2018/06/27 23:45

子供部屋が1つしかなく、勉強机を2つ置いたらもういっぱいです。子供たちは、それぞれに個室の部屋がありません。子供部屋は、安らぐ場所ではなく、机2つでいっぱいで、荷物置場みたいになっています。それでも何となく、なんとか過ごしてきました。
 f:id:mimisan0122:20180627232528j:image


自分の部屋が欲しかった、事あるごとにそう言います。仕方がなかったのですが……。その反動か、2人とも大学は、親元を離れて一人暮らしをすると言い出しました。ならば、子供たちと密に過ごせるのも残りあと1〜2年くらいでしょうか?


f:id:mimisan0122:20180627232519j:image


狭いからこそ、隔たりがなくステキな部分もあります。息子が子供部屋に居ると、リビングのテーブルで娘が勉強することもあります。私は料理をしながら、娘が近くで勉強している姿が見られるのは、いいものだなと思っています。部屋が広かったら、きっとなかった光景です。


いつも家族を感じていられるのも、マンションが狭かったからこそです。お陰で、個室に閉じこもるなどということもなく、誰かが必ず近くにいる、そんな暮らしです。狭かったからこそ、必然的にそういう暮らしになりましたが、私にとっては願ったり叶ったりの『ステキ』な事です。


f:id:mimisan0122:20180627234213j:image


あと少ししか、一緒に居られないであろう子供たちとの時間を、空間を、大事に過ごしていきたいと思います。


狭いお家でありがとう!(^ ^)

mimisanさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ