2019/06/15 13:37



JAよいちの「チューハイりんごのほっぺ」と「チューハイぶどうのめぐみ」。
“JAよいち”の文字に思わず反応して買ってしまいました(〃艸〃)ムフッ♡


りんごのほっぺって北海道では有名なジュースなんですね。
そのジュースで作った缶チューハイです。
どちらも果汁15%、アルコール3%のメチャクチャジュースっぽいチューハイです^^
知らずに飲んだらジュースって勘違いしそう。


実はこの缶チューハイ、ササザワベーカリーの牛乳パンと一緒に長野のやおふくで購入したものです。
ご当地ものの珍しい食材ないかなぁって偵察してたらオッサンが見つけたの。
長野のものじゃなかったけどオモシロいから買っちゃった♪
オッサンはりんご、私はぶどう。
ふたりで仲良く晩酌にいただきました。


やおふくのブログ記事はこちらから
信州ご当地パン*ササザワベーカリーの牛乳パン【上田市】


 


 


ランキングに参加中♪クリックしていただると励みになります!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へにほんブログ村 料理ブログ 保存食へ

chimaさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2019/01/29 18:12



東京都府中市が、2019年ラグビーワールドカップ、2020年東京オリンピック・パラリンピックといった大規模イベントの開催地となるのを控え、街歩きや試合観戦しながらでも食べやすい「ワンハンドフード」を対象としたレシピコンテストを実施しています。


 



武蔵府中ワンハンドフードレシピコンテスト



実施期間:2019年1月16日(水)〜2月15日(金)(必着)
募集部門:@グルメ部門 Aスイーツ・ドリンク部門
賞品  :グランプリ各1名 賞金5万円/準グランプリ各1名 賞金3万円/特別賞数名
http://machidukuri-fuchu.jp/fuchurecipecontest/

 

応募内容




府中市の名産、特徴を参考に、”府中市らしさ”を表現するオリジナルのワンハンドフード
イベント時を想定したネーミング・販売実現性を考慮すること
材料費が1人前300円以内であること


 


応募方法


申込用紙に必要事項を記入の上、レシピと完成写真をメールまたは郵送で提出。
申込用紙はまちづくり府中HPからのダウンロードまたは市内各所での配布。


 


 



わが家からは多摩川を挟んでお隣の府中。
武蔵国の守り神・大國魂大神をお祀りした大國魂神社では息子の初宮参りをしたほど、わが家にとっては身近で癒しのスポットです。


府中市は東京の中央に位置し、新宿より京王線で約25分、人口 約26万人の都市です。
市名の府中は、大化の改新(645)により国府が置かれたことに由来するほど歴史が深く、自然も豊かです。


府中といえば、最近は映画「ちはやふる」の舞台になったことでも有名ですが、私世代ですとユーミンの歌にも登場するサントリーのビール工場、外せません!
今でも「中央フリーウェイ」は、中央道を走ると八王子JCT手前まで口ずさんでます♪


その他にも東京競馬場、多磨霊園、府中刑務所や3億円事件も頭に浮かびます。
また、日本で最初にブルーベリー栽培が行われたのが府中にある東京農工大学なんですって。


特産品は小松菜、わけねぎ、椎茸、古代米(黒米)があります。
今回は私も、古代米と小松菜を使ってのワンハンドフードレシピを考えてみました。


 


 



ちはやぶる〜KARUTA生春巻き寿司


映画中に出てきた百人一首「ちはやぶる神代も聞かず竜田川 からくれなゐに水くくるとは」在原業平の恋の歌をイメージしてヘルシーなスティックタイプのお寿司を作ってみました。


 


 



【材料】スティック2本分



赤い酢飯(米 0.5合・黒米 小さじ2)
ライスペーパー 2枚
小松菜のお浸し 2枚
スライスチーズ 1枚
ロースハム 1枚
沢庵の千切り 適量

 


 



【作り方】


黒米を混ぜて炊いたごはんに合わせ酢を加えると鮮やかなピンク色になります。
小松菜はさっと茹でて白だしに浸けておきます。
(めん汁でも良いのですが、色が付くので白だしをオススメします。)
湿らせたライスペーパーの上に2等分にし筒状にした酢飯、花型に型抜きしたチーズとロースハム、汁気を絞った小松菜、千切り沢庵をバランス良くのせ巻きます。


 
 
 

カットすると切り口の古代米のピンクと小松菜のグリーン、沢庵の黄色が鮮やか♡


 


 



酢飯な上、生モノ使っていないのでラップで包んで作り置きも出来ます。
コストも300円より全然かかっていませんしインスタ映えもgood!
片手で食べられるワンハンドフードを考えながら作っていたら楽しくなっちゃいました╰(*´︶`*)╯


武蔵府中ワンハンドフード レシピコンテスト、是非みな様も参加してみて下さいね♪

 


ブログで口コミプロモーションならレビューブログ 一般社団法人まちづくり府中のモニターに参加しています。


 


 


ランキングに参加中♪ クリックしていただると励みになります!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ 

chimaさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2018/10/23 15:21



講演の後は黄門料理のランチをいただきにとう粋庵へ。


 


 


黄門料理


黄門さまの呼び名で馴染み深い水戸二代藩主徳川光圀公は、平均寿命が50歳といわれた時代に73歳という長寿を全うされました。
医食同源の思想に基づき、食事に漢方を取り入れ、一汁三菜を基本として季節の野菜をよく食べていたそうです。


この様な当時の黄門さまの食文化が記載された『日乗上人日記』や『食菜録』などの文献をもとに、現代人の味覚に合った料理に復元したのが黄門料理です。


 


 



ノンアルの梅酒で乾杯♪


 


 



前菜(御長寿前菜八点盛)


牛乳の豆腐や納豆、水戸銘菓 水戸の梅、のし梅、笹餅などが入ってました。
クセがなくなめらかな口当たりの牛乳豆腐とお出汁が絶妙。
納豆も黒豆で粒が大きく美味しかったです。


 


 



お造り(鮮魚のお造りと大子産湯葉)


お刺身はもちろんですが、湯葉がとても美味しかったです。


 


 




揚物(納豆真丈磯辺揚げ、海老真丈五色揚げ)


納豆とすり身を揚げたも納豆真丈磯辺揚げが珍しく、いかにも水戸っぽいですね。
天ぷらは梅塩を付けていただきました。
梅塩は角がなく上品な塩味で梅の風味が天ぷらを引き立ててくれました。


 


 




鍋(まごころ豚のつゆしゃぶ)


大きな梅干しが入っており、潰してお汁に梅をたっぷり溶いていただきました。
梅味のお鍋、とても美味しかったです。
お家でも是非作ってみたいなぁって思いました。


 


 



お食事(栗の炊き込みご飯、香の物)


旬の栗がほくほく♡
漬物はぬか漬けでした。


 


 



甘味(手作りわらび餅、羊羹)


チョコ味の羊羹が珍しかったです。


 


 



なるほど黄門さまはこの様なお食事をしていたのねと感慨深く黄門料理をいただきました。
身体にいでけじゃなく美味しい黄門料理、水戸へ行ったら是非食べる価値ありです╰(*´︶`*)╯


 


 



とう粋庵は千波湖のほとりにあります。
お食事をいただいた後は、晴れ渡った青空の下をお散歩しました。
とても気持ちの良いひとときでした♪


 


 



とう粋庵
茨城県水戸市千波町 2755-1
http://tousuian.kago-ya.com/
TEL : 29-305-7560
時間 : 11:30〜14:00、17:30〜21:00
休業 : 不定休
備考 : カード可
アクセス : 常磐自動車道水戸ICより20分


 



 


水戸藩の歴史を体感しに行ってきました
ブログで口コミプロモーションならレビューブログ 茨城県からの招待で、モニターツアーに参加しました。


 


 


ランキングに参加中♪ クリックしていただると励みになります!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ 

chimaさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ