小さくなり、
その後衣装ケースで
夫が新しいものを作ってくれました。

DSC00546.JPG

健太は、ふくっぺは
お姉ちゃん(娘)が大切にしているものだと
最初からすぐに理解したようで
吠えたりいたずらしたりすることも
一切なくて。
毎日夕方娘がふくっぺの掃除や
お世話をしているのを
そばでいつもいい子に見てました目目

DSC00918.JPG

でも、月に一度、
ケージの大掃除をするために
ふくっぺをケージから出しているときは
さすがに何が起こるかわからないので
こんな感じで隔離してましたが(笑)
しかし、吠えたりすることもなく
ただそばで見ていたり
存在を確認しているだけでした。







太郎のときは、
あらゆる手を尽くしても
病気から助けることができず
一般的なモルモットの寿命を
全うさせてあげることができなくて
辛くて申し訳なくて悲しくて。
その喪失感や絶望感はいまでも
どうしようもなく残っていますが。

ふくけんた4.jpg

ふくっぺは、
天寿を全うさせてあげられたというか
老化はしていたけれど
健やかな状態で送ってあげられたので
そこだけは救いです。

DSC04312.JPG

天国で太郎と仲良く遊んでるかな。
ふくちゃん!
大好きだよ、ありがとう。







週末ですね。
全国的に今季一番の
寒気に覆われるとのこと・・・
皆さん、どうぞ
お気を付けてお過ごしください。







Reiさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ