2019/08/17 17:11










解放された加害者が、今、どこで何をしているのか……


それは、被害者であっても、知ることはできない。


警察は、教えてくれない。


"警察に守られる加害者"


ずるいと思うし、憎たらしい。








自分の都合のいいように、あることないこと自由に言いふらす加害者。

加害者の言い訳に踊らされた警察に、
落ち度があると決め付けられ、責められる被害者。



数週間たらずで自由の身になれる加害者。

また危害を加えられるかもしれないという恐怖に怯え、
トラウマに縛られ続ける被害者。







被害者は、今までの生活を失う。

やりがいを感じていた仕事も、住む場所も、時間も、自由な未来も奪われる。




それなのに、加害者は……







結論。

やりたい放題イヤがらせした方が得。


他人を不幸に陥れ、自分が優位に立つことで自尊心を保ち、尚且つストレス発散できる。

犯罪者目線で考えれば、罰金もなく、数週間拘留されるくらいチョロイものではないだろうか。


死刑さえ逃れられれば、いくらでもやり直せる希望がある。

そんな犯罪者が、ある意味羨ましい。






仕方ないと放置し、


被害者ばかりに我慢を強いる。


やったもん勝ちの世の中。


犯罪者に手厚い世の中。








※私が過去にDV被害に遭った際の個人的な意見や感想です。



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 



節約中のママ♪さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ