2015/04/04 15:18



札幌のゴミ処理場(破砕工場)は、
燃やせないゴミと大型ゴミの
自己搬入が出来ます。

2013年に火災があり、
復旧整備のため
2015年4月まで受け入れを停止していました。

やっと2015年!
4月!!!!

さっそく行ってきました。

トランクルームに保管していた
解体した古い家具と
もう使わない古いスーツケースと
もう使わない洗濯ラック等を
車に詰め込み


いざ、出陣!


マスクと軍手は必須!


ゲート間近!


このゲートで、
申請書(住所氏名電話番号、ゴミの内容を記入)を
提出します。
申請書はゲートで記入もできますが、
ネットでダウンロードして
記入済みのものを提出するとスマート。

ゲートをくぐる時に、
車ごと重さを測ります。

ドライブスルー的な感じで
入り口へ向かいます。

係のお兄さんが、
ゴミの内容ごとに、
あなたはこっちのレーンの奥へとか
あなたは向こうのレーンの左へとか
指示してくれます。


お世話になった家具などを
自分で置きます。
木材はこっち、
プラスチック製品はこっち
という感じで。


このゴミ処理場で、
私が長年使った物が破砕されます。
気に入って買ったはずの物、
思い出が詰まっている物、
ちゃんとお別れします。

物には寿命があるし、
今の自分には必要なくなる物も
いっぱいあります。
処分することは仕方がないです。

家の中が不要品だらけで、
生活しづらいのはおかしなことです。

でも、
「要らなくなったら捨てればいいや」
そんなふうに思う人は
あまりいないと思いますし、
私自身もそうです。

すぐに捨てる事になりそうなものを
間に合わせで買わない。
吟味して気に入った物を買う。 
それをお手入れして
長持ちさせる。
ちゃんと使う。

改めて、そう実感しました。

出口では、
ゴミを降ろした後の車の重さを測り、
何キロのゴミを捨てたか計算されます。

今回は、60キロで
支払った手数料は1,200円でした。

美化委員キミーの
大型ゴミ自己搬入でした(´・ω・`)


美化委員キミー(片付け魔)さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ