2016/02/11 04:40
2月8日の夜、AM4:38に産まれた娘に、旦那と息子、義母に義姉が会いに来てくれました。心配していた息子、来るなり赤ちゃんに駆け寄り頭を撫で撫でしてました(*^^*) 可愛い〜っっっ

{89D48478-0D32-486D-B3BC-8630CFDFC879:01}

産まれた日(月曜日)の夜までは赤ちゃんが寝てばかり、私も興奮してるのか全く眠れず、友達にメールしたりラインしたり。が、夜から赤ちゃん本領発揮で泣いて泣いて、抱っこ抱っこに頻回授乳。弱っているところで、水曜日の朝に黄疸で引っかかり、光線治療の為に24時間預かりになってしまいました。

目を保護するために目隠しのガーゼを貼られ、オムツ一枚で保育器で光を浴びる娘に大泣き。病院にいても何も出来ることが無いと凹んでいましたが、助産師さんが3時間おきに授乳に連れてきてくれて、娘がいない時は割り切って身体を休めることにしました。

今日は年長さんの息子の音楽会でした。お休みを取ってくれた旦那と、近くに住む義母が見に行ってくれました。幼稚園最後の行事、病院にいても何もすることが無いなら、外出させて貰って見に行こうかとも思ったのですが、マタニティブルーもあって精神的にかなり不安定だったので、不特定多数の園ママさんに会う元気もなく、大人しく病院にいることに。

午後には旦那と息子、義母が来てくれ、旦那は音楽会のビデオを撮って持って来てくれました。うちは私も旦那も写真とかビデオとかマメに撮る方ではなく、ビデオを買ったのも昨年秋の運動会。正直、旦那がそんなに気がきく人だと思っていなかったので、ビックリ!ビデオを見て嬉しくて、でもやっぱり行きたかったなぁと泣いてしまいました。

黄疸治療中の赤ちゃんと息子。

{C6518904-501A-45F6-9625-77187C10A510:01}

可哀想、とショックを受けるかと思いきや、最新式(?)機械に興味深々!目にガーゼを貼られオムツ姿の赤ちゃんにも、物怖じせずに撫で撫でしてました。

病室に戻りしばらくして、帰りにもう一度赤ちゃんを見てから帰る、と新生児室にみにいくと、助産師さんは出払っていて、機械の中で赤ちゃんギャン泣き中。旦那は「こんなに泣いて、大丈夫なのか」とオロオロ、息子も「赤ちゃん泣いてる!」と心配そう。数分で助産師さんが戻って来てくれて、「じゃあ、おっぱいあげましょうか」と赤ちゃん出してくれました。

赤ちゃんは抱っこして欲しかっただけのようで、すぐに泣き止みました。1時間程前におっぱいは飲んだばかりだったので、部屋に戻って30分位、授乳はせずに息子が抱っこしたり旦那が抱っこしたり。

光線治療はなるべく長く入れた方がいいと言うので、息子に「そろそろ赤ちゃん戻そうか?」と話し、赤ちゃんを戻して旦那と息子をお見送り。

翌朝には数値が下がっていて、赤ちゃん戻って来てくれました。何だか精神的にUP DOWNが激しい一日でした。


chun_chunchiさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ