2018/11/14 10:48



今日のお弁当は小豆ごはんです。
黒米も一緒に炊いてほど良い色味のお赤飯になりました。
今日はお祝い事はないんですけどね╰(*´︶`*)╯


チキンカツ、海苔入り玉子焼き、枝豆、赤ウインナー、紫キャベツのピクルス、ミニ串天、ごはんの上に辛子味噌をのせてみました。
デザートに柿と先日いただいた徳島県産すだち100%使用の「ザすだち」です。


ザすだちをいただいた時のブログ記事はこちらか
GLOWのお土産バッグに入っていた引換券&渋谷で徳島「ザすだち」


 


 



小豆ごはんに使用したのは、わが家ではお馴染みの井村屋の煮小豆。
汁ごとに詰めた小豆が、これ1袋に45g入った使い切りサイズ。
余計な味付けがほとんどされておらず、とても小豆の味が濃く、食感も適度にあり美味しいです。
三重テラスで見つけてから、行く度に必ず買って来る大のお気に入りです。
お値段も確か130円とかそのくらいだったかな。


今回は、1合の米に煮小豆1袋、黒米小さじ1程度を入れてココハンで炊きました。
盛り付ける時に、お赤飯ぽく白ゴマをパラぱらっと振りました。


 


 



柿はご近所さんからお裾分けです。
さすがお遣い物。
朝食でもいただいたのですが、とても大きくて立派な柿は甘く種が少なくて食べやすく美味しかったです。
ごちそう様でしたm(__)m


 


 


ランキングに参加中♪ クリックしていただると励みになります!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ 

chimaさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2018/11/13 18:44



新宿三丁目の交差点で信号待ちをしていて、ふと道路の向こうの交番に目が行った。
「四谷警察署 追分交番」の文字が目に飛びこんできた。


 


 



ああ、ここが新宿追分の地なのかと気がつく。
追分とは「牛馬を追い、分ける場所」を意味しますが、街道の分岐点も意味します。
ここ新宿三丁目の交差点はまさに甲州街道と青梅街道の分岐である新宿追分なのです。
お江戸日本橋から始まって一番最初の宿場町がここ内藤新宿です。


 


 



よく買いに行く「追分だんご本舗」。
ウィッキペディアによると、お店の由来は、1455年(康正元年)に太田道灌が江戸城を築城中、武蔵品川の館から武蔵野に鷹狩りに行った帰り道、高井戸で中秋の名月のもとで宴を張っていたところ、土着の名族から手つきの団子が献上され道灌は大いに喜び、その後も団子を所望したといわれている。
後に、高井戸宿が甲州街道の始駅となり、団子屋は柳茶屋と号し大いに繁盛した。
1698年(元禄11年)、内藤新宿が伝馬の宿駅となり、柳茶屋も新宿追分に移転し、「追分だんご」と呼ばれるようになった。


由来は古いお話からですが、おだんご屋さんの創業は昭和20年(1945)。
老舗には変わりないけど、昭和に入ってからのもので柳茶屋の流れをくむお店ではないことにちょっぴりがっかりしました。


 


 



https://drive.google.com/open?id=15qY3cSBCMZYOMZvKKSOFglQW9evL8oNf&usp=sharing


近場の寺社仏閣を調べてみました。
位置関係が分かるようにgoogleマップを作ってチョッとした覚書を記入。
これを見て後日、内藤新宿の寺社巡りしようと思います。


 


 


ランキングに参加中♪ クリックしていただると励みになります!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ 

chimaさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2018/11/13 16:10



本日のおやつはヤマザキ カカオが香るチョコレートサンド。


 


 



中にはバニラクリームとイチゴジャムがサンドされてます。
カカオは特に感じなかったけどたっぷりチョコがコーティングされたクリームサンドケーキ。
いただき物です。
自分では多分購入しないであろうお菓子ですが、たまにこういうお菓子もイイものですね╰(*´︶`*)╯


 


 


ランキングに参加中♪ クリックしていただると励みになります!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ 

chimaさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ