2016/04/11 18:23


こんにちはニコニコ
摂食障害専門カウンセリングルーム
『na-chu-labo』代表、西澤です爆笑

いつも『いいね』や、読者登録、ポチをしてくれてありがとうございますハート(トランプ)

今日も、こころのお悩み克服を応援するような記事をアップしていきたいと思います
カエル

********



代表的なプロセス依存症

行為・プロセス依存の代表的なものには次のようなものがあります。

ギャンブル依存症
●買い物依存症
ネット依存症
ゲーム依存症
セックス依存症
美容整形依存症
盗み癖
リストカット等自傷行為
過食嘔吐

※他にも様々な依存症があると思います。
特定の行為をやめたいのにやめられない、せずにはいられなくなっている状態をいいます。




プロセス依存症の原因

この行為・プロセス依存には、脳内の快楽ホルモン「ドーパミン」が深く関わっています。
ドーパミンは気分が高揚し幸福感に包まれている時に多く放出されますが、「セロトニン」という物質が興奮しすぎないようにドーパミンの作用を抑制して感情を安定させてくれています。

しかし、ストレスなどの影響でこのセロトニンの分泌量が少なくなってしまうと、普段よりもドーパミンの作用が強く、「気持ちいいっ!」と感じてしまうことがあります。
その快感を脳が覚えてしまうことで、より強い快感を得ようと、特定の行為を繰り返し行うようになってしまいます。



治療法

病院での一般的な治療法としては、認知行動療法が用いられるようです。


これらの依存症は、脳の分泌物に関することだからといって、必ずしも『病院に行って、投薬を受けなければ治らない。』と言うわけではありません

『元となるストレス』を軽減させることが、依存対象から手を引く、一番の治療になると私は思います。
(過食嘔吐であるなら、摂食障害を引き起こすほどの『こころの問題』に、アプローチしていくことです。)


na-chu-laboでは、
クライアント様一人では対処できない『こころの問題』に寄り添い、クライアント様の『現在』に向き合います。

そして、より安全で、分かりやすい解決法をご提案し、一緒に解決へのプロセスを歩むことで、クライアント様のお悩みの解決を目指していきます。


********

プロセス依存症でお困りの方は、ぜひ一度ご相談下さい。
きっと、今より楽になるはずです。

気軽にできる☞『色彩心理療法』
目で見て納得☞『エゴグラム診断』
無意識に響く☞『催眠療法』
一生モノのスキル☞『NLPの技法の活用』
一生モノの財産☞『対人関係療法』

na-chu-labo
カウンセリング受付中
詳細はこちらまで

摂食障害に苦しむ仲間に、必要としてくれる人の元へ届けられるブログであるために、宜しければポチポチっと応援していただけたら嬉しいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村



西澤 昇子さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ