2019/05/22 09:59

主婦美さんは現在、車関係の記事作成の仕事をしている。


性能などは詳しくないが、車は嫌いではない。


私が20代の頃はバブル期だったため、今よりもっと種類が豊富で


ドライブ中は車種当てクイズなどしながら楽しんでいた。


このようにもともと車好きだったことに加え、


車の話ができないと合コンで損をする(自論)!とも思っていたため、


せっせと車種を覚えることにいそしむ毎日。


合コンで女子が車の話をすると、一気に流れを変えることができる!!


やつら(男性陣)は当然のようにマイカーを持っていたし、


「なぜその車を選んだの?」などと質問してあげると、


入れ食い状態で食いついてくるんですよ〜、アーハッハッハ!


でもその私がなぜ39歳まで独身だったかは、何も聞いてくれるな…。


黒歴史のためこれ以上はノーコメントだ( ´゚Д゚)・;'.グハッ


取材はご遠慮ください&マネージャー通してくださいm(__)m


 


さて、そんなワケで車関係のネタをいつも頭の片隅に抱えている私は、


車を家事に有効活用できないだろうか…などと考えた。


そして思い付いたのが「車内で洗濯物を干すアイデア家事」だ。


 


最近人気のハイトワゴンなら、軽でも十分な広さと高さがあり、


これを活かさない手はない!


早速ググってみると、あにはからんや車中泊のページが相次ぐ事態。


そ、そうか…近年では車をベースに旅行する車中泊の人が増えている。


その人たちの悩みの一つに洗濯物が挙げられていた。


コインランドリーがどこにでもあるわけではないから、なるほどねーφ(..)メモメモ


そして画像検索してみると、確かに車内に洗濯物が干されている。


「車内で洗濯物を干すアイデア家事」という世紀の大発見(?)は、


かくも見事に打ち破られてしまった…。


 


でも実際に私も似たようなことをやったことがある。


息子が水遊びで全身びしょ濡れになり、水道で洗った服や靴下を


パワーウインドウに挟んで干しといたら、帰りには見事に乾いていた。


 


そんなわけで、もしこれからの梅雨時に外干しができなくて困る…


なんて方はぜひ試してみていただきたい(←自分で検証しろ〜)。


朝、洗濯機を回す→車に乗り込む時に洗濯物を車内に持ち込む→


車内で干す→干し終わったらそのまま出勤→日当たりのいい駐車場に停める→


帰宅時に洗濯物を取り込んで部屋に持ち込む→部屋でたたんで洗濯終了きらきら


 


このようにイメージ映像として一連の作業工程が目に浮かばないだろうか?


これなら天気予報とにらめっこしたり、一か八かにかけたりする心配がなく、


日当たりのいい駐車場さえ確保できれば、カッピカピに乾きそうだ。


 


問題点としては、駐車場が日陰とか、大量の洗濯物には対応できないとか、


車内に水蒸気が溜まってジメッとしそうとか、


窓から洗濯物が見えて、ちと恥ずかしい思いをする…とかであろうか?


 


確かに日陰や大量の洗濯物はどうしようもないし、車まで運ぶのも大変だ。


でもその他の問題点については、除湿剤のドライペットや


レースのカーテンを設置するとかすれば、多少は解決しそうな気がする。


行き帰りにカーエアコンをガンガンかけて湿気を飛ばしたりとか、


少しだけ窓を下げて風通しを良くするとか〜…。


 


そもそもこのワザはお天気が回復傾向で、洗濯物が少量で、


ハイトワゴンなどに乗っていて、なおかつ日向の駐車場を確保できる、


かなりミニマムな層に向けたご提案である。


一日中雨マークだったら車内に干す必要性もないしねー。


 


私は在宅ワーカーだし、洗濯も夜に済ませてしまうため、


洗濯物に行動を制限されることはあまりない。


しかし、外でお勤めの方にとっての洗濯物干しは悩ましい問題だと思う。


どうかこの「車内で洗濯物を干すアイデア家事」を


どなたかに実践していただきたい(←自分で検証しろ〜)。


そしてその結果のご報告を、心からお待ち申し上げております(๑´ڡ`๑)テヘペロ

家事嫌主婦美さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2019/03/23 20:46

花粉の時期である…。


主婦美さんもご多分に漏れず花粉症で、


中1で発症して以降、かれこれ35年以上のお付き合いだ。


人生の半分以上、平成の時代をまるっと擁する時間を共に過ごしてきた。


もう私たちは腐れ縁、一蓮托生、運命共同体の間柄…。


このズブズブの関係はこの先も一生続くと思われる。


でも年齢を重ねると感受性も衰えるのか、若い頃よりだいぶマシだ。


今現在花粉症に悩まされている方も、


数10年後にはラクになるだろうから、安心して(?)生きて行ってほしい。


 


さて、我が家はダンナも息子も花粉症のため、できるだけ花粉を遠ざけたい。


それが理由というワケでは全くもってないのだが、私は布団を干さない。


花粉の時期に限らず、1年に2〜3回しか干さないのだ。


日が当たらない西側の寝室の布団でも干さないのだ。


…不衛生だと思ったそこのあなた!


大丈夫だ、問題ない、それなりに工夫はしている。


それがタイトルに書いた、山型置きと除湿機のダブル使い。


 


うちの布団はマニフレックス(珍しく清水の舞台から飛び降りた買い物)と


生協カタログのイチ押しだった羽毛布団(生協は安心感があるしねー)。


結婚当初かなり奮発したが、いまだに手入れ不要で済んでおり、


マニフレックスはさすが10年保証を誇る商品だけのことはあって、


全くヘタレて来ないのが嬉しいきらきら


 


f:id:kajiiyasyuhumi:20190323154119j:plain


 


山型置きというのは私が勝手に名付けたのだが、


マニフレックスは3つ折りの上に分厚いため、写真のような置き方ができる。


そのため、朝になるとこのように山型に起こし、


ベランダの窓を開けてちょうどこの山の部分に風を通すようにしている。


羽毛布団についても干すと逆に痛みやすいと聞くのでほぼ干さないが、


こちらもこの雑な取り扱いが逆に奏功したようで、全くヘタレない。


 


さらに我が家は洗濯物を部屋干しする時は寝室で除湿機を使う。


だからその際に布団も一緒に除湿されている(ハズ)!


私、乾燥機は使いません(極力)!除湿機や空気清浄機で部屋干し - 家事嫌主婦美 (かじいや しゅふみ)


それも影響して、布団が湿らないで済んでいるのではないだろうか?


除湿機のタンクの水量を見る瞬間が私は大好きなのだが、


「こんなに吸い取ってくれてありがとうm(__)m」


と感謝の気持ちを忘れない。


 


ついでに、昔はこの寝室はカーペットを敷いていたが、


除湿や清潔感や掃除のしやすさなどの観点からゴザに変えた。


ゴザは冷たいが、布団のカビやカーペットのホコリに悩むよりはマシだし、


マニフレックスは分厚いので冷えを気にせずに眠れる。


 


参考までに、我が家では布団を押入れにしまう習慣がない。


来客がなければ夕方までこのままだし、


来客の際も3つ折りにして部屋の隅に寄せるだけ。


仕方がない、マニフレックスは押入れにしまいにくいサイズなのだから!


 


さて、このように家事に労力を割きたくないめんどくさがりな方は、


家の構造や寝具の好みや家電の利用などを踏まえつつ、


初期費用はかかってもちょっと奮発した布団を買った方が良いかもしれない。


新生活に向けて寝具を新調する方もいらっしゃると思うので、


以上を今回の私の結論としてお届けした次第。


 


そういえば実家の母は私と同じく家事に向かない類の人間だったが、


布団干しだけはまめにやってくれていた。


斜め向かいのお宅もパートの奥さんらしいが週に3日は布団を干している。


そういう主婦の方を見るにつけ、私は布団干しすら


めんどくさがるダメ人間な気がするが、仕方がないではないか!


人間には向き不向きがあるんだよぉっ!


キライな家事と今後も数10年付き合わなくてはならないのだから、


折り合いをつけてやって行くためには、抜ける所で手を抜くしかない。


 


そんなことを頭の隅で考えながら、


一切手を抜かずに野球人生を全うしたイチローの引退に敬意を表したい。


手を抜かずに家事人生を全うするなんて…私にはできない、できないわっ!!


同じホモサピエンスなのに、この違いは何なのだろう…(-_-;)

家事嫌主婦美さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2019/02/05 10:54

主婦美さんは物を持ち過ぎる生活が好きではない。


そのため2WAYで使える物や、汎用性・互換性の高い物が好きだ。


そういう物を選べばスペースを取らずに済むし、


お店で買う時もいろんなコーナーを回らずに済んで時短に繋がる。


 


だがしか〜し!うちの家族はあまりそういうことを考えない。


例えば義母。


なぜか洗剤の類が大好きで、衣類用、風呂用、トイレ用、台所用というように


きっちりと使い分け、まんまとメーカーや企業の格好の餌食にされている。


風呂用においては普通の洗剤だけでは飽き足らず、


カビキラー(まぁこれは許せる)、カビ防止スプレー、クレンザーなど


いろんな種類やメーカーごとに洗剤を買って来ることもしばしば。


からしてみれば数本あれば十分なのに、


何の疑問も抱かず、大量消費時代の申し子代表として物を溜め込んでいる。


 


でも最近義母が買って来たルックのバスタブクレンジングは便利だ。


風呂掃除は私の当番なのだが、「冬場の掃除は寒いでしょ?」と言って、


吹き付けて1〜2分おいておくだけのこの商品を買ってくれた。


ありがとう、ばぁば…(´;ω;`)


 


f:id:kajiiyasyuhumi:20190205105302j:plain


 


使用方法だが、先にこのバスタブクレンジングを浴室内に吹き付けておき、


その間に洗濯機から洗濯物を取り出すとちょうど2〜3分経っている。


後はシャワーで浴室を流すだけでお風呂掃除が完了だ!


まだら汚れはあるものの、ざらつきや皮脂汚れなども特に気にならない。


大変便利な製品である。


 


さて、この洗剤が数日前なくなっていたのに、買い置きしていなかった。


義母が買い込んだ洗剤類は未開封のため、新たに封を切るのはためらわれる。


こんな時どうするか?


 


風呂場にあるものと言えば、まずはシャンプーやボディーソープ。


脱衣所に行けばアタックやアリエールなどの衣類用洗剤もある。


これらを使えば良いのだ!


 


成分的なことは全く詳しくないが、


いずれの製品にも脂やたんぱく質を分解する成分が入っているハズ。


風呂汚れなどもほぼこれらが原因であると考えている主婦美さんは、


お風呂用洗剤を切らした時にはこっそりシャンプーなどで掃除をしている…。


実際この2日間、シャンプーで風呂場を洗っているが、


気付いた者は誰一人としていない…フフフッ。


さらに、シトラスフルーツのシャンプーの良い香りが漂ったりして、


イヤ〜な風呂掃除の気分を変えるにも最高だぁ〜!


 


毎日掃除しているなら、洗剤など何を使おうがキレイ度は変わらないと私は思う。


それをメーカーや企業がうまく宣伝するために、


消費者も「場所ごとに使い分けなくてはいけない」と思い込んでしまっている。


この手の発言はメーカーや企業にとってはタブーだろうし、


そういう会社にお勤めのご主人の奥さんからすれば死活問題で申し訳ないが、


賢い消費者になるためにはいろいろなことに疑問を持ちたいものだ。


 


さて、こまめに掃除をしない私にこそ洗剤の使い分けは必要かもしれないが、


人間、ホコリや汚れでは死にません。


そんな言い訳をして、今日もルンバに掃除させている主婦美さんであった…。


だって掃除が死ぬほどキライなんだもん( ノД`)シクシク…

家事嫌主婦美さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ