2012/06/10 11:14
我が家は2世帯住宅で、本来ならば建てたあとに横浜市の検査を受けて、
そのあとに壁を一つ作って、はじめて
そこの扉で世帯の住居エリアが分かれる予定でした。

なぜそんなことになるかというと、その当時、
住宅金融公庫で二世帯住宅の割り増し融資を受けても、
横浜市では集合住宅とみなす可能性が高かったからです。

例えば、両世帯分の玄関ドアが同じ仕様で、
一軒家にしたら普通の仕様のドアなのですが、
それが両世帯についていたら、「集合住宅」としてみなし、
課税も高くなる、と言われ、当初玄関ドアもウチの分は
まるでアパートのドアみたいなドアになる予定でした。
2階の玄関の施工に入る前にその要件が緩和され、
1階の両親世帯の玄関ドアと同じものを入れられることになったのですが、
そんな急な仕様変更が入ると、やっぱり色々なところで施工の詰めが甘くなり
(設計図の変更が盛り込まれたものを追うのが大変だったのかもしれませんが)
大手メーカーの重量鉄骨の家とは思えないほど
施工の不備がありました。

ま、それは置いておいて....

ちょうど私の両親世帯のエリアとの境目に物入れがあるんですが
本来なら壁を作ったら全て私たちの世帯の物入れになる予定でした。

ところが壁を作らなかったので、共有する羽目になり、
ものをそこに移動したいからとスペースを空けると
母にものを入れられちゃう、という状況です。

っていうのは長〜い前振りですが
(というかこのくらいないと説明しきれない)

ところでその物入れを整理していると、
こんなものを見つけました。



なかなかよい品のようです。

ただし、外側のケースはぼろぼろ。
合成皮革もダメになっているし、
カビも生えた?

ただし中は綺麗♪

ただ一カ所...



電池ケースの蓋が錆びてまして...
これが開かな〜い!!

開けば綺麗に出来て、電池も入れて
フィルムカメラながら動かせるのですが...


簡単に見積もりをとったらこの電池ケースのところだけで
10000円くらいはかかるみたい。
う〜ん、いまはそこまで出せないなぁ〜

どうにか開いてくれないかなぁ〜と思っています。


ところでこの間書いた新しいデジカメどうする?
っていうところは「とある出来事」があったので、
止まってるんですよ〜。

それはまた別の日に。




こらそんさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ