2017/07/22 11:05


梅雨らしい梅雨がなく、雨はまとめて1日で降り、という変な夏の入り方をした首都圏。

いや、ホントに降らなかったのはウチの方だけだったかもしれないのだけど、

夜も寝苦しいし、体力ゲージが下がる一方。



こんな時はしっかり食べるに限る!と

あえて「肉衛門」なんて肉に自信のありそうな名前のお店を選んで

友人と行ってきました。







葛西の駅から徒歩2分だから、まだ汗が出る前に駅から到着。←これ、今の時期重要!







店内はテーブル席のみかな。

インテリアが黒で統一されていて、シックで大人の焼肉屋さん、という感じ。



その日のおすすめメニューはここに書かれているから

チェックを忘れずに!







お店の入り口には実は大きな冷蔵ケースがあり、

ウォークインのセラーになっていて、ワイン好きならめっちゃ喜びそう。







私はゆずサワーで乾杯♪

その前に立ち寄ったところが駅からしっかり歩くところで、

真夏の昼間を侮っていたため干からびそうだったの。







キムチの盛り合わせでちょっと辛いスパイスを身体に入れ、

最近焼肉店ではまず最初にタンを頼むんです。







こちらの上タン塩は「銀座サラダ」と一緒に頼むのがおススメ。







さっと表裏を焼き、







サラダの上に載せて、海苔でご飯を巻くようにサラダを巻いていただきます。

これならいくらでもサラダが食べれそう。子どもにもこの食べ方はおススメだわ。



そして黒板に「シャトーブリアン」の文字を発見!

シャトーブリアンは毎日入荷するとは限らない部位だそう。







こちらのお店はあえて一頭買いせず、時期に合わせて美味しいお肉を必要な分だけ仕入れ、

リーズナブルに提供してくれるのです。

でも数量はあるだけ、なので食べたいと思ったものは最初に頼んでおくべきですね。

この日入荷していてよかった!と思いました。







お店の方がさっと焼いてくださるのですが、

いや〜、お肉がとろけて口からなくなるなんて...なかなか体験できませんよ。

ちゃんと肉汁も口の中に残しつつ...あれ?どこいった?という感じ。



黒塩を付けたり、わさびでシンプルに食べるのがおススメです。







「薩摩鶏のタタキ」はしっかりと噛みごたえのある鶏肉。

専用のタレに付けていただきます。噛むほどに旨味が感じられますね。



ここでドリンクは「桃サワー」に。







ピンクがカワイイサワーです。



九州って美味しいものがいっぱいだなと思うのですが







「九州名物ゴマハマチ」は、ゴマサバとはまたイメージが違うお料理です。

海苔もたっぷり載っていて、これ、ごはんにのっけたら反則!?と思うかも。







よく混ぜていただきます。

焼肉ともつ鍋のお店だけど、ごまの香りも磯の香りもする一品です。



この日はご飯なしで糖質削減を図ったので、

クッパにしたいところだったけど、「ユッケジャンスープ」







辛そうに見えて辛くないじゃん、旨味がしっかり出ててあ〜美味しい、と

喉を通った途端に辛みを感知。

でも、なんだかクセになるしあわせな辛さ。

お腹の中からHOTになったので、帰りはまだ暑かったけど楽勝に♪

やっぱり焼肉って元気出るわぁ。



もつ鍋も気になったのだけど季節限定だったのよね。

それとこのメニューも気になったわ。







今度はこれも食べたいな♪



あと、おひとりさまの男性客は「肉衛門盛り合わせ」をオーダーしてたの。

今度頼むときの参考に、ほかのお客さんがどんなメニューを頼むのか

ちょっとウォッチしちゃった。



家族連れやサラリーマン、それから女子グループ...

幅広い客層の人気のお店だなと思いました。^^





本格焼肉・もつ鍋 肉衛門 葛西店

TEL:050-5590-8464

東京都江戸川区東葛西6-6-5 リーフビレッジ 1F







ランキングに参加しています。

1日1回、ポチっと押して応援していただけると嬉しいです。





にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村




人気ブログランキングへ



こらそんさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ