2019/08/31 15:47

 

 

 

ちょっと前からホリエモンの本が読みたくて仕方なかった。

 

私はスーパーのレジの近くに置いてあるような雑誌を愛読してるんだけど

 

そういうのにはホリエモンの読み物は少ししかなくて、

 

読みたいなあと思っていた。

 

どうしても読みたかったのが「あり金は全部使え」という本。

 

 

私が普段読んでる本の執筆者とは全く違う考えを持ってると感じられたし、

 

ホリエモンはよく家を持ってなくてホテル生活だとか

 

レーシック手術で近眼を治してしまったとか

 

そのときアイドルの女の人でホリエモンよりずっと近眼の度が酷い人が思い切って目の手術(ホリエモンが受けた手術より高額な手術をしないと治らない人だった)

 

をして、手術を受けて本当によかったと言ってる雑誌で読み、

 

ホリエモンが考えてることが書いてある本が読みたいと思ってたのだ。

 

電子書籍を買ってから一通り読み、

 

ふと思ったこと。

 

私以前ある意味電子書籍みたいの読んでたわ。スマホで。

 

ジャニーズweb!

今は読んでないんだけど

スマホを変えるとき自動的に退会になってしまった。

 

ジャニーズ事務所からメールが来てたよなあ。

 

退会するなんてねえ。

 

でも退会してもまた読める、入会しなおせばと思っていた。

 

しかし格安スマホを使ってるせいなのか

 

有料のアプリを使おうとしてもなぜかそれがとても難しいのだ。

 

結局格安スマホにした時点で

 

使用できることが制限されるとわかって格安スマホにしたわけなので、

 

仕方ないと思えた。

 

ホリエモンと私は共通点も少しはあるし、全然違う面もある。

 

電子書籍の購入は初めてだがなかなか便利だ。

 

私はスピリチュアル系の人のブログも最近よく読んでるのだが

 

スピリチュアル系の人とはまったく違う考えを持っていて

 

スピの人がブログで金運をあげる財布について語ってるのを読んだあとホリエモンの本を読むと「金運財布とかめんどくさい」って言ってて、笑う。

 

ホリエモンの本は

自分はこう思うという自分の意見を書いてるだけで、

 

何もみんなもそうしろと言ってはいないのに

 

何かそうしないといけないように感じる人がいるようで口コミなどを見るとそんな感じだった。

 

それは著者がリーダーの器を持ってる人だからなんだろうなと思った。

 

何もかも同意するということでなく

こういう考え方もあると思って読むとなかなか面白かった。

 

あとホリエモンはビジネス面で優秀な人だから

別に弱者の立場に立って物を言ったりはしてないけれど

 

優秀な人が残る世の中になるけれど、

 

優秀でない人もむしろ今やってる仕事を辞めることで自分がやりたいことを探すことができてラッキーと考えればいいのではというようなことも書いてた。

 

本当にそのとおりで

 

例えばの話、私が投稿してる「サンキュ!ブログ」は9月いっぱいで無くなってしまうけれど

もともとサンキュ!というのは普通の奥さん向けであり

何かすごく優秀な人が集まってるわけではないと思う。

 

たとえば私が書いてるアメーバブログは芸能人ブログとか有名人ブログとかあって、その中で一般のブログとして書いてる物を投稿してたけど

これ以上サンキュ!に投稿したってサンキュ!ブログを読んでる人に有益な話を書いてるわけじゃないし、

なんかアクセス数がすごく高いから誰が読んでるのかな〜と思いながら投稿を続けていたけど

もともと公式ブロガーになろうとしてもなれなかったし、

今はそんなのになれなくてもいいやという気持ちでただ投稿してたけど、

 

この機会に強制終了してもらえるならその後はアメブロで書くだけ。

人のを読む場合もブログ村があるし

 

見るだけならインスタもある、情報収集ならツイッターもある。

 

優秀な人が残る世の中ではあるが残れないことで別の道がひらけるのだからいいのかもしれない。

 

またホリエモンの本の話に戻るが

私はホリエモンがターゲットにしてる読者層ではないとは思うけれどたいていの本は

別に私のような人をターゲットになんかしてないし、

 

自分なりに「つまりこういうことか」と読んで、

 

自分なりに消化していけばいいのだと思いました。

 

 

 

 



YOKO♪さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ