2013/11/30 07:51

こんにちは、リンゴですapple




家計簿って、家事に入るのかな。。。sweat02



ただ、この家計簿だけには自信がありますangry
なんせ、結婚してから付けたというわけではなく、独身時代からやっていましたから。



この家計簿ですが、ヘタな日記より面白いですよ。



リンゴの場合はエクセルデータを自分用にカスタマイズして付けています。





昔、まだ結婚もしていない頃、先輩に



『えー!?アンタあの給料で貯金できてんの!?』



と驚かれた私。



さらに



『その家計簿ツール、私にも頂戴よ』



と言われた(脅迫)ので、泣く泣く渡しましたが、



あまりの細かさにできなかったようです。



『アンタ、細かいね。。。仕事でクタクタなのにあそこまで家でできんわ』



とのことでした。



そう、通常の感覚ではできないかも。



なんせ、私は好きでやってますから!shine





しかし長年続けてみて家計簿をするコツがいくつか見えてきました。



1.毎日(お金を使った時は)付ける



2.続けること(最低1か月、できれば1年、ベストは3年)



3.口座管理の徹底



最初はこの3点くらいでしょうか。






1.毎日(お金を使った時は)付ける



まあ、毎日つけなくてもいいんですが、お金をつかったら必ずつける。。。ということですね。



毎日つけて現金残高を合わせる習慣をつけることで家計簿管理はしやすくなります。



また毎日付ける事で使途不明金をなくすことはできる!



結果として貯金もしやすくなりましたheart04



 



2.続けること(できれば1年、ベストは3年)



家計簿はやはり続けることに意味があります。



毎月の収支をハッキリさせることで、見直しができるからです。



そのためにはやはり1年を通してみないとお金の流れは分かりにくい。



年間の手取り収入や支出が分かると、貯金の目標値を決めやすくなります。



おまけにヘタな日記より面白いので、見返すと色々なことが思い出されて結構楽しいですよ。



3.口座管理の徹底



これは最低ラインでしょうか。



家計簿をつけなくても毎月口座残高のチェックは行ったほうがいいかと思います。





そして、大切なのは家計簿を毎月、毎年、見返す事。



そして、半年ごと、あるいは四半期ごとに家族で見直して話し合うと、とても効率がよくなります。



実は独身時代は一人で家計簿管理していたので自分の思うように貯金をしやすかったリンゴ。



しかし家庭持ちとなった今、夫の協力なしでは貯金はできません。



しかし、ただ『貯金に協力しろ』といってもただ協力はしてくれないのです。



協力してくれる夫ならいいのですが。。。



そこで、家計簿を見せ、年間の収支をハッキリさせるのです。



その時に、学資にこれくらいかかる、来年は車の車検費用でこれくらいかかる、等と説明すると、小遣い交渉もしやすいのですね。



いくら収入があっても夫に湯水のように使われたらお金はたまりません。



かといって、一生懸命働いているのに、ただ節約しろというのも無理な話です。



そこで家計簿の登場です。



現実的な話をして、こういう理由のためにこれだけ貯金をしたい、という話をし、賛同を得られたらあとは簡単です。



そのためには月に使えるお金はこれくらいしかないから、この範囲で我慢してくれと懇願です。



うちはそのために、半年ベースで家族会議をしています。



夫からは『えーcrying』と言われますが、かわいい子供の為なのでなんとか協力にこぎつけました。。。ふー。



さて、皆さんのおうちではどんな家計管理しているんでしょうか。。。



良かったら教えてください。









リンゴさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ