2018/07/13 07:33

 

実家に住み始め、少しずつ家の収納改善を行っています。

 

食器棚の一部にも手をつけました。

 

 

 

 

まずは、使わないモノ、実は気に入っていないモノを母に選んでもらい、売ったり寄付したり。
 

 

 

私たち世代に比べて、親世代はモノを持ちたがる世代。

長年の価値観は、理屈で簡単に説得できるモノではありません。

 

一気に減らすのは無理でも、以前に比べて少ない食器で暮らしてみて、すっきりした見た目や、食器棚の扱いやすさなどを、それなりの期間体験してもらい、メリットを実感してもらう必要があると思っています。

 

 

 

 

 

さて、一気にとはいえなくても、それなりに減った食器棚の中身。

 

コップ類は、手前から奥に向かって並べ直し。

 

そして無秩序だった並びは、種類や使用頻度などで「そこに配置する理由」を持たせ、配置し直し。

 

 

 

 

カップの隣にインスタントコーヒーを配置したいと思ったのですが、このままの棚の高さでは置きたいところに置けないことが判明。

 

 

 

一般のお宅の棚は、かたづけ先にお邪魔してみると感じるのですが、買った時のまま、なんとなく使っていらっしゃる方が多いです。

入るところに入るモノを入れる現象あせるが発生しているのです。我が家にも今まさに起こっている現象。

 

でも、それではよくありません。

 

 


モノを収納する時、そこにある意味があるからそこに配置する必要があります。そうでないとモノが生きません。使われることなく、ただ持っているだけのモノになってしまう。

そういうモノ達が、かたづかない家を作っていきます。

 

 

 

 

使い勝手のいい収納にしたいなら、棚板を動かすことは必須。
必ず検討したいですし、もしこれから棚を購入する方がいらっしゃるならば、棚板が可動式のモノを選ぶのが絶対におすすめです。

 

 

 

 

というわけで、我が家の棚板も移動……しようと思ったら、

がーん!

ダボががちがちで、全然抜けない!

 

ダボというのはこれ、本体に開いた穴に差し込まれており、棚板を支えるモノです。

本来は抜き差しができ、棚板を自由に配置できます。

 

 

 

このダボは一度も抜き差しされることがなく、30年間年同じ穴に入っており、上からの食器の重みでゆがんでしまっていると考えられました。
そういう時はインターネット検索!

 

 

 

…そしたらやはり同じトラブルに遭遇した方がいましたよ!ありがとうインターネットちゃん。

その対策は、

 

 

下から金槌で叩くというもの。シンプル!

 

 

抜けました!(わー歴史感じる見た目ー)

 

早速棚板を動かしてコーヒーを配置します。

無事に収まりましたコーヒーチャーリー浜キラキラ

 

 

以前に比べれば大分スッキリと、使いやすい収納になりました。

 


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
青い小鳥さんかたづけ個人レッスン
青い小鳥さんかたづけゼミ

 

 

 

 



かたづけモノづきあい研究家タコムラさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2018/06/25 00:38

 

実家に住まい始めた私。

同居する家族から拒否されないよう、地道に、少しずつ実家をかたづけています……にやり。

 

 

 

 

無秩序だった冷蔵庫の中も使いやすく!

若干ブラックホール気味だった庫内も、中身の全把握をめざします。

 

 

 

 

どの収納場所でもそうですが、ギッチギチにモノが詰まった状態では絶対に、使いやすい収納にはなりません

使いやすさ=出し入れしやすさ。同時に、見通しの良さも必要です。

それを叶えるためにはある程度のスペースの余裕は必要。大事大事……いそいそ…(作業中)

 

 

 

 

 


全把握といったら、欠かせないのはラベリング。

 

中身が変わりやすい冷蔵庫で行うラベリングに適したモノ……見つけました、

 

 

 

ヤマトのメモックロールチャーリー浜ふぁいとキラキラ

 

裏面全面のりの、ロールタイプの付箋です。

 

付箋好きの私ですが、その愛は主にポストイットの特定の色味に向けられているものでして、このタイプの付箋にはあまり興味を持っていなかったのです。

 

ですが、これが使える……

 

 

 

切り口もかわいい……いいギザギザ…

 

 

 

 

 

 

 

今はお目汚しの、発展途上状態の我が家の冷蔵庫ですが、メモックロールのラベリングをご覧ください。

 

 

 

 

 

紙質も結構丈夫。ちょっと水濡れするくらいでは問題ありません。

 

それに別に、汚れたら新しいモノをはり直せばいいのです。

 

こんな風にどんどん書いてはって、賞味期限切れ、死蔵をなくします。

中身がわかるって清清しいですねキラキラ

 

 

 

 

 

同居する人みんなが、どこに何があるか、中身が何かわかる冷蔵庫が良いですクローバーLINE晴れ

 

 

 

 

 

 

ところで、自分で使うにあたっては、メモックロールの替えだけを購入。貧乏性を発動させて、テープカッターは100円ショップのマスキングテープ用カッターを買って使っていたのですが、

 

 

ネットなら、フル装備(最初の画像のモノ)がなんと、300円弱で買えるのでした。

お安い!コスパがいい!

 

次はおとなしく、そっちにしようと思っています。
 

 



いずれ今はちょっと、ヤマトのメモックロール愛が高まっています。
冷蔵庫のラベリングが楽しい毎日です。



かたづけモノづきあい研究家タコムラさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2018/05/25 23:42



 

築30年。昭和な作り付けのタンス。

 

 

 

このままだと使い勝手も収納力もイマイチ汗で色々さびしい感じなので、

ここを使うにあたり、ちょっとひと手間かけてみようと思います。

 

 

 

 

あのままだとスペースを生かしきれませんので、空間を分割します。
持っている棚やボックスを仕込んで、収納力をアップです!

 

 

 

 

 

 

 

「無駄に上方が空いてるな」と思ったら

 


そういう時、お金や手間をかけずにすぐ出来るのはこういうこと↓↓↓
 

つっぱり棒を2本渡して、軽いすのこや板を渡せば即席棚に。
軽いモノなら置けます。


 

場所柄、頻繁に出し入れするモノは向きませんので、

 

ニトリの吊り戸棚ストッカーを設置して、旅行や出張の時に使うトラベル小物と、セリアのプレンティボックスに、季節で取替えるクッションカバーを入れて収納することにしました。

 

 

 

 

 

 

 

なんか暗い雰囲気は、お気に入りのタイルシートを敷いて(ただ置いてところどころ両面テープで留めただけ)明るさアップアップ

 


素の合板より滑らかになるので、置いたモノが動かしやすくなるというメリットもあります(意外と大事なポイント)

 

 

 

 

 

 

まずはこんな感じでいいんじゃないでしょうか。

 

 

 

 

あとは使いながら微調整して、

 

いずれ、側面には有孔ボードか、もっとお手軽に100円ショップのワイヤーネットを設置して、フックでかける収納ができるようになるといいかも。
 

 

 

 

 


それと、中が暗いので明るさが必要ですね。

モノをとるのに不便あせる

 

最近は100円ショップでも使える照明が色々あるので、今回はその中から選んでみます。

 

 

 


天井に金具をグリグリねじってとりつけたのは、セリアの SMD電球ペンダントライト。結構人気アイテム。

 

単4電池3本使用。

紐を引くと点く仕組みなので、樹脂製の本体を引っ張って点けたり消したりします。

 

十分明るいですひらめき電球

 

 

 



かたづけモノづきあい研究家タコムラさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ