2019/09/16 22:48

本土の大学に行っている娘が、夏休みで帰ってきました。娘がいるだけで、家の中が明るくなります。


f:id:mimisan0122:20190916223006j:image


娘の帰省の一番の目的は、夏休み期間で運転免許を取る事です。今、頑張って自連に通っています。自連通いで目一杯のスケジュールですが、週末のお昼や夜は、家族でできるだけ一緒に過ごすようにしています。普段はなかなか行けない外食にも!今だけの贅沢。お寿司が大好きな娘、早速、回転寿司のスシローに連れて行きました。お寿司の次は、お肉!やっぱりステーキへ。今のうちに沢山食べて、栄養つけて、ね。娘が側にいる幸せを感じながら、ラスト1週間を大事に過ごしたいと思います。やっぱり女の子はいいな〜。


f:id:mimisan0122:20190916223659j:image

mimisanさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2019/09/09 21:38

f:id:mimisan0122:20190909213449j:image
f:id:mimisan0122:20190909213452j:image大学受験の志望校を決めてからの、娘の追込みは半端なく、物凄いものがありました。娘は、心が決まったら真っしぐら。妥協せず、自分をとことん追込む姿には、いつも圧倒させられます。


f:id:mimisan0122:20190909212250j:image


『好きな事をさせた方がいい』


そう思ったのは、中学3年生の時。アメリカに行きたいと言い出し、自分で短期(3週間)の市が主催する留学生派遣の試験を見つけてきて挑戦。合格し、初めてアメリカへ行きました。その後、高校入試も国際科に推薦合格。高校1年の時は、県費短期派遣留学(1ヶ月)に挑戦し再度アメリカへ。そして2年生の時には、県費長期留学(10ヶ月)にトライ。一番楽しいはずの時期に友達との交流も断って、必死の勉強の末合格し、3度目のアメリカへ行きました。


そして今年、国際交流に力を入れている国立大学にも推薦合格。自分の夢を着実に叶えていくその努力と頑張りには、母親の私も脱帽します。


好きな事に挑戦し続ける娘。


好きな事しか頑張れない娘。


f:id:mimisan0122:20190909212705j:image


したい事が見つかると、周りも見えなくなる勢いで確実に夢をひとつびとつ、叶えてきました。きっとこのスタイルは、この先も変わらないのでしょう。


f:id:mimisan0122:20190909212945j:image


『 好きな事をさせた方がいい。』


やりたい事が見つかる時の集中力と輝きはもの凄いです。でもそれ以外は全く不器用で日常生活の事もあまり上手とは言えません。普通の女子高生とも一味違うタイプでした。日本史が好きな歴女で自然が好き。海外に行く度胸もありながら、内向的で人見知りな部分もあります。世渡り上手なタイプでもなく、どちらかといえば苦手な方。独特な世界観を持っていて、国際ボランティアをしたいとか世界中を旅したいとか言い出す娘です。


高校生時代の娘に、私は、


『クレープを食べながら嵐の話をする普通の女子高生でいいのに……』って、冗談で言っていたくらいでした。


f:id:mimisan0122:20190909213055j:image


子供の個性を認める、


簡単なようでなかなか難しい事です。


幼稚園時代、あまりにも他の子とペースが違い周りについていけないので、親として悩みました。相談しに行った園長先生からのアドバイスは、『お母さん、この子は普通じゃないと思って育てなさい』との事。枠にはハマらないけれど、独特の個性を持っていると。幼稚園生でそう言われた新米母親だった私は、とても衝撃で、なかなか受け入れることができませんでした。


f:id:mimisan0122:20190909213143j:image


今なら分かります。


普通や、一般的な進路に当てはめて、ごく普通の生き方に押し込むと、この子はきっと元気が無くなると。独自のスタイルと個性で、人とは一味違う生き方をしていくのだろうと。


子供を信じて見守るしかない、そう思えるようになるまでには、かなりの理解力と時間がかかりました。


この先、また急にとんでもないことを言い出して私をビックリさせるかもしれません。他人に迷惑をかけることなく、人の道に外れていないのであれば、どんな道でも娘が元気でイキイキと暮らしていける場所があるのなら、応援していくしかないと、今は思っています。


 

mimisanさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2019/08/10 19:01

地区大会2回戦。雨で2回も予定日から延期に。今年の大会は雨に見舞われました。


f:id:mimisan0122:20190724225552j:image


結局、平日の試合になり、仕事も休暇を取って応援に駆けつけました。蒸し暑さ中、試合は始まりました。相手は、春の大会ベスト8、この夏の大会の、第4シードを倒した高校です。8回表まで、なんと我がチームが先制し勝っていました。サイドスローのピッチャーも、今までの試合の中でベストな投球内容。これは勝てるかもしれない!そんなムードで盛り上がっていました。ところが、8回裏にキャッチャーが熱中症で痙攣するというハプニングが起こりました。雨の後の異常な蒸し暑さの中でした。サードの子も、足がつったようで痙攣。急遽、審判が全員水を飲むようにと指示を出し、外野も含め選手たちは集められ、水分補給タイムが設けられましたが、時すでに遅く〜〜。(涙)


キャッチャーは復活できず退場し、交代。ピッチャーの投球も乱れ、ボールが先行しファーボール続出。そしてピッチャーも交代。しかし、もう立て直しきれず、あとひとつのアウトが取れずに、あっという間に逆転されてしまいました。ツーアウトからの逆転劇。悔しくて悔しくてたまりません。本当に異常に暑かった。応援している私も軽く熱中症気味になりました。キャッチャーが熱中症で痙攣して退場しなければ、勝っていたかもしれない、悔しいドラマがありました。たったひとつの綻びで、あれよあれよと崩れていく高校野球の無残さを目の当たりにしました。


f:id:mimisan0122:20190810185420j:image


息子の夏は地区大会の悔しい接戦で終わりました。そして昨日、勝ち上がった県代表校が甲子園で戦いましたが、こちらも接戦の末、延長戦で逆転負けしました。私は、息子の試合を思い出しました。


皆、白球を追いかけ、青春を野球に捧げ、よく頑張りました。お疲れさま。興奮と感動を本当にありがとう!


f:id:mimisan0122:20190810190142p:image


 

mimisanさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ