あせあせ(飛び散る汗)下矢印2。私が産まれたとき我が家には両親、兄、母方のおばあちゃんでした。父は婿養子でした。父が長年の夢であった『娘を女子校に行かせたい!』という夢を叶えるべく中学受験をし、なんとか女子校に!…自分の思う道を歩いてくれなかったからでしょうか。中学生になって…">
2016/08/22 17:46


今回は特集が親の話…ということで。

ワタシの場合…

実はかなりパパッ子(笑)。というか母と本当に合わなくて失敗あせあせ(飛び散る汗)下矢印2

私が産まれたとき我が家には両親、兄、母方のおばあちゃんでした。父は婿養子でした。

父が長年の夢であった『娘を女子校に行かせたい!』という夢を叶えるべく中学受験をし、なんとか女子校に!

…自分の思う道を歩いてくれなかったからでしょうか。中学生になってから母は授業参観等はすべて出てくれなくなりました。なので私はすべて父に出てもらいました。途中、単身赴任もしていましたが赴任先から…父にたいしてありがたいと思う反面、母には苛立ちが…。

母は婿養子で自分の母親だから普段は好きな洋裁ばかり。洋裁がワルいこととは言いませんが、家事はほとんどやりませんでした。

高校に入り父がガンになりました。まだ早期でしたが、私は気が気じゃなかった。ちょうど単身赴任をしていた時期で私は家にいる気がしなかった…。

19歳の時、おばあちゃんがくも膜下出血でたおれ、要介護に。みんなでかいごしました。ガンの父も、母も、私も。

20歳でコンタクトレンズ販売会社に就職し、お金をいくらか貯めてやっと独り暮らしおばあちゃんが動けなくなってから家事はすべて私任せの母が嫌いだった。独り暮らしは逃げる術でした。
独り暮らしは幸せだった。少しの間だったけど。

22歳で地元の眼科に転職した矢先、母のガンを知ります。それもまさかの余命1か月。父も余命数年と言われていたから本当にお先真っ暗。トリプル介護に入りました。仕事→お婆ちゃんショートステイ迎えの生活でしたから。病院の休診時間に親の病院だし…。

私が24歳の時、二人で仲良く両親が旅立ちました。半年違い、このとき私は妊娠していて両親の死去にともないお婆ちゃんは施設に行きました。


両親がなくなり13年経ちます。二人の息子の母になり、息子は中1。今になってわかることもたくさんです。ただ、お父さんには本当に感謝。お母さんは今でも私の事は嫌いだったのかなと思います、ただその分息子とは仲良くやりたいのが、本音だけど言うこと聞かない、毎日イライラしてばかりのリアルサザエさんと言われてます失敗あせあせ(飛び散る汗)下矢印2

乱文になってみましたが、親の事書いてみました。



namekyokochiさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ