2015/05/28 17:30


こんにちは〜\(^o^)/

暑いですね〜( ̄▼ ̄;)連日30度超えだそうで、家に帰ったら毎日蒸し風呂状態です。皆さんはお身体大丈夫ですか



ようやく、先々週

の祖母の法事の事をUPさせて頂きたいと思います。今回はとても心のこもったお婆ちゃんがきっと喜んで見てるだろうな〜っという様な、そんな心に残る法事になりました。

場所は加古川にある少し街から離れた所にある、一軒家のレストラン。実はひこまるの従兄弟が経営しているレストランなんです。その昔、その従兄弟の両親である叔父、叔母が2人で作ったレストラン。叔母はひこまるの母の1年後に同じ年齢で若くして亡くなられ、息子である従兄弟が、残されたお父さんを手伝う為料理学校に通って今は名前も変わり、新たなレストランへと生まれ変わりました。とはいえ、レストランの外観はそのまま。子供の頃叔母と一緒に並んで撮った写真の風景そのままです。



皆で順番に手を合わせ、法事が終了し、二部であるお食事会へと進みます。

叔父の司会で始まる心温まる食事会。

叔父もまた、今は難病を患っているのですが、『幸せの連鎖』の話や、叔父と叔母の馴れ初めには母が関わっていた懐かしい話を一生懸命話されていました。ひ孫である子供達も静かに話を聞いていました。きっと『静かにしなさい』って言わなくても、子供にだって人が真剣に話してる事って伝わるんですよね。いいお話を聴いた後は、お婆ちゃんの孫である従兄弟とその奥様の作るコース料理のスタートです。

あんなに小さかった従兄弟がしっかりとレストランでシェフを勤めてるなんて、お婆ちゃんもきっと天国で喜んでいる事でしょうね。そして叔母も・・・

従兄弟夫婦は終始動きっぱなしだったので、ゆっくり参加して頂けず、申し訳なかったのですが、忘れられない一日になりました。



お料理はメモが撮れなかったので写真だけですみませんm(_ _)m





鮮魚のカルパッチョ風なサラダでした。海ぶどうものせてあったり、ドレッシングも美味しくてまさか、法事の日にこんなにご馳走が食べれるなんて、代々の食いしん坊がわかって頂けますか(笑)





お次はスープ。このお皿はシェフである従兄弟がデザインしたもので『ソレイユ』というお皿だそうです。本当に太陽みたいで、柔らかさと明るさを備えたどこか彼のお母さんみたいな明るい作品でした。

中はポタージュスープ。新玉ねぎとジャガイモを使っていたかと…。上にメレンゲがのっている可愛くてスイーツみたいなスープ。見た目もキュートで、お味もまろやかで美味しかったです。





こちらは奥様お手製のパン。二人三脚で2人でお料理〜デザートまで作られるんですから素晴らしいですね





ビールの次は大人のぶどうジュース(笑)

赤ワインを呑んだり…





こちらはお魚料理。明石の天然鯛のソテー

ソースも美味しくて鯛もふっくら。お魚美味しいね〜(⌒▽⌒)盛り付けも勉強になります。





ここにもこだわり…ハートランドビール。

美味しいんですよね〜(*´ω`*)ゞ

ボトルまで可愛くていっぱい飲んじゃいました(可愛いは関係ない





最後はお肉まで〜

もうお腹がはちきれそうで食べられないって思っていたのに、食べられた(笑)

ドッヒャ―――Σ(´▽`ノ)ノ―――!!

美味しいとお酒は進むし、沢山食べらるし、正直で現金なものです

最後はデザート〜(⌒▽⌒)



アップでもう一枚



何種類も盛られたスイーツは全て奥様お手製〜

いや〜どれもこれも、本当に美味しかったです。お店がもっと近くにあるといいのにな〜ヽ(*⌒▽⌒*)ノ下の弟くんは運転手だったので、こんな美味しい料理にお酒をマリアージュ出来なくて申し訳ない。



祖母が残してくれたお金で家族が揃って皆でご飯を食べる。そしてお婆ちゃんの孫である従兄弟夫妻がお料理を作り、ひ孫迄集う。素敵な時間でした。



お店はほぼ全面窓になっている造りの為、昼間はとても明るくて気持ちがいい



小物使いもとても可愛く、お店にピッタリ…



奥様の作られた雑貨もセンスがキラリ



お庭もとっても緑がいっぱいで素敵でしょ〜(⌒▽⌒)





お店情報はこちら↓

LA PROVENCE
LA PROVENCE
ジャンル:レストランウェディング
アクセス:JR加古川駅 北口 車13分
住所:〒675-1232 兵庫県加古川市平荘町里204-5(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 加古川×パーティールーム・スペース
情報掲載日:2015年5月28日






この日は内弁慶な姪っ子ちゃんは、ひこまるに終始ベッタリ…お姫様は意外と『あかんたれ』なんです





しかもあろうことか、ひこまるにこの日kissをしまくる姪っ子ちゃん。

私、そういう趣味は持ち合わせていませんよ( ̄▼ ̄;)

『もう〜〜やめて〜や〜(*/∀\*)イヤン』ってひこまるが逃げるのが逆にお姫様のお気召された様で、余計に激しくなる。

しかも、私のリップが自分の口につくとお化粧したみたいに唇がポッと華やぐのが、女子力満点の姪っ子ちゃんにはたまらなかったみたい。



皆が居ると借りてきた猫ちゃんみたいになっちゃうから、車の中は大騒ぎ…私も小さい頃、とっても内弁慶だったので、血は争えないなっと思ってしまったのでした。



お店を作られた叔母も、人が食べる笑顔が好きだった祖母も、食いしん坊で食べる時いつも笑顔だった母もきっと、皆が集まってたんじゃないかな〜!?っと思える様なそんな法事の日の一日でした。



人を悼む方法はその家庭それぞれだと思います。こんな法事はちょっと失礼だと思われる方、明るくて楽しいなっと思われる方、それぞれの感情があって当然だと思いますが、もし私が祖母の立場なら、これ以上の幸せな光景はないだろうな〜っと祖母の元気だった頃の笑顔が浮かびました。



皆が元気でその場所に揃い、亡くなった方の思い出話をする。私はそんな事もとても素敵な供養だと思っています。



最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。

今日も心からの感謝を込めて・・・







ひこまるさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ