2019/07/31 21:47



行ってみないと良さが分からないお城巡り。
訪れてお気に入りのお城に出会うと本当にうれしくなります。
私にとって金山城もそんな城のひとつ。


金山城は、戦国時代に造られた城で、金山全体の自然地形を利用した山城です。
まだ天守閣がつくられるより古い時代の石垣造りの城はどこを見ても石・石・石。
これだけの城を作るのにどれだけの労力や費用をかけたのだろう、どれだけの力がある城主なのだろう…想像するだけわくわくします。


 


 



金山城めざしてたどり着いたのは山を上り切ったこちらの駐車場。
展望台になったトイレ、それとめちゃくちゃ分かり辛い「史跡 金山城跡及び周辺(金山ハイキングコース)ご案内」の看板があるだけ。


到着したのが開館前だったので直接やって来ましたが、建築家・隈研吾氏が設計したという史跡金山城跡ガイダンス施設で金山城の歴史について学んでから登城すると楽しさ倍増でしょうね。


何はともあれ、虫よけスプレーを全身にかけていざ出陣!


 


 



駐車場から石段を上って右手の尾根伝いを歩きはじめると現れた「史跡金山城跡」の入口。
先ほど来る時に見た城への入口ですが、鎖が渡され一般の車はこの先に進めません。
一般車両は、通り過ぎた先の駐車場を利用することになります。


 


 



ここに分かりやすい看板がありました。


太田金山城は、文明元年(1469)に新田氏の一族、岩松家純によって築城されました。
名だたる武将たちに何度も攻められても落城することが一度もなかった堅固な城ですが、豊臣秀吉による「小田原攻め」の結果、金山城は開城し廃城となりました。


 


 



西矢倉台西堀切です。
堀切とは、攻め手の兵が攻めにくいように尾根を切ったもの。
この先、いくつもの堀切が造られています。


 


 



岩盤でできた大きな堀切にかけられた土橋の物見台下虎口。
石垣が邪魔をして土橋の先が見えないよう工夫されています。


 


 



土橋の左手にはぽっかり空が…なんとここにも堀切があり、その先には物見台があります。
ここから攻めてくる敵兵に向けて矢を放ったのでしょう!


 


 



堅堀、堅堀の脇には石垣で造った土塁があり、堀底には通路があります。


 


 



左にあるのが物見台の跡に造られた展望スペース。
土橋の堀切の画像で右上にチラッと見えていたのがこれです。


 


 



当時はこんな感じだったのですね。
金山城の周囲をよく見渡せ、敵の動きを見張っていました。


 


 



物見台からの景色です。


 


 



何処を見てもお見事なまでに石畳や石段ばかり。
うっとりします(〃艸〃)ムフッ♡


 


 



馬場曲輪を通り、城の中心部への入口脇に月ノ池が現れます。
訪れるものに水の豊富さを見せつけているそうです。


 


 



実城へ向かうための大手虎口。
高く積まれた石垣は敵を威嚇し、城の威厳を示します。
大手虎口から続く石畳には排水路を設け、水はけを良くする工夫がなされています。


 


 



その石畳に丸石がありました。
これは何の目的なのでしょうか?


 


 



大手虎口北下段曲輪にも石組み排水路によって、中央通路両側の石組み排水路へ流れるよう工夫がされています。


 


 



大手虎口を進んだ先の三ノ丸の下にある日ノ池。
戦勝や雨乞いを祈るための儀式が行われたと思われる神聖な池です。


 


 



手前の建物は、石敷きされた当時のままの建物の基礎を展示した石敷き遺構展示施設。
武器庫兼兵士の詰所だったお思われます。


 


 



南曲輪休憩所でひとやすみ♪
ここまでじっくり観察しながらのんびり歩いて小一時間。
お城巡りはいい運動になります^^


 


 



休憩所には日本100名城のスタンプが設置されています。
設置されているのはここだけなので、スタンプブックをお忘れなく!
休憩所が開いているのは6〜9月8:30〜18:00/10〜5月8:30〜17:00。
早朝の登城にはお気をつけ下さいね。


 


 



大手虎口辺りで突然現れたお猫様。
呼んだら近寄って来てごろんごろん〜♡
戦国の世でもお猫様は兵士たちを和ませていたのでしょうか(〃艸〃)ムフッ♡


ブログ記事はこちらから
只今準備中
只今準備中


 


 



金山城跡
群馬県太田市金山町40-106ほか
https://www.city.ota.gunma.jp/005gyosei/0170-009kyoiku-bunka/topics/nyumon.html(太田市HP)
TEL : お城スタンプ時間 : 6〜9月8:30〜18:00/10〜5月8:30〜17:00
備考 : 日本100名城スタンプは南曲輪休憩所
アクセス : 東武伊勢崎線太田駅から徒歩約50分


別名 : 新田金山城、太田金山城
縄張 : 連郭式山城
天守 : なし
城主 : 新田岩松氏、横瀬・由良氏、小田原北条氏
築城年 : 文明元年(1469)
遺構 : 石垣、土塁、堀、馬出し、井戸
文化財 : 国の史跡


 


 



 


 


ランキングに参加中♪ クリックしていただると励みになります!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ 

chimaさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2019/07/31 12:50



嵐山ラベンダーまつりで出店していた「味菜工房」のおまんじゅう。
嵐山産小麦「農林61号」100%で作ったおまんじゅうです。


 


 



黄色みがかった生地に甘さを抑えたこしあん。
小麦の香りがして美味しい生地でした。


 


 



今回はお祭り会場で購入しましたが、土日祝日のみ開店しているお店にも行ってみたいです。
おまんじゅうが美味しかったので、ぜひ農林61号100%の手打ちうどんも食べてみたいです。


 


 


めんこ61 味菜工房 (あじさいこうぼう)
埼玉県比企郡嵐山町大字千手堂690-1
http://www.town.ranzan.saitama.jp/0000004061.html
TEL : 0493-62-8062
時間 : 11:00〜14:00
休業 : 土・日・祝のみ営業
備考 : カード不可
アクセス : 嵐山小川ICより車で8分


めんこ61 味菜工房うどん / 武蔵嵐山駅
昼総合点★★★☆☆ 3.2


 



 


 


日本最最大級!ラベンダーまつり〜深谷・渋沢栄一巡礼ドライブ〜関連記事(2019年7月7日)

日本最最大級!ラベンダーまつり〜深谷・渋沢栄一巡礼ドライブ【ダイジェスト版】 2019-07-08
日本最大級!らんざんラベンダーまつり〜2019年最終日【嵐山町】 2019-07-09
嵐山産小麦100%使用!昔懐かしなまんじゅうが美味い! 2019-07-31
あじさい寺の御朱印〜金泉寺【嵐山町】 2019-07-18
埼玉県農林公園の直売所へ 2019-07-21
旧煉瓦製造施設 旧事務所【深谷市】 2019-07-24
渋沢栄一をめぐる旅〜誠之堂・清風亭【深谷市】 2019-07-26
旧渋沢邸 中の家【深谷市】 2019-07-30
中ん家のお猫様 2019-07-18
うまい!早い!安い!鶏唐専門店@からやま【深谷市】 2019-07-30
美容液のような温泉〜昭和レトロな温泉銭湯玉川温泉【ときがわ町】 2019-07-31



 


ランキングに参加中♪ クリックしていただると励みになります!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ 

chimaさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2019/07/31 12:06



らんざんラベンダーまつり〜深谷・渋沢栄一巡礼ドライブの〆に選んだ温泉は、埼玉県ときがわ町にある「昭和レトロな温泉銭湯 玉川温泉」です。
見ての通り、インスタ映えを狙ったディスプレイ。


 


 



入口には昔懐かしなホーロー看板がずらりと貼られています。


 


 






もちろん館内もレトロ感満載!
全国各地、ご当地サイダーや駄菓子のお店もあり、もうわくわくがとまりません。


 


 



入浴料は土日祝日で大人ひとり880円。
今回はラベンダーまつり会場の観光案内コーナーで割引券がついたうちわをいただいたのでひとり200円引きの680円で入浴できました。
2人で400円もお得だったので、観光施設や町の観光案内所をチェックしてから行かれるとイイかも。


この温泉はオモシロいだけじゃなく、泉質がメチャ良いんです。
無色透明の温泉は、とろりとなめらか。
刺激が全くなく柔らかくて優しいお湯です。
まるで美容液の中に浸かっているような感じ!


女性限定ですが、浴室には洗面器に入った泥パックがあって自由に塗ることができました。
泉質が良い上に泥パック、美肌効果抜群なので女性には是非オススメで〜す♡


 


 



リクライニングチェアで入浴後はリラックス♪
つい立の向こうは仮眠がとれる広い二段ベッドと無料のマッサージチェアがあります。
温泉でほぐれた身体をマッサージチェアでほぐし…もう極楽気分でした♪


 


 



大広間ではテレビを見たり読書をしたり。
奥には食堂もあり、ここで食事をとることも出来ます。


 


 



昭和レトロな温泉銭湯 玉川温泉
埼玉県比企郡ときがわ町大字玉川3700
https://tamagawa-onsen.com/
TEL : 0493-65-4977
時間 : 10:00(土日祝日5:00)〜22:00
料金 : 大人平日830円/土日祝880円
休業 : 年中無休 ※年に数回メンテナンス休館あり
アクセス : 東松山ICより車で約25分
駐車場 : 有(無料)


源泉名 : ---
泉質 : アルカリ性単純温泉
イオン濃度 : pH10.1
泉温 : 源泉26℃
その他 : 毎週2種のお風呂を男女入れ替え制、泥パック(女性限定)


 


 



 


 


ランキングに参加中♪ クリックしていただると励みになります!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ 

chimaさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ