2016/03/23 11:57

先日、レオナルド・ダ・ヴィンチ-天才の挑戦 特別展を見に行ってきました!

今回は旦那さんとのデートではなく、なんと平日に行ってきました(・ω・)


こっそり着物教室に通って早2ヶ月ちょっとになりますが、

その着物教室のイベントで、着物を着ておでかけしよう!っていうのがありまして。


その行先の中にレオナルド・ダ・ヴィンチ展があったんですよね(*´ω`*)♪

まだまだ着物もモタモタとしか着られないし、おでかけ緊張するなぁって思ったけど

着て出かけられるようにならんと意味ないし!


何よりダ・ヴィンチ。


どっちにしろ行きたかったもんね!

朝11時に教室で着替え、出発☆


 


レオナルド・ダ・ヴィンチ-天才の挑戦 特別展 (1)


 


江戸東京博物館です。初めて行きました!

両国駅からすぐそこなのね。写真は全部カメラではなく写メです〜(お土産の写真だけデジカメ!)


 



 


混雑状況こんな感じでした


 


平日の午前だというのにちょっと並んでます。


 


レオナルド・ダ・ヴィンチ-天才の挑戦 特別展 (2)


 


この後わんさか人が来てました^^;

うーん、侮れんダ・ヴィンチ人気…

我々着物集団は全員で20人くらい??(私と同じ初級コースさんは、自分含め3人だけでした^^;)

事前にチケットは先生が買ってくださっていたので、並ばずスムーズ入場。


 


レオナルド・ダ・ヴィンチ-天才の挑戦 特別展 (3)


 


いつもは美術館には旦那さんと来るから、なんか変な感じ。。

ちょっと空気に呑まれて音声ガイドを借りられなかったんだけど、

せっかく来たのに!!と思いなおし、早々に入り口に戻って音声ガイドお借りしました。

慣れない着物で慣れない相手と来るだけで、やっぱ調子狂うなぁ^^;


 


中の混雑状況ですが、そこそこ。って感じでした。

平日の午前っていうのもあるかもしんないけど、想定内の混雑っぷりって感じです。

そこまでハードじゃなかった。

休日はえらいことになってそうだけど…


ただ、私が行ったこの日は、非常に前に進むのがゆっくりでした。

並んだところで全然進まへん。

いくら音声ガイドで並ぶ時間の暇を潰すと言っても、ゆっくりすぎやしないか??(;´∀`)


 


集団行動なので(特別展観賞中は自由行動ですが)、みんなでランチする集合時間が決まっていました。

なのであまりゆっくりできないし、前半は完全に流し見…


まぁ見たかったのはレオナルド・ダ・ヴィンチの絵画だから^^;

同じ時代の他の画家さんには悪いけど、こっちは時間がないからさー(;_;)

ネームプレートだけは一応全部ちゃんと見て、

レオナルド・ダ・ヴィンチの絵があったら流し見を止め、しっかり見てきました。


 


流し見してよくわかったけど、

レオナルド・ダ・ヴィンチの絵って線が非常に細かいし、

つまり写真のような自然な立体感が鉛筆1本、筆1本で表現されているし、

とにかく他の作品に比べてひときわ目立っていたので、

ネームプレートなんか見なくても「あ、あれダ・ヴィンチ作品だ」ってわかったりします。

ちょっと、そういう見方も面白かったです^^


混雑してしゃーなければそういう楽しみ方もあるってことを私はここで提示しておきたい(笑)


しかし…それにしてもレオナルド・ダ・ヴィンチの作品めっちゃ少なかった気がする…


 


レオナルド・ダ・ヴィンチ作品に対する全体的な感想


 


全体的な感想ですが、レオナルド・ダ・ヴィンチって、とっても細かいです。

その…全部が。です。

線も細いし、スケッチブックも小さいし、

大胆に「どん!」と何かを描くと言うよりは、細かくびっしりモチーフを詰め込んでくって感じ。

なんとなくゴッホを思い出しました。対照的すぎて(笑)


 


音声ガイドでも言っていましたが、例えば花の絵があれば、それは絵というよりは植物図鑑。

まさに、そうです。図鑑のように詳細に、モチーフの観察記録をしているような印象なんです。

試行錯誤の跡が見えるようで、カッコイイです!(∩´∀`)∩


人物画もそうでした。

体の中のある部位を徹底的に「極める」ような描き方をしている気がしました。

基本に骨があり、その周りに筋肉があり、筋があり、脂肪がある…ということが、わかるような描き方。


作品タイトルも『〇〇の研究』と書かれているものが多い。

極めるというか、作品を仕上げるための研究だったんですね。


文字も非常に細かかった。

空を飛ぶことを夢見ていたレオナルド・ダ・ヴィンチは

自由に空を飛ぶ鳥からヒントを得て、飛行機なるものを設計するのですが

その鳥の研究記録や、飛行機の設計に関する記述ノート(鳥の飛翔に関する手稿)がずらりと展示されていました。

その文字がね、


 


ちっせぇぇー(;´Д`)


 


ってなる。

まるで受験生のノートのようだ(笑)

しかしどのページもとてもきれいに文字が並び、図が並び…それがとても美しいんです。

非常に繊細な文字、図。悪意をもって見れば、もしや神経質なのかな?と思うくらい、美しいノート。


今回日本に来ていたのは、そういう印象のものが多かったです。


 


印象ではないけど…

ダ・ヴィンチは、描く人物の感情を描けなければ意味がないと感じていたようです。

そこで、手の動きなどで想いを表現したんだとか。

この美的センス、なんだか日本の伝統芸能に似ているな、なんて思ったり^^


 


『鳥の飛翔に関する手稿』


 


鳥の飛翔に関する手稿(飛行機ノート)に関してだけど、文字もレオナルド・ダ・ヴィンチのオリジナルだから、

英語が読める人でも普通にしてたら読めないはず。

でも、皆さんじっくり見ていらっしゃるので、なかなか前に進まないのです(笑)


で、私は集合時間のことがあったし、しびれを切らして列から離れたのですが…

ちゃんとわかんないけど、たぶん…

壁にかかっていたの、レプリカじゃないのかな??本物なのかなー…

私にはよくわかんなかったけど「なんか印刷っぽいな」って思って^^;


ちょっと先に進んだところに、ガラスに囲まれたノートがあったし。あれが本物なのかも??

文字がキレイ!というのと、天才だ!ってことだけわかれば十分(笑)

あまりダ・ヴィンチの飛行機に興味がなかったので、内容スルーしてしまいましたすみません。。


 


でもこの飛行機のところですごいなって思ったのは、

レオナルド・ダ・ヴィンチはトライ&エラーを何度も何度も繰り返してるってこと。


普通の感覚だと、1度や2度の失敗なら次また頑張れても、

そう何度も何度も失敗することって耐えられないと思うんですよね。少なくとも私はそうやし。

でもレオナルド・ダ・ヴィンチは、何度も挑戦し、そして学んでいったんですって。


失敗からも、あらゆる新しい事実を発見し、全てを吸収する力。

それを次に生かす継続力と、集中力・モチベーションの高さ。


 


かっこ、いいですよね。


 


惚れました♡(笑)


いやでも結婚とかはちょっとなー巨匠はヤンチャがすぎるから難しいけど!(相手にも選ぶ権利あるわwww)


 


しかし飛行の理論などはこのノートに記されているのですが、

肝心の飛行機の設計図は、レオナルド・ダ・ヴィンチの頭の中だそうです。

自分の発明が盗まれることを恐れてなのか…と、音声ガイドが響きます。

つまり、彼の死とともに、残念ながら、設計図も無くなってしまったんですね。。。


そして、このノート(確か)は後に、あろうことかページをバラバラに離されて、売りさばかれたそうです。

色んな運命があるんですね。


 


ちなみに、今回の音声ガイドは生瀬勝久さんですが、

『鳥の飛翔に関する手稿』ではレオナルド・ダ・ヴィンチになりきって演じられています。

ダ・ヴィンチって神格化しているけど、こうしてセリフが入ると身近に感じますね。

人間だったんだなぁ、って思えるっていうか(笑)ちょっとニヤニヤしちゃいました( *´艸`)


 


『糸巻きの聖母』


 


観賞途中でだんだんと帯が苦しくなってきた。

う〜ん、しんどい。

という時に、大行列が目に飛び込んできました。


 


は、え、何?(´゚д゚`)


 


『糸巻きの聖母』を見るために並んでいたようです。

これがまさかの30分待ち。

ぎょえー!!!

まじっすか!!

時計を見ると、集合時間までギリギリ間に合いそう。

これ見なきゃ来た意味ないじゃん!!


 


並びましたよ。


 


でも実際20分くらいだったような気がします^^♪

帯がしんどいとか言ってましたが、だんだん前列になっていくにつれ、

人々の隙間からチラチラっと『糸巻きの聖母』が見えてドキドキUP♡

帯の苦しさも薄れていく妙なテンション(笑)


この並んでいるとき、


 


「音声ガイドあってよかった」


 


ってめっちゃくちゃ思いました(笑)

まさかこんなトラップがあるとは入場段階では思ってもなかったし。

この大行列、音声なかったら一人ではちょっとキツかった。

これから行かれる方は音声ガイドをつけることを強くおすすめします(笑)

レオナルド・ダ・ヴィンチの曲とかもあるし、展示にはない裏話が聞けて楽しいですよ♪


 


で、その『糸巻きの聖母』ですが…


イエスのほっぺがプニップニで超可愛かったっていうのが素直な感想!!!

ごめんなさいほんまにこんな第一印象やってん…(;´∀`)


芸術に…というよりは、かわいい赤ちゃんのほっぺに激萌え。

いいのか感想こんなんで(笑)

もうね、たまーに街中でお見かけする「ほっぺがこぼれ落ちんばかりのプニップニな赤ちゃん」でした。

これ、チラシやWEBで見た印象と全く違います。

本物を目の前にすると、プニップニ感が5割増しくらいに見えます、ほんとに。


あー、最高のぐうかわ赤ちゃん見れました。もう満足です(*´ω`)


 


って、これだけだと感想にならんので、もうすこしまともな感想も一応…^^;


輪郭をぼかすというのは、ナントカっていうレオナルド・ダ・ヴィンチの手法だそうですが、

この『糸巻きの聖母』を目の前にすると、どういう効果があるのか体感できると思います。

あくまで私の個人的感想ですが、この手法は

ふわりとした柔らかさは当然ありますが、絶妙なぼかし加減で背景という世界になじませ、

神秘的でありながらも「そこに居る」というリアリティを生み出しているのかなと。


細部にわたるキメ細やかな筆使い、色使い、物語性、構図…

どれをとっても美しいのですが、一番美しいとダイレクトに感じたのは、構図でした。

というか、バランスっていうのかな??

イエスの体が特にね。ミロのヴィーナスのようにわずかにねじれて、そして天に上昇していく。

彼を支える聖母のねじれも、上品だけでなく優しい印象で、母としての愛を感じました。


一見の価値アリっていうのはこういうことを言うのかもしれないですね。

本やネットでは本物を前にした時の印象とは、ガラリと違ってくるので♪


 


面白かった、印象に残っていることまとめ


 


「天才って変わってる人が多いよな」って言うのは共通の一般認識かと思います(失礼!)が、

やはりダ・ヴィンチもそうだったようです。

当時のファッションはロングが流行していたそうですが、

天才はバラ色の膝丈ファッションだったとか。めっちゃ目立つよねソレ。

やっぱ天才は違うな…


 


思わず笑みがこぼれたのは、ダ・ヴィンチの弟子に関する音声ガイド。

お名前は忘れちゃったんですけど、周りの人から物を盗んでいくような

どうしようもないお弟子さんがいたんですって。


で、そのたびにダ・ヴィンチも怒るのだけど、なぜか彼を憎めない。

結局ダ・ヴィンチは、その彼に財産まで残したそうです。


現代にも居ますよねー、なぜか憎めない困ったさん!

ダ・ヴィンチのそばにも居たんですね(∩´∀`)∩

こんな人間臭いエピソード、ちょっと心が温かくなりました。


 


レオナルド・ダ・ヴィンチの言葉で印象的だったもの


 


よく聞くがいい

苦労せざる者は幸運に値しない

大きな苦痛なくして褒美が得られようか

障害が私を屈服させることはない

あらゆる障害は努力によって打ち破られるのだ


 


画家は自然を師匠としなくてはならない

目に見えるもの全ては自然から生まれ

その生み出されたものから絵画は生まれるのだから

まず自然から学ぶべきなのだ


 


絵画は科学である


 


人間は大いに喋るがそのほとんどは無益で偽りに満ちている

一方動物は少ししか喋らないが内容は有益で真実だ


 


そして最後に、一番印象的で、おうちに帰って旦那さんに真っ先に伝えた言葉はこちらです。


 


立派に費やされた人生は長い


 


翻訳の力もあり、私の中で神格化というよりかなり美化されたレオナルド・ダ・ヴィンチさんでした(笑)


 


お土産


 


今回は『糸巻きの聖母』の商品化が世界初ということで、チケットファイルを買ってきました♡


 


レオナルド・ダ・ヴィンチ-天才の挑戦 特別展 (4)


 


かーわーいーいー♡♡

あーもうイエスのほっぺがたまりません(笑)

これで300円!

チケットファイルなんて何に使おうかな??特に使う予定はないですが、手元に置いておくだけでしあわせ♡


 


レオナルド・ダ・ヴィンチ-天才の挑戦 特別展 (5)


レオナルド・ダ・ヴィンチ-天才の挑戦 特別展 (6)


 


他の着物の皆さんとの待ち合わせ時間ギリギリになり、急いでランチに集合。


 


着物でランチ


 


母方の祖母の着物。全部頂き物です(=゚ω゚)ノ着方はこれからうまくなる予定です(ー_ー)

頂き物だけでのコーディネート…真っ赤っかの帯はやはり年齢的に無理があるような…まぁ練習だから良いよね…


帯が苦しいって思ってたけど、お腹が空いて気持ち悪かっただけでした(笑)

たくさん食べて気分も治った!

楽しい一日となりました♪



micuさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2016/01/22 17:27

母と祖母と宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー)に行くことになりました。

せっかく東京に来てるから、帰る前になんかちょこっと遊べたらいいなぁということで

母がチョイスしたTeNQ。(前の日は3世代揃って浅草女子旅行ってきました)


はじめはあんまり期待してなかっていうか

正直みくびってました。(失礼)


でもここ


めっちゃおもろかった(´゚д゚`)


 


宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー) (1)


 


なんか体験型ミュージアム??みたいで、いろいろ遊べるものを用意してくれてます。

プロジェクションマッピングも見られるし、短い映画みたいなのもある。


デートにも良いと思う!!

後日旦那さんともここに来ようと思います^^♡

それくらい私は楽しかった!母も祖母もちょー楽しんでました(笑)


 



 


TeNQで見た映像の感想


 


黄色いビル6FにあるTeNQ。

エスカレーターを上がってすぐに窓からお月さま。


 


宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー) (2)


 


この時点ではね。

「あーまぁ博物館ってそんな感じよね」

みたいな気持ち。超上から目線(笑)

OPENが11時。平日のOPEN直後、11時はこんなかんじです。


 


宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー) (3)


 


ガラガラやなーw


チケットを買い、すぐに「はじまりの部屋」へ。

ここで何が見れるのかなぁと思ってたら、これが意外にすごい!!

プロジェクションマッピング、生で初めて見ました!!


めっちゃオモロイ!!


観客は私たちとあと3人だけでしたが…^^;

でも見ごたえあるしほんま良かった―♪

はじめは最前列に居たんだけど、壁一面に映像が映されるので、映画と同じで最前列だとちょっとしんどいかもと思って

中央の席に移動しました(お客さん少なかったからできたんだよね、ラッキー☆)

そしたら全体を見渡せたし、独特の浮遊感というか感覚も味わえたので、中央の席がおすすめかもです^^


 


宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー) (4)

出典 宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー)


 


10分?15分かな??のプロジェクションマッピングが終わると、次はシアター宙(ソラ)へ移動します。

ここではプラネタリウムの逆で、足元に映像が映し出される感じ。

これもめっちゃ良かったー!たぶん15分くらい。


 


宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー) (5)

出典 宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー)


 


ちなみにこれは立ちっぱなしです。

でもチケット買う時に受付のお姉さんにお願いして、母と祖母の分のイスをご用意いただきました。

スタッフさんの優しさに感謝です(>_<)


 


ここではかなりダイナミックな映像を見ることができます。

宇宙をテーマにした映画(?)で、ナレーションは一切なく、ただ音楽と映像に飲み込まれる感じ。


独特の浮遊感を味わえます。空を飛んでいるような、宇宙に行ったような。

星々の間を飛んでお散歩するような感覚です。最高!!


しかし私は普通に電車でも酔うような人間なので(車は寝てないと気持ち悪くなるタイプ)

ちょっと気持ち悪くなりましたが、こらえてしっかり見てきました。根性w

酔ったようになったら目を閉じて手を挙げてくださいって最初に言われるんだけど、

ちゃんと全部見たかったからね〜。


母と祖母は全く車酔いとかない人なので全部ばっちり楽しんでました♡


 


なんかね、ナレーションもないんだけどストーリーみたいに感じるというかね、

この映像を作るのにも演出さんが居てデザイン?美術?とか、音響、技術…色んな人の力が結集して

こんな感動的な映像が生まれたんだろうなぁと思うと、更にドキドキしてしまった。

こんなの作るなんて人間てスゴイね・・・


なんか、ほんと、正直期待してなかったのに、

こんなに楽しませていただいて、見くびってたことほんまに申し訳なくなりました(笑)

めっちゃオモロイやんかここ。

旦那さんとも宇宙のお散歩したーい!!絶対次は旦那さんとふたりで行くねん♪


 


サイエンスも見ごたえ抜群


 


ふたつの映像を堪能したあとはサイエンスへ。

東京大学総合研究博物館とのコラボなんだそうです。

なんか展示の仕方が美術館チック!しかしなんだかアグレッシブな展示です。

カラフルで大小様々なプレートがあって、プレートの配置も美しいから見た目にも飽きないつくり。


 


宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー) (6)


 


「私たちは、特別な場所に生きているのか?」


 


という問いがあり、


 


「地球は宇宙の中心どころか、太陽のまわりにある惑星のひとつに過ぎない。

地球の軌道を支配している太陽は、似たような恒星が数千億個集まってできた

銀河系の目立たぬ構成員でしかなく、

その銀河系ですら、この広大な宇宙の中には1000億個以上あるといわれているのだ。」


 


という答えに、果てしなさを覚えました。


 


宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー) (7)


 


「私たちは、特別な時代に生きているのか?」

「海は地球以外にも存在している」

「太陽からの距離だけでは、地球の温暖な気候は説明できない」

「地球はどれほど特別な天体なのだろう?」


 


・・・さまざまなテーマの展示があります。


しかしこういうややこしい話は興味のない祖母。あれ?おらへん、どこで座ってんねんなと思ったら…


 


宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー) (8)


 


半分寝っ転がって何を?(´゚д゚`)


 


と思ったら、天井に球体があり、ここにいろんな場所が映し出されるのを見ていたようです。


 



 


私も。


宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー) (9)


 


っあ”〜足ラクやわ〜〜(おっさんか。。)

ゴロゴロするのに飽きたら記念撮影。

あれ、なんか本当はこのアングルじゃないんじゃない?これだと背景が鏡の意味ないよね。

母よー頼むで〜(笑)


 


宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー) (10)


 


火星の隕石(本物)に触ることもできます。つるつるしてた。みんなが触るからかな〜


 


宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー) (11)


 


記念撮影ができる場所がここにもあるんですが、

ココの背景、映像になってて、風景が流れてく感じなのね。

で、この背景の正体はなんなのって言ったら、火星の風景なんだそうです。すごいなー!


 


宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー) (12)


 


イマジネーションでおおはしゃぎ


 


サイエンスを出ると次はイマジネーション。

遊びがいっぱいの空間です。


 


宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー) (13)


 


もしも隕石を見つけたら…


@どうする!?

Aだれのもの!?

B名前は!?


 


もしも隕石を見つけたら


 


答えは扉の中。

全部意外な答えでビックリしました。正解はTeNQでご確認を♪


宇宙的自己診断とかもある…(笑)

もちろんやってみた!こういうのスキ〜♪


 



 


診断結果、わたしはかぐや姫タイプだそうです。わーい!やったぁお姫様だ〜(笑)


母は地球人タイプ。

え、そんなのあるの??じゃあ私は宇宙人てこと??

かぐや姫って地球外生命体だよね??(;・∀・)

・・・まぁいいや、ちなみにかぐや姫はお姫様なのでイイことしか書かれていませんでした。ラッキー(笑)


 


地球人タイプ


 


浮いてます。


 


宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー) (14)


 


宇宙人と浮気しちゃいました♡うふふ旦那さんごめんよ〜


 


宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー) (15)


 


母もここで一枚撮り、


 


「東京で彼氏ができました♡」


 


と父に写メを送ってました。親子揃ってアホすぎる…(笑)


 


写真スポットはまだまだたくさんあるし、

たくさんおもしろいものがある場所なので、

親子で、友達で、カップルで、夫婦で、ほんとみんなで楽しめると思います^^♪


 


まだまだ遊びたかったんだけど、3人でおじさんのお見舞いに行くまでに

腹ごしらえもしなきゃいけなかったので、全部を回る前に退場。。。

もっと遊びたかったね〜と母。

いっぱい座るとこあるしここ良かったなぁと祖母。


楽しいとこでした、TeNQ♡

所要時間ですが、ほんまじっくり観ようと思ったら、1時間とかじゃ時間厳しいかなぁと思います。

まず2つの映像で30分くらいかかるし、その後のコースもめっちゃ盛り沢山やから…

私はじっくり観たかったから、正直お腹さえ空かなければもっと遊んでいたかったー(>_<)

行くならお昼ご飯食べ終わってから、ゆっくり行った方が良いかもって思いました^^

平日の午前は全然混雑してなかったから、そういう意味では午前の方がいいのかも…うむむ。。。


 


TeNQ 情報


 


TeNQ


TeNQ


 


住所 東京都文京区後楽1丁目3番61号 黄色いビル6F


アクセス JR 水道橋駅(西口)より徒歩1分

都営三田線 水道橋駅(A2出口)より徒歩5分

丸ノ内線・南北線 後楽園駅より徒歩6分


TEL 03-3814-0109


営業時間

平日 11:00 〜 21:00(最終入館 20:00まで)

土日祝・特定日 10:00 〜 21:00(最終入館 20:00まで)


*TeNQでは大型映像や音響・暗転を演出効果に取り入れたコンテンツが数種類あることから

4歳未満のお子様のご入館をお断りさせていただきます。




micuさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2015/10/27 17:51

土曜のデートは上野の東京都美術館でした。

今やってるのはモネ展!

芸術の秋にちょうどいいデートです^^


18日までは『印象、日の出』が来ていたようですが

20日からは『サン=ラザール駅』が特別出展されています。


 


上野 モネ展 東京都美術館 (1)


 


今日何するー?


ん〜、今モネ来てるよね?美術館行かない?


いいね、久しぶりだねー


 


そんな感じで適当に決まったデート先。

いつもこんなん(笑)

でもお天気も良かったし、素敵な一日やった!^^


美術館デートなら、2時間くらいで見て回るのが私たちは好きなのですが、今回は人が多くて逆に短時間ですんじゃいました…

それでもいっぱい感じることがあったので、忘れないうちに感想書き残しておきます。


 



 


東京都美術館


 


上野公園ではたくさんのパフォーマーさんが各々パフォーマンスを魅せてくれていて

人だかりがすごかったです。


 


上野 モネ展 東京都美術館 (2)


 


そっちも気になるけど、先にモネ展だ!


 


上野 モネ展 東京都美術館 (3)


 


レンガがすてきな東京都美術館。


 


上野 モネ展 東京都美術館 (4)


 


東京都美術館前にある球体のオブジェ。


 


上野 モネ展 東京都美術館 (5)


 


鏡のようです。ここで写真撮る人多数。私も(笑)


 


上野 モネ展 東京都美術館 (6)


 


エレベーターを降りると東京都美術館の入り口があります。


 


上野 モネ展 東京都美術館 (7)


 


…ものすごい人でびっくりしました。。。

えぇ〜〜予想以上に混んでる…ゆっくり見れなさそう〜〜(ノД`)・゜・。


案の定ゆっくり観賞するのはちょっと難しかったです。。。


 


あ!!


そうだ、さすがモネ、大人気で人があふれているから…

行くなら音声ガイドつけるのをおすすめします。


並んでる間に音声聞いてると時間持て余さないし、

私たち夫婦は音声あって良かったねって言い合ってました(笑)

80番は音楽のみのトラック(ドビュッシーの第1狂詩曲です)で、曲聴くだけでもOKやしガイド超おすすめです(=゚ω゚)ノ


 


モネ展感想


 


入場して一番初めに目に飛び込んできたのはルノワールでした。

ルノワールの『新聞を読むクロード・モネ』。


私大喜び(笑)


 


ルノワール作 新聞を読むクロードモネ


 


画像はパンフレットから^^


ルノワールもだいすき!

濁らない色使いで、今回の展覧会への期待を高めてくれます!


 


しょっぱなモネではなくルノワールでしたが、展覧会の名前の通り、ほとんどの作品がモネ。


こりゃ、人が途切れないのも仕方ないなぁ。。。モネ人気やもん。


なんて優しい色使い(゜o゜)*.:+..

でも筆は大胆です。なーのーに〜すごく丁寧で繊細。

どうやったらあんなの描けるの???どんな感性してたら、どんな努力したら、

迫力と繊細さを一枚のキャンバスに両立させられるんだろう。


近くで見たら何の絵かよくわからなかったりするけど

距離を置いてみるとすごいよくわかる。雰囲気が伝わってくる。


 


本とかポストカードとかインターネットとか

色んな媒体で作品は見ることができるけど、やっぱり本物と向き合うと全然印象が違います。


このモネ展、テレビで特集されてて、録画してたのを夕べ見たんですけど。

何枚か作品が映ってましたが、特に睡蓮が全然違う色に映ってて超びっくり!!

あんなに色濃くなかったのに!!

テレビだとすごく暗い色になっちゃって。


旦那さんも「もっと優しい色だったよね」と。だから私の思い違いではないはず。。。

描かれている睡蓮の配置とかで「あぁ、あの作品か!」って気づいたけど

しばらくあの作品だってわからないくらい違う色で本当にびっくりしました。。。


印刷や出力の関係もあるから当然色も違うし、

筆触の勢いを感じたり、何色を重ねてこの色を出してんだろうとか、

そういうのを想像して楽しめるのはやっぱり本物を前にした時だけだと思います。


 


だから絵は生で見る方が断然面白い!!

美術館デートめっちゃおすすめです!!

夫婦で芸術を本気で語らうっていう…


…ってそんな話は置いといて…(;´∀`)


 


積み藁や睡蓮という連作を生み出す原点となった作品にも出会えました。

(音声ガイドでこれが原点ちゃうか〜みたいなことを言ってました)


『クルーズ川の渓谷、夕暮れの効果』


モネ作 クルーズ川の渓谷、夕暮れの効果

いづつやの文化記号 様から画像お借りしています!


 


この作品の制作はとっても大変だったようです。

すぐに天気も変わるし、水かさも変わるし、谷の色だってくるくる変わる。

そのたびに筆を入れなおして大変だったとモネはこぼしたとか。


でもこの作品があったから、温度や湿度や匂い、刻々と変化する自然を捉える難しさに出会い、

またそれらを捉えたいと思い、時間や季節を変えて

同じモチーフを何枚も何枚も制作するというスタイルにたどり着いたのかもしれません。


音声ガイドでそんなようなことを言ってました^^


 


風刺画もたくさん来てました。旦那さんもとても楽しんでいた様子。

モネが、日本で言う高校生くらいの時に描いてた絵だそうです。


 


モネ作 風刺画 カリカチュア 劇作家フランソワニコライ、通称クレルヴィル


 


ウジェーヌ・ブーダンがこれらの風刺画に目を留め、モネに

君はきっとこのタイプの絵には飽きてしまうから、外で色を使って描きなさい

というようなことをアドバイスしたんだとか。

ブーダンとの出会いがモネをモネにしたというか、運命やな〜って思う…


で、、、やっぱり睡蓮が人気!

何枚も何枚も描かれた睡蓮、同じ題材でここまで違うように描けるのかと見せつけられました。


 


モネ作 睡蓮


 


すごい人だかりで、ゆっくりじっくり見るというのはなかなか叶わず。

それでもなんとか正面からしっかり見てきました!^^;


これ、↑の写真ほど実物は濃い色ではないです。

先に似たようなこと書きましたが、テレビでもなんか暗く映っちゃって…

本当はもっと淡く薄い色に見えます。


この絵を前にして旦那さんと話してたのはこんなこと。


色がきれいだね

水と睡蓮では筆触が違うよ

奥の睡蓮と手前の睡蓮では色が違うね、わずかな違いだけど奥行が出るんだね

水にも奥行があるよ、水の場合は反射があるから奥が明るいね

睡蓮の影がすてきやわ


ちょっとしか見られなかったけど…人も多いし仕方ない、コースを進め。。


でも私はやっぱりもっと見たいと、ちょっとコース進んだらすぐその睡蓮に戻りました(笑)


でもでもやっぱり人だかりで正面からゆっくりは見れず。

仕方ないから作品から5mほど離れた斜め(ほぼ横くらいの角度)から作品を見て…

イメージこのくらいの角度。


 


上野 モネ展 東京都美術館 (10)


 


そしてすごいことに気が付いた!!


慌てて旦那さんを呼びに行き。


 


私「すごいことに気づいたよ!きてきて!」


旦「なになに」


私「ここから見るとね、正面から見るよりもっと睡蓮が浮いて見えてリアルなの!!」


旦「え?…ほんとだすごい!浮いて見えるね。TVとかだとほとんど正面からしか作品って見れないし、

こうして角度つけて見れるのは美術館ならではだね」


 


筆触が水面とははっきり違うから、より浮いてるように見えたのかも^^

斜めからだと人だかりで見えないってこともないし、逆にゆっくり観賞できました(笑)


これから行かれる方はぜひ斜めからも見てみてください、面白いと思います^^


 


目の病気を患ったあたりからかな…

睡蓮は色濃く、より抽象的になります。


これまでは淡い色が多かった。ピンクとかグレーとか…優しい色。


もしかしたら、病気の加減で濃い色になっちゃってるけど、

本当は以前と同じような色で描いてるつもりだったのかな、

と私は思ってしまいました。実際はどうなんだろう、わかんないけど。。


だって目の手術を受けて色がわかるようになった後(と言われている)の作品では

やっぱり色は濃い目だけど、病気を患う前によく使ってた淡い紫が入っていたから。

本当はこういう色を出しているつもりだったんじゃないのかな?


真相はわからないけど。


でももしそうだとしたら…と勝手に考えて切なくなりました(._.)


旦那さんがふいに


 


「もしかしたら前にあった絵と同じような色で描いてたつもりだったのかもね」


 


と。

私と同じことを考えていたようです。


手術後モネが使っていた実際のメガネの展示もありましたが、

両目の色のバランスを保つため、全体的に青みがかって見えるのを調整するため、

レンズに色を入れて霞を入れて。特注のメガネでした。


 


モネ 白内障手術後の眼鏡


 


なんか、奥さん二人も亡くして、お子さんも友達のルノワールにも先立たれて、

目が悪くなってきてどんな思いやったんやろう。

もし私だったら、と考えるとめっちゃ切なくなって、ブルーになりました。。。

美術館でここまでブルーになったのは初めてだわ。。。orz


それでもやっぱり来て良かったです。


大切な人たちより長生きした分、色々つらいこともあったかもしれないけど、

でも彼の作品は力強いし、挑戦し続けてエネルギッシュで、

パイプ加えてアトリエ(?)に立ってる写真なんかめっちゃワイルドでかっこよくて。

今でも多くの人に愛される作品を生み出したモネは、ほんまにかっこいい!


テレビのモネ展特集では「モネは大往生だ」だって(笑)


人が多いのは大変だったけど、すてきな展覧会でした。モネに会いに行ってよかったです^^


絵っていいなぁ、美術館っていいなぁ。

感じたことを思い出しながら、興奮しながら書いたから日本語変かも…

ごめんなさい。。。^^;


 


旦那さんのお気に入りの一枚。

晩年の作品、睡蓮です^^


 


モネ作 睡蓮 晩年


 


音声ガイドについて思うこと


 


美術館に行ったら私たち夫婦は毎回音声ガイドをつけます。

今回みたいに混んでたら余計に絶対ガイドある方がいいー!

並んでる間の暇つぶしになるから(笑)


安住アナのガイド聞いたことあるんですけど、これまで聞いた中では最高、ピカイチの音声ガイドでした。

滑舌も緩急もセリフの感情移入もとっても心地よくて

絵のストーリーにすっと入っていける感じ。


音声ガイドさん、ほんと大事です。

音声聞きながら見る人にとってはいかに絵に集中できるか、酔いしれるか、

音で決まると言っても過言ではないと思う…

あぁBGMとか誰が選んでるんだろー??そんな仕事してみたかったなぁ…(>_<)


だから毎回ガイドさん楽しみ。


今回は田辺誠一さんでした。美声^^

田辺さんも絵を描く人だったんだと初めて知った!

オフィシャルキャラクター描き下ろしたとか。

意外にかわいい絵を描く人なんやな…(*´ω`)


 


モネ展のおみやげ


 


全部荷物をコインロッカーに預けてしまったからお金がない!!


という事態に旦那さんの小銭入れが大活躍。

ありがとうポケットに入れといてくれて…ほんとありがとう旦那さん(;∀;)


ポストカード買おうか悩んだんだけど…

今回はマルチクリーナー買いました〜(∩´∀`)∩イェーイ


 


上野 モネ展 東京都美術館 (12)


 


印象、日の出。モネ34歳の作品。歴史的な作品ですね。


テレビで見たけど、この日の出の時間が特定されたそうで…


1872年11月13日 午前7時35分頃


に描かれた作品である可能性が高いと特定されたそうです。


 


すごい細かいな!!(゚Д゚;)


 


これは日の出じゃなくて日の入りなんじゃないか、とか色んな議論がある中で

色んな研究がされて、こんな細かな時間までわかるってすごい(゚Д゚;)

アメリカの天文物理学者、絵画修復師、美術史家などなどがチームを組んで

1年半にわたる詳細な分析が行われたそうで…


この時間に特定された理由は


モネが描いたとされる場所からル・アーヴルの港を眺めて、

絵に描かれている水門が開いてる時間が当時満潮時の2時間くらいしかなくて、

さらに潮の高さがこのくらいで、太陽の高さ・位置がここだから…


というように色々照らし合わせて推測されてるみたいです^^


裏側は睡蓮。


 


上野 モネ展 東京都美術館 (11)


 


えぇぇぇぇもっと淡い色だったのにぃぃぃ……全然色が違うよぉぉorz

ってくらい別の色に見える(;・∀・)


でもいいの、こういうのも美術館グッズの楽しさのひとつ!

ここでしか買えないっていう所に価値があるんじゃぃ( ̄ー ̄)


実は何年も前にゴッホ展に行ったときもマルチクリーナーを買いまして。

眼鏡ふきとして未だ大活躍。


 


上野 モネ展 東京都美術館 (13)


 


使いすぎてよれよれになっちゃってるけども(笑)

でもこの作品は忘れられない。

星降る夜、アルル。

星がキラッキラしてて、深い青も透き通っててめっちゃイキイキしてた。

使うたびに絵を見て感じたことを思い出せるから、こういうのは買っておいて損はないのです^^


小銭入れに1000円しかなかったから、もうギリギリのお買い物やった…


旦那さんほんとありがとう〜〜〜!!


 


東京都美術館 案内


 


東京都美術館


東京都美術館


 


住所 〒110-0007 東京都台東区上野公園8-36


最寄り駅からの所要時間

JR上野駅「公園口」より徒歩7分

東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅「7番出口」より徒歩10分

京成電鉄京成上野駅より徒歩10分


TEL 03-3823-6921(代表)/ FAX 03-3823-6920


開館時間 9:30〜17:30

*特別展開催中の金曜日9:30〜20:00

※いずれも入館は閉館時間の30分前まで


休室日

特別展・企画展 毎週月曜日(祝日・振替休日の場合は翌日)

上記以外の展覧会 第1、第3月曜日(祝日・振替休日の場合は翌日)


全館休館日

毎月第1、第3月曜日(祝日・振替休日の場合は翌日)

整備休館 7月6日〜7月15日、12月21日〜12月28日

年末年始 12月29日〜1月3日


※入館料は無料です。観覧料は展覧会ごとに異なります。

※展覧会・イベント等の最新情報はトップページをご確認ください。

※公募団体等による展覧会スケジュールは、トップページまたは、

「公募展カレンダー」をご覧ください。




micuさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ