2018/10/26 11:59

このブログの初回に投稿したテーマで、


私は「洗濯物の干し方たたみ方」を取り上げたが、


実はあの後バージョンアップして、さらなる時短を達成した。


 


それはタオルやパジャマ類をたたまないこと!


 


私はタオルは今までこのように几帳面に6つ折りにたたんでいた。


 


f:id:kajiiyasyuhumi:20180905112926j:plain


 


しかしそれすらも今や無用の長物(?)!


タオルはたたまなくても済むことにやっと気が付いたのだ。


主婦歴9年のくせにこんな単純なことを見落としていたとは…。


悔やまれてならない…orz


 


方法は至ってカンタン!


今まで3セットでローテーショしていたタオルを


2セットに減らしたのだ!


たったそれだけ、That's all!


 


3セットだと予備やストック分としてたたむ工程が発生するが、


2セットなら取り込んだタオルをそのまま翌日のポジションに


配置してあげれば良いのでたたむ必要がない。


 


どういうことかと言うとこういうこと。


 


f:id:kajiiyasyuhumi:20180911144604j:plain


 


まず、取り込まれたタオルはたたまれないまま


3枚は寝室に行き各自の枕の上にon!


 


f:id:kajiiyasyuhumi:20180905113015j:plain


 


1枚は洗面台、1枚は台所のタオルハンガーの左側にそのまま吊るされる。


詳細は下記参照。


タオルは2WAYで使ってから洗濯! - 家事嫌主婦美 (かじいや しゅふみ)


3分の時短可能アイデア!「タオルの干し方&たたみ方」 - 家事嫌主婦美 (かじいや しゅふみ)


わたくし、もうタオルは意地でもたたみませんことよ〜、ホ〜ホッホッホ!


 


さらにこれはパジャマにも応用できる。


これは息子のお風呂セットのバケツ。


 


f:id:kajiiyasyuhumi:20181026104513j:plain


 


白がパジャマの上、赤がパジャマの下、青がタオル、あとパンツもね。


(タオルは軽くたたんであるが、いつもはたたんでいない)


息子は毎日このバケツをお風呂場に持って行き入浴する。


かぐや姫の「神田川」の歌詞にピッタリの写真だが、


実際に我が家では各自にこのようなお風呂セットを用意している。


 


つまり、取り込んだパジャマと下着をそのままこのバケツにinするのだ。


今もベランダで洗濯物が風にたなびいているが、


これらはあと数時間後に私の手によって取り込まれ、


パジャマと下着はたたまれないままバケツにぶち込まれる。


 


この雑な技はタオルやパジャマや下着を2セットにすることで可能となった。


だが、いくら私でもパジャマや下着が2セットだけ…


というのはオシャレ感がなくて悲しい( ノД`)シクシク…


なので自分の分だけは3セットにしているところがこずるい…。


 


世の中には「丁寧な家事」を実践する方もいて、頭が下がる思いだが、


私のように家事を義務としか感じられない人間にとっては、


5枚のタオルをたたむことさえめんどくさいのだ!!


 


2セットにすることで、管理する洗濯物の量が減り、心が軽くなった。


ただ、この方法は洗濯物が必ず1日で乾くことを前提に実践しているため、


曇りが多い地域や乾燥機がないご家庭には不向きかもしれない。


また、こうまでしてミニマムに暮らすのは逆にしんどい…


という方もいらっしゃるだろうから、まぁ参考程度にお読みいただきたい。


 


本日もご清聴ありがとうございましたm(__)m

家事嫌主婦美さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2018/10/18 16:04

前回の更新から1ヶ月も経ってしまった…。


すでにネタ切れか?!と思われそうだがそうではなく、


本業のライター業で大量発注を頂いたため、珍しく多忙だった。


いつもは結構ヒマなのだが、ライティング業務は


請負元の営業さんが仕事を取ったタイミングで発生するため、


私にはいかんともしがたい。


月末だろうが大晦日だろうが、営業さん次第なのである。


私ももう少し仕事を頑張りたいので、営業さんも頑張れ〜〜〜(^^)/


 


本編とは全く関係ないため閑話休題


 


タイトルにある「朝食は作りません!」は、ある閃きとの出会い。


何かの雑誌を読んでいたら中国粥の写真が載っていて、


主食であるお粥+付け合わせの小皿が数品盛り付けられていた。


これを見た瞬間、私の体にビリビリビリッと電流が!


「そうだよ、コレだよ、コレ!!」


 


そう、私は主食のご飯だけを用意し、おかずは各自でよそってもらい、


朝食の盛り付けの手間を思いきり省くことにした!


さすがに小2の息子の分は少しは別メニューだし、 


朝っぱらから盛り付けなんてさせたら、遊んじまうか、


時間がなくなっちまうかなので、これだけは別に用意している。


 


というわけで、各自でよそうと言っても私と主人の分だけだ。


(義父母たちとは台所&食事が別々のため) 


それでも盛り付けの時短化の恩恵は非常に顕著に表れている!


 


f:id:kajiiyasyuhumi:20181017132242j:plain


 


これがある日の朝食。


青=白菜の漬け物(スーパーの見切り品)


黄色=もやしのナムル(数日前の夕食の残り)


赤=パックのとうふとトマト(スーパーの見切り品)


緑=かにかま入り玉子焼き(前日の夕食の残り)


黒=炒め物(前日の夕食の残り)


ついでに肉じゃが(前日の夕食の残り)


 


もともと私は前日の夕食を多めに作り、


その残り物を翌日の朝食として出しているので、


はなっから朝食を作る気がない人間であった。


だからこれ以上の朝食の手抜きを許してしまっていいものか?


主婦として母として、葛藤にさいなまれる日々…(ほんの数日)。


 


結論。


やっぱ時短は大事だよね〜、てへぺろ(๑´ڤ`๑)テヘ♡. 


ってなわけですぐに実行に取り掛かった。


 


前述のタッパーは独身時代から持っていた物を利用。


こんな形で役立ってくれる日が来ようとは…。


たぶん末永いお付き合いになるだろう。


 


パック入りとうふは日持ちするため即採用!


賞味期限が5日ほど過ぎても気にしない、気にしない( ̄ー ̄)ニヤリ


漬け物も箸が進むし、長期保存に向くからぉK!


トマトやキュウリも切るだけで色鮮やかだから入れておくべし。


あとは前日の残り物を詰めれば完璧じゃないっすかぁ〜!!


これにみそ汁でも付けようものなら


立派にビュッフェスタイルの朝食っすよぉ〜!!


 


f:id:kajiiyasyuhumi:20181017132350j:plain


 


それらをこの100均のランチプレートに各自でよそう。


好きな物を好きなだけ。


 


f:id:kajiiyasyuhumi:20181017132421j:plain


 


その完璧?な朝食がコチラ上指差し


(注:とうふにはしょうゆがかけてあります)


品数が豊富で、それだけでワタシ的には十分満足だ。


ダンナからも今のところ文句は出ていない。


まさか時短の片棒を担がされているとは夢にも思っていないだろう…。


 


ダンナには


「政府と日銀が掲げている2%の物価上昇と、


消費税10%時代に備えるための必要手段であります!!」


と説明した。


本心は


「私の自由時間の確保と、朝食の準備がめんどくさいためであります!!」


 


それでもまだ残る物は残るが、


在宅ライターである私の昼食となるので、廃棄処分はまずない。


また、夕食用と翌日の朝食用で1.5食分ほど買っていた食材を、


1食分の量に減らすことができるようになったため、


2割ほどの支出減に繋がっている(体感)。


(例:400グラム買っていた肉を300グラムに減らす)


 


その代わり、とうふだの漬け物だのを買うようになったが、


見切り品などを利用することによって、


かなりお安めな朝食に変更することが可能である。


 


さらにタッパーに残った料理たちを眺めながら、


「この味付けはイマイチだったわね…」


などと自分の料理の腕の未熟さを思い知る良い機会となる。


 


このようにいろいろなメリットはあるが、何はさておき、


朝のバタバタな時間に、ご飯とおかずタッパーをデーン!と


出すだけで朝食の準備が終わってしまうのだから、


ありがたや、ありがたや…と同時に


私の今までの時間を返してくれ〜〜〜( ノД`)シクシク…


 


今日の戦利品は3割引きの昆布の佃煮とかまぼこで、


空いているおかずタッパーにポポイのポイと放り込んだ。


日持ちする飯の友を如何に安く探し当てるか?!


それが最近の私の買い物の楽しみとなっている…フフフッ。

家事嫌主婦美さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ