2013/04/19 00:24

自分の場合、週末に料理をつくったり、子供のスモックをつくったりってのがお母さんたちにはインパクトが強いみたいで、たぶん「イクメン」扱いされてるのかな。
心外なのは、それぞれのお父さんと比較されること。 自分が料理や裁縫をするのは、単純に好きってのもあるけど、回りのお母さんたちを刺激してるつもりなんだけど、あんまり伝わらない。

個人的には「俺は男で、サラリーマンとしてそこそこ仕事してるけど、ここまでできるんだぞ! 主婦としてあんたたちはどうなの!?」的な挑発なんだけど、なぜか「ここんちのパパはここまでやるのに、うちの旦那といてば・・・」ってかわされちゃう。


これは、次男のクラスの男の子の父親がブログに載せてた言葉でした。



この方は、自分で子育てサークルを立ち上げていて積極的に活動してるらしいのですが、私的に


この文面、腹がたちます。


図星だから?


違うと思います。母親を完全否定してますよね?



俺は男で仕事して、料理して、裁縫して、子育てして



私から見れば、


仕事してる時間はひとりでしょ?


料理は、週末でしょ?


裁縫?


子育て?仕事から帰ってきた後と週末でしょ?



母親の時間は、あってないようなもの。



仕事する時間。ひとりになる。


寝る時も夜中に起きるのかな?


子供が産まれる前から、なかなか熟睡出来ず早6年?7年?

子供が熱出したりすると寝れず、寝返りうって布団から出てないか心配で何度も目が覚めたり。

もちろん、授乳、夜のおトイレ。


朝から次の朝まで。


そんな生活が大変で、子供に少しあたってしまったり怒りすぎてしまったり、そんなことはしょっちゅうあると思います。

それでも、お腹を痛めて産んだ我が子は可愛い。天使だと思います。

うちは、4歳と6歳。毎日慌ただしく過ごしてますが、私は暇さえあれば子供にベタベタ、ちゅっちゅ、可愛い可愛いとぎゅーぎゅー抱きしめてます。



その方は、育児というか子育てが楽しい、好きらしいのですが、育児書や人から聞いたことで頭でっかちになってる気がしました。

子供が実験台のよう。


今、自分(その方)がしてることを否定する人は将来自分の子供をみればそれが正しかったとわかる。


本当にそうでしょうか?


五感を大切にするために、里山にいく。

いろんな年齢層と遊ぶことで、助け合うことを覚える。



わかります。わかるのですが、それは親がその場を与えるのですか?


里山など、家族でいくことはとてもいい事だと思います。


でもそれは、里山ではなくても家族で楽しく行くということも大事じゃないでしょうか?


何時に何をして。


それを決めますか?


これから先、生きて行く中で身につくことはたくさんあります。

親が知らないこと。もちろんその子の人生です。その子の思うように。


親は、見守るのが1番辛くて大変だと思います。


あれもこれも口だししたいのです。


危ないことは、やめて欲しいのです。


でも、1番は見守るのではないかな。まだ小さいうちは無理でも、あれしたいこれしたいをやらせてあげたい。



話はだいぶそれましたが、用は父親は母親にはなれないのだから、主婦をバカにするな!


ってこと。


子育ては、あまり親がどーこー言うより子供を見守り、家族で色々経験させてあげること。



毎日、愛してると表現伝えること。


家庭が笑顔で笑い声が絶えないこと。


何の育児書よりはいいかと思います。


人よりすごくなくていい。いてくれるだけでこんなに幸せなるんだから。

って、自論なので違う意見ももちろんあると思います。

あしからず。
きみままさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2012/11/29 00:12

こんばんは!


今日は、幼稚園の帰りに子どもの小学校入学の用品申し込みをしに、小学校に行ってきました!



帰りは、小学校からうちまで、子どもが先頭になって帰る練習をしました^_^


うちから、小学校まで子どもの足で徒歩10分もかからない所にあるのですが、車どおりの激しい道を渡らないといけなかったり、うちから出てすぐに、反対側に横断歩道がないなか渡らないと行けなかったりと、子どもからするとかなり怖いところがあるのです!


子どもを先頭に帰ったら横断歩道の渡り方や、反対側に渡るときなど、少しはわかってる風でしたが、まだ危なっかしいf^_^;


そして、帰ってすぐ子ども達だけで、横断歩道を渡ってすぐの100均におつかいに行ってもらうことにしました。


おつかいと言っても、好きなのをひとつずつ買っておいでと言っただけです。


お約束。

お兄ちゃんは、弟をしっかり見て危なくないようにしてあげること。


弟は、お兄ちゃんの言うことはしっかり聞くこと。


2人とも、「できるっ!!」と大きな声でいい、はりきって出掛けました!



うわぁぁ。初めてのおつかい。こんな簡単に決めちゃったよぉ。と思いつつ、もちろん後から着いてくことに。


初めてのおつかいというより、お兄ちゃんがどうやって歩くのか見たかったので、こっそりついてくことに。


(もちろん、心配なのもある)


うちを出て、道路を左折し、まっすぐ歩いている。



あっっ!!そのまま真っ直ぐいっても、横断歩道はない!気づいて反対側に渡ると登ってきた車が左折するとき危ない!!


と気づいてすぐ呼んで、説明し家を出てすぐ見晴らしのいい所で反対側に渡ると教えた。

そして、横断歩道は左折する車がギリギリでくるからと待つところも教え、信号が青になる。(押しボタン式)

ん?どした?行かないのか?


見てはいるが、渡らない。


「どうした?渡らないの?」

と聞くと、


「光で見えない。」


たしかに、見えにくい。


「点滅してるよ?どうする?」


と聞くと、いきなり走って渡ろうとした。


おいΣ(゚д゚lll)



「点滅してる時は、もうすぐ赤になるから止まりなさいってことだよ!」



と教えると、もう一回待つことに。しばらくして、また青になって渡ろうとしたら、弟は、私の方に戻ってきて、お兄ちゃんだけ渡ってしまった。Σ(゚д゚lll)


「ママはここまでだから、にぃにと一緒に行くんだよ。」



と言い、次まで待つ。二回目。


やっと三回目で横断歩道を渡れた。


渡れたことが嬉しかったのか、弟は、

「やったぁ!渡れたぁ!」

と達成した喜びを叫び、そのまま100均に入っていきました。



やっぱり、普段大人と一緒だから何とも思わなかったけど、いざひとりでやるとなると不安だらけなんだよ。

いつも、ママが言ってる道路の危険のことわかったかな?


こうやってみて、初めて子どもも私も気づくことがたくさんある!



待ってる間に、パパを呼び、車の影に隠れ(夫婦であやしい(u_u))100均から出てきて横断歩道を渡る姿を見て、弟が、おきまりの


「さんぽ」の歌を口ずさみ少したくましく見えました。


そしてなぜか、近道と言い別の道を行きだして、またハラハラし、パパは子ども達より早くうちにつかなくてはい
けないため、ダッシュ!!



帰ってきた弟は、



「横断歩道、怖かったけど渡れたよ!!」




と自慢気^_^



お兄ちゃんは、


「近道してきたんだよー」



とこちらも自慢気^_^




2人をいっぱい褒めた後、もう一回おさらいをしました。




やっぱり、事前に教えなくてはいけないことがあったのと、意外とわかってそうでわかってなくてハラハラしたことかな。


小学校入学前に、こういう準備も必要ですね。


初めてのおつかい。


テレビみたいにはいかないけど、思い出に残る初めて記念日になりました(u_u)ウルウル


きみままさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ