2016/06/29 09:25
こんにちはニコニコ
摂食障害専門カウンセリングルーム
『na-chu-labo』代表、西澤です爆笑


********

今日は、na-chu-laboカウンセリングを受けにいらしてくれた、お母様からの感想レビューをご紹介します。

(※評価は1〜5点満点)





na-chu-laboでは、お悩みや問題を抱えた

「ご本人様」だけでなく、そこに深く関わる
「ご家族様」のご相談や、メンタルケアもお受けしております。


特に、こころの病やいろいろな問題を抱えた本人がまだ未成年だった場合、
親はどう接していけばいいのか迷われたりしますね?

いろんな気苦労から、親自身が落ち込んでしまったりすることも少なくないと思います。


また、自分の子が「うつ」や「摂食障害」になってしまった場合、
良かれと思ってしたアドバイスや指導が、裏目に出てしまうことも少なくありません。


そんなとき、そのまま間違った助言や指導をし続ける「親子関係」が継続されると、子供の病状は善くなるどころか、徐々に悪化していることもあるんですね。


これは、実はよくある話なんです。



そういった事実を前に、よく知りもしない第三者が言うことは「親が悪い」。


こんなことを言う人はとても残念ですし、間違っています。
さらには、言葉の暴力「暴言」ですので、親御さんはこんな言い草は受け止めて喰らわずに、受け流して欲しいと思います。



残念なことに、摂食障害を取り巻く情報の中には、未だに「母親のせいで子が摂食障害になる」なんて言ったり書いたりする人も居ます。

そんなあおりを受けて
母親は「私のせいで…」と自分を責め、
子供は「母のせいで…」と母親を責める家庭があることも事実。



ですが、何度も言いますが、それは間違っています!!


「母親が」悪いのではなく、
「摂食障害を知らないことが」悪いのです。


これは、母親だけに向けた言葉ではありません。

摂食障害を患う本人も、
それを支援する人も、
周りで見ている傍観者も、
他人事だと思っているあなたも、


「摂食障害を知らない」からこそ
「母親のせいだ」と言ってしまう。


摂食障害を知って、治そうと意識すればするほど、それは「誰かのせい」に責任をなすり付ける事はしなくなります。


むしろ、母親の存在は、
「摂食障害を治す一助になる」のです。


いいですか?

「母親は一助」です。

母親が全ての責任を被って、摂食障害を治す訳ではありません。
あくまで、治すのは「本人」であり、自分の本来持っている自然治癒力の無限のパワーです。


だから、例え「母親不在」の私のような環境であっても、摂食障害を治すことは可能なんです。



今日は、それをちゃんと理解しておいて下さいね。

********

気軽にできる☞『色彩心理療法』
目で見て納得☞『エゴグラム診断』
無意識に響く☞『催眠療法』
一生モノのスキル☞『NLPの技法の活用』
一生モノの財産☞『対人関係療法』

na-chu-labo
カウンセリング受付中
詳細はHPを見てね


LINE@友達追加でお得な情報配信中!
友だち追加

===============================
摂食障害卒業宣言!
na-chu-labo7ステップ八分音符メソッド
ハート(トランプ)メルマガ好評配信中ハート(トランプ)

■無料メルマガ→【コチラから】
※ご登録前に、ご確認下さい!
登録したメルマガが、迷惑フォルダに振り分けられてしまう事故が多発しています。
【受信箱に届かせるメール設定方法】をご覧になり、確実に到着できるように設定変更をしてからご登録をお願いします。

===============================

摂食障害に苦しむ仲間に、必要としてくれる人の元へ届けられるブログであるために、宜しければポチポチっと応援していただけたら嬉しいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村

いつも『いいね』や、読者登録、ポチをしてくれてありがとうございますハート(トランプ)
西澤 昇子さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ